大紀元時報

アフガンに1兆ドル鉱物資源 タリバンと「友好」な中国共産党はどう見るか

2021年8月19日 23時35分
アフガニスタンのメスアイナックにある銅鉱脈、参考写真(Photo credit should read ROBERTO SCHMIDT/AFP via Getty Images)
アフガニスタンのメスアイナックにある銅鉱脈、参考写真(Photo credit should read ROBERTO SCHMIDT/AFP via Getty Images)
※ 大紀元エポックタイムズで表明された内容や意見は、寄稿者の個人的見解です。無断転載を堅く禁じます。


世界は、アフガニスタンで明らかになる惨劇を目撃している。この混迷は、米国の外交政策や同盟関係にとっては失敗だが、米国の敵国、特に中国の共産主義政権にとっては都合の良い状況が生まれた。



20年間、アフガニスタンの山谷で死闘を繰り広げ、「偉大な悪魔」(訳註:米国の傀儡政権と非難する政府軍)を倒したタリバンの上級テロリストは今、どんな気分だろうか。1968年のテト攻勢を生き延びた北ベトナム軍や、一握りのベトコンの老人たちに聞いてみるといいだろう。彼らもその気持ちをわかっている。南ベトナムの「黒い4月」(1975年に共産主義者に政権を奪われた月)は、そのままアフガニスタンの「黒い8月」に同じ光景を映した。

タリバンと戦ってきたアフガニスタンの人々はどんな思いでいるだろうか。かつて、米国およびNATOとは同盟関係であったアフガニスタンにとって、今後何が起きるのか。いや、来たるべき恐怖は容易に想像できる。カブール国際空港を出発する航空機に、必死にしがみつくアフガニスタン人の様子は、タリバンによりもたらされる事態を予期しているからだといえる。
 


長期的な影響は予測することしかできないが、短期的な大惨事は明らかに起きている。次に複数の例を挙げたい。
 


タリバンは今回の勝利により、軍事、経済、精神の面などにおいて多くの力を得た。米国が放棄した数十億ドル相当の軍備品、アフガンが有する膨大な鉱物資源とケシ畑、そして、外部の侵入者を追い出すことに成功したという自信だ。

タリバンは、報復をふくむ活動を、アフガニスタン国内に限定するだろうか。それとも、国境を越えて、米国でテロ攻撃を行う可能性は否定できない。



米国のアフガン撤退は、この地域の同盟国、さらに言えば世界中の同盟国との関係を弱体化させることになる。撤退後の状況はイラク、インド、湾岸協力会議の州、中央アジアのスタン系の国々やその他の地域にメッセージを送ることになる。

米国に数万人のアフガニスタン国民を移住させるには大変な費用と努力が必要だ。米国の生活様式への同化は決して保証されない。何人のタリバンまたは他の過激派もそれらの難民と一緒に移住することもありうる。


 
新しいタリバン政権の承認に備えて、中国共産党(中共)は、1兆ドル以上の価値があると推定されるアフガニスタンの鉱物資源に自由にアクセスできるようになるだろう。 鉱床は主に銅だが、金、鉄鉱石、ウラン、エメラルドなどのも含まれている。中共はすでに希土類元素の97%の生産を管理している。アフガニスタンの資源を管理することで、中共は、「携帯電話、コンピューターのハードドライブ、電気自動車やハイブリッド車、フラットスクリーンモニターやテレビなどのハイテク製品」の生産に必要な天然資源をさらに支配することができる。
 


アフガン情勢を受けて 台湾に集まる注目



 台湾政府は、米国がアフガニスタンという同盟国から軍を撤退させたのを見ている。 中共による両岸侵攻の際に米国が助けに来るという台湾の信頼は、2週間前と同じように揺るぎないものなのだろうか。

中共は、台湾に圧力をかけ続けることで、アフガニスタンで得た心理的な優位性を嬉々として利用するだろう。すでに、中共国営メディア「環球時報」による挑発的な宣伝にその意図が盛り込まれているので引用したい。


「海峡両岸戦争が勃発し、本土が軍隊で島を占領するとき、米国が干渉するならアフガニスタン、シリア、ベトナムよりもはるかに大きな決意を持つ必要がある。米国の軍事介入は、台湾海峡の現状を変えるものであり、これにより、ワシントンは利益を得るどころか、莫大な費用を払うことになるだろう」
。

 
「台湾島の何人かの人々は、島がアフガニスタンとは異なり、米国が台湾を放っておかないだろうと誇大宣伝している。確かに、この島はアフガニスタンとは異なる。しかし、その違いは、もし米国が両岸戦争に巻き込まれたら、米国の勝利はより深い絶望的な変わるということだ。そのような戦争は米国にとって高い代償が付くだろう。台湾のいわゆる特別な重要性は民進党当局と島の分離主義勢力の希望的観測にすぎない」
。


アフガン崩壊はほとんど中共の台本通りだと言える。米国はタリバンに何十億ドルもの装備を放棄し、アフガン軍は崩壊し、タリバンは国中を侵攻した。バイデン政権の国防省と国務省はカブール空港から米軍とアフガン市民を脱出させる混乱に巻き込まれている。

最終的には、中共がアフガニスタンの鉱物資源の支配権を獲得する。そして、中共は確かに、大中華圏を確立させる主要な戦略目標である台湾への心理的および政治的圧力を高める。米国の撤退を自身の優位性を高めるために、政治利用する。



筆者 Stu Cvrk
米海軍で30年間、現役・予備役を問わず様々な任務に就き、中東や西太平洋での作戦経験を積んだ後、大佐として退役した。海洋学者やシステムアナリストとしての教育や経験を経て、米国海軍兵学校を卒業し、古典的なリベラル教育を受けた。

※この記事で表明された見解は著者の意見であり、必ずしも大紀元エポック・タイムズの見解を反映するものではありません
※無断転載を禁じます

関連キーワード
^