2015年当時にコンゴ民主共和国のコルヴェジ(Kolwezi)で華剛鉱業股份有限公司が経営するコバルト鉱山と銅鉱山(ロイター)

コンゴの6000億円相当の中国鉱業契約は「良心的ではない」と報告書草案

世界的な政府、企業、活動家による腐敗防止機関が委託した報告書の草案によると、コンゴ民主共和国(DRC)は中国の投資家による6000億円相当(60億米ドル)のインフラストラクチャーの対価を鉱物で支払う取引を再交渉する必要がある。 

この草案は2008年に締結された取引を「良心的ではない」と表現し、秘密裏に加えられた中国の鉱山投資家への支払いを急ぎ、インフラ投資の払い戻しを遅らせる2017年の修正を取り消すようコンゴ政府に促している。 

最終報告書は、石油および鉱業部門の収益フローを追跡し、コンゴを含む50カ国以上が参加している採取産業透明性イニシアティブ(EITI)により2021年10月に発表されると予想されている。 

この報告書には法的な効力は無いが、この草案の主な結論が保たれている場合、コンゴが中国の投資家との鉱業契約をより有利な条件で再締結することを推進する可能性がある。 

フェリックス・チセケディ(Felix Tshisekedi)大統領の政権は、コンゴが公正な取引を得ていないと述べた後、2008年の契約と洛陽欒川鉬業集団股分有限公司(China Molybdenum)のテンケ・フングルーメ(Tenke Fungurume)鉱山における埋蔵量を見直している。 コンゴのサマ・ルコンデ・キエンゲ(Sama Lukonde Kyenge)首相は10月初旬の鉱業会議で「何らかの調整が必要である」と述べた。 

この動きは、世界有数のバッテリー用金属のコバルトの生産国でありアフリカ有数の銅鉱山国であるコンゴが、鉱業のほとんどを支配する中国の投資家に抵抗するという珍しい動きである。 

2008年、当時のジョゼフ・カビラ(Joseph Kabila)大統領の政権との間で交わされた契約に基づき、中国の国営企業である中国水利水電気建業集団公司(Sinohydro Corp.)と中国中鉄股份有限公司(China Railway Group Ltd.)は、コンゴコバルトおよび銅鉱業の合弁会社である華剛鉱業股份有限公司(Sicomines)の利益を資金源として道路と病院を建設することで合意した。

 批評家はこれらのプロジェクトのほとんどが実現していないと述べている。 コンゴ政府のスポークスマンは報告書の草案を読んでおらず、コメントすることができないと述べている。華剛鉱業股份有限公司の担当者はコメントの依頼に応じなかった。

中国中鉄股份有限公司は即座にコメントせず、中国水利水電気建業集团公司はコメントの要請には応じていない。

華剛鉱業股份有限公司の高官であるフレッド・チャン(Fred Zhang)氏は、この取引がコンゴの人々のための開発を推進し、生産量が増加するにつれて華剛鉱業股份有限公司がより多くの資金を支出すると述べてこの取引を擁護していた。 

コンゴのコンサルタント2人によって書かれた報告書の草稿では、「2008年4月22日の合弁条約の不道徳な特性をコンゴ民主共和国が非難し、華剛鉱業股份有限公司の株主が交渉のテーブルに戻ること」が推奨されている。 

コンゴはすべての鉱業資産と初期資本の32%を拠出しているので、中国企業が持つ華剛鉱業股份有限公司の68%の持分は高すぎると言っている。

報告書の草案はさらに以前に開示されていなかった2017年の修正を非難している。 2008年の契約では華剛鉱業股份有限公司のすべての利益は、まずコンゴの最も緊急なインフラプロジェクトへの投資の払い戻しに充てられることになっていた。

草案ではコンゴの議会が華剛鉱業股份有限公司をすべての税金から免除することに合意したのはそれに基づいてのことだと述べている。 

2017年の修正では華剛鉱業股份有限公司の利益の65%のみが投資の払い戻しに充てられ、35%は株主に充てられるように修正された。 

草案によると、この修正はインフラプロジェクトのペースをさらに遅くする可能性があると述べている。現在まで、予想された3000億円相当(30億米ドル)のうち1000億円相当(10億米ドル)未満しか投資されていない。 

草案は、「この修正はコンゴの安全保障上の利益の侵害にあたる」と述べている。 報告書の草案では、2010年の実現可能性調査に欠陥があるとして、華剛鉱業股份有限公司の持ち分の再評価を求め、同じ中国の投資家との水力発電用ダム建設の別の契約を取り消すことを求めている。