イラクの米大使館に向けロケット弾、女性と子ども負傷

バグダッド 13日 ロイター] - イラクの首都バグダッドにある米大使館に向けてロケット弾が発射され、女性1人と子ども1人が負傷した。イラク軍が13日明らかにした。

ロケット弾1発が学校に落下したという。ただ、これが女性と子どもを負傷させたロケット弾かどうかなど、詳細には言及していない。攻撃は夜間に行われたという。

イラク軍当局者はロイターに対し、2─3発のカチューシャ・ロケット弾が大使館に向けて発射され、少なくとも2発は大使館のロケット防衛システムによって撃墜されたと述べた。

イラクでは今月に入り、米国の軍事拠点や公館を標的にした攻撃が相次いでいるが、これまでのところ米側に負傷者は出ていない。米国は一連の攻撃について、一部はイラン系民兵組織が関与しているとみている。