世界の漁獲5分の1に違法性…海洋生態系の破壊的慣行 中国が最低順位

2022/06/06
更新: 2022/06/06
コメント

IUU漁業(違法・無報告・無規制漁業)は、食料供給を妨害し、合法漁業者から収益を盗み、漁業を枯渇させ、世界中の海洋生態系に損害を与えている。

2022年6月5日の国連の「違法、無報告、無規制漁業と闘う国際デー」は、こうした破壊的慣行を阻止するための取組みをアピールするものだ。

インド太平洋地域などでは、違法漁業の人道的・経済的影響は大きく、毎年、こうした違法漁業は推定100億~ 230億米ドル相当の1,100万~ 2,600万トンの魚介類を世界中の海洋から奪っている。

国連食糧農業機関(FAO)の報告によると、世界で漁獲される魚の5分の1はIUU漁業が占めている。

違反者は、どのように、どこで、どのくらいの量の魚を捕獲できるかを定めた国内および国際的な規則を無視している。また、世界の漁業を維持するための手数料を払わず、合法漁業者より安く販売している。

ポセイドン水産資源管理(Poseidon Aquatic Resource Management)および国際組織犯罪対策会議(Global Initiative Against Transnational Organized Crime)による2021年報告書では、IUU漁業に関与する国の指標で中国が最低の順位にランク付けされている。この指標では、152か国で行われているIUU漁業のリスクを測定している。

2022年5月下旬、東京で開催された日米豪印首脳会談で、4か国(オーストラリア、インド、日本、米国)の首脳が漁船の違法操業を取り締まるイニシアチブを発表した。「海洋状況把握のためのインド太平洋パートナーシップ(Indo-Pacific Partnership for Maritime Domain Awareness)」が、衛星技術を使用して各国の領海や排他的経済水域での活動を追跡する予定だ。

国連食糧農業機関は、漁業の違法操業を抑制し、加害者に責任を取らせることは「深刻でますます懸念される」問題であるとした上で、「IUU漁は、漁業の崩壊につながり、すでに枯渇している魚種資源を再生させる取り組みを深刻に損なう可能性がある」と述べている。

世界最大の水産物・水産物加工製品市場である米国は、IUU漁業の阻止に強い関心を寄せている。米国海洋大気庁(NOAA)は、IUU漁業の例を以下のように挙げている。

  • 禁漁海域や禁漁期での操業
  • 船籍国が積極的に管理していない船舶からの操業
  • 報告要件を遵守していない
  • 無断で魚介類を貨物船に移送する行為

米国海洋大気庁は「これらの活動は、漁業を持続可能に管理し、海洋資源を保護するための米国および世界的な取り組みを著しく損ねている」とした上で、「その結果、IUU漁業は食料安全保障を脅かし、世界中の沿岸地域の経済を混乱させている」と報告している。

米国海洋大気庁は、IUU漁業対策に取り組むために米国国務省および米国沿岸警備隊と協力し、2016年6月に発効した国連食糧農業機関の「港湾州対策に関する協定」(Agreement on Port State Measures)などの執行措置も支援している。同協定では、船舶は外国の港に入港して魚を水揚げする際には許可を得なければならないと定められており、IUU漁獲物の市場への到達を遮断することで、経済的インセンティブを排除している。

同様に、IUU漁業を止めようとしない国々は、外国の港湾での商業漁獲物の積み下ろしを禁止される可能性がある。

自国の漁船を監視・管理する政府は、漁業管理を優先する発展途上国と同様に、IUU漁業の制限に一役買っている、と米国国務省海洋保全局(U.S. State Department’s Office of Marine Conservation)は報告している。

一部の国際的な犯罪シンジケートは、IUU漁業を利用して活動を支えている。その他の違反者は、漁獲量を正確に報告しない、または制限水域に入って操業する商業漁業者といった小規模な漁船団だ。

2015年の国連総会では、「実現可能な最短時間で水産資源を回復させるために、少なくとも生物学的特性によって決定される最大持続生産量を達成させることができるレベルまで、漁獲を効果的に規制し、乱獲、違法、無報告、無規制漁業、破壊的漁業慣行を終わらせ、科学に基づく管理計画を実施する」ための持続可能な開発目標が承認された。

Indo-Pacific Defence Forum