TikTok親会社を取引制限リストに 米超党派議員がバイデン政権に登録要請

2024/02/10
更新: 2024/02/10

2月8日、十数人の議員が米商務省に対し、TikTokの北京に親会社を置くByteDanceをエンティティリスト(取引制限リスト)に載せるよう求めた。

下院特別情報委員会のダン・クレンショー議員とジョシュ・ゴットハイマー議員を筆頭とする15人の超党派議員が、TikTokの米国ユーザーデータの安全性と、TikTokと中国共産党(中共)の関係について懸念を表明した。

ジーナ・レモンド商務長官に宛てた書簡の中で、議員らは「TikTokは、抑圧、拡大、およびその他の方法で海外の特定の視聴者に対するナラティブを構築し、プラットフォームを武器化する能力を(中共)に提供している」と述べた。

また議員らはTikTokを全面的に禁止する法案への支持を表明し、バイデン政権に全米のユーザーを保護するために直ちに行動を起こすよう求めた。

ゴットハイマー議員は、「中共の手中にあるTikTokが収集したデータは、我々の最大の敵の1つであり、彼らの悪意ある活動にとって莫大な資産だ。ByteDanceへの米国のソフトウェアと技術の移転を阻止することで、米国は、米国の家族に対するTikTokの情報侵略に反撃することができる」と述べた。

公開書簡の中で議員たちは、商務省がファーウェイやその他の中国企業に対する制裁措置に倣い、安全保障問題のさらなる悪化を食い止めるために「バイトダンスを禁輸措置対象のリストに加える」ことを望んでいる。

TikTokの最高経営責任者(CEO)である周受資(Shou Zi Chew)氏は、先週、他の4人のテック企業CEOとともに議会の公聴会に出席し、子どものサイバーセキュリティについて証言し、TikTokは中共とユーザーデータを共有していないと強調した。

同氏はまた「プロジェクト・テキサス」として知られるソーシャルメディア企業の取り組みについても言及した。これはTikTokを本社であるバイトダンスから切り離す試みで、米国のユーザーデータを同社の他のデータから分離するように設計されていると述べた。

しかし、議員たちはこのプロジェクトに懐疑的な見方を示している。特にウォール・ストリート・ジャーナル紙が1月31日、プロジェクト・テキサスの従業員が正規のルートを通さずに他部門やバイトダンスとデータを共有するよう上司から指示されることがあったと報じていたからだ。

レモンド長官は昨年10月、TikTokは「国家安全保障上のリスクをもたらしている」と述べ、同アプリがもたらすリスクに対処するための新たな手段を商務省に与える法案を支持すると表明した。

トランプ前大統領は2020年にTikTokを禁止しようとしたが、米国の裁判所によって阻止された。

ロイター通信によると、一部の評論家は、11月の選挙や若い有権者の間でのTikTok人気を考えると、議会やホワイトハウスが今年TikTokを禁止する可能性は低いと考えている。

李皓月
関連特集: アメリカ