法輪功の32年:真、善、忍を貫き、中国共産党の迫害に立ち向かう

2024/05/16
更新: 2024/05/20

 

5月13日は、世界中で法輪大法がお祝いされる日である。1992年のこの日に、創始者である李洪志先生が中国の長春で、法輪大法を公に教え始めてから32年が経過した。1999年7月20日に、中国共産党による法輪功への厳しい弾圧が始まった。この弾圧は、共産党の無神論的なイデオロギーが法輪功の信仰に基づく教えに打ち勝つために、首魁の江澤民によって命じられたのである。

中国共産党はなぜ有神論をそこまで恐れるのであろうか。法輪功が登場したことで、共産党のどのような敏感な部分に触れたのであろうか。そして、法輪功の学習者たちが25年以上にわたって耐えてきた迫害に対する抵抗が、中国や世界にどのような将来と価値をもたらしているのであろうか。

 

「真、善、忍」は人類の道徳的進化を照らす灯 

イギリスに住む中国人作家の張樸氏は、新唐人テレビの番組『菁英論壇』で法輪功について次のように述べた。「法輪功の学習者たちを初めて見たのはテレビであった。私がロンドンにいた時、突如として中南海前で行われた彼らの平和的な請願が放映されたのである。それは1999年のことであった」 

「それは私が法輪功について本当に理解した最初の瞬間であった。その時、私の心には『素晴らしい』という言葉しか浮かばなかった。何千人もの人々がそこに立ち、秩序を保ちながら静かに行動していた。後に、彼らが落としたゴミを一つ残らず拾い、静かにその場を去ったことを知り、私は深く感動した。数年が経過し、法輪功は著しい発展を遂げ、その規模を大きく拡大していく様子を目の当たりにした」 

張樸氏によれば、法輪功は中国で、非常に大きな影響力を持っていたという。当時、中国では多くの気功が登場していたが、法輪功は特に目立ち、約1億人がこれに取り組んでいたと言われている。迫害と弾圧を受けた後、多くの学習者が海外へと逃れた。20年以上にわたり、世界130か国以上で億を超える人々が法輪功を実践しており、これは一つの民族運動を超え、世界的な現象となっている。 

このような事態を目の当たりにして、張樸氏は、法輪功が神の助けを受けていると度々言及している。神の助けがなければ、現在のような大きな規模には発展しなかったであろう。法輪功の学習者やメディアのインタビューに応じる際、彼はこの事実に深く感動しており、これはただの現象ではなく、人類史上における重要な現象であると語った。 

また、張樸氏は法輪功が提唱する「真、善、忍」の三つの原則には深い意味があり、これは中国の人々だけでなく、明るい未来を求める全世界の人々の目指すべき目標であると強調した。 

真実を語り、真実を生き、真実を行うこと。現代中国で、これをどれほどの人が実践しているであろうか。多くの人が偽善的で、真実を語ること、現実に立ち向かうことを恐れている。これは中国において最も普遍的な現象である。法輪功の学習者や一部の善良な中国人を除き、真実を語ることは中国共産党の暴力的な抑圧によって制限され、禁止されていると張樸氏は指摘している。 

善に関して話すとき、それは仏教が常に重視してきたテーマである。善行を積み、善人となり、慈悲の心を育むことの大切さは、言葉では表せない。私たちの世界は災害や死、暴力、戦争を頻繁に目の当たりにしている。だからこそ、善の大切さと、その必要性を私たちは深く認識している。善行を行い、他者を助け、共感を示すことは、時にかの国では困難である。

 次に、忍耐についてであるが、多くの人がその本質を理解していないようである。忍耐がなぜ必要か疑問に思うかもしれないが、常に戦うことが解決策とは限らない。忍耐が求められる時、それは臆病さではなく、寛容さや心の広さ、そして徳によって人の心を征服することを意味している。これこそが、私たち人間が真に成し遂げるべきことである。中国共産党の支配下で、人々は沈黙を余儀なくされ、反抗する勇気を失っているが、これは忍耐ではなく、恐怖に基づくものである。

 しかし、法輪功が唱える忍耐は、恐怖に根ざしたものではない。それは悪や暴力に立ち向かう際、広い心でどのように対抗するかについての考え方である。人を傷つけずに、徳をもって世界と人々の心を征服し、善意と慈悲の心で世界を良い方向に変えていくことを意味している。これが「真、善、忍」に対する私の理解であり、このような精神は現代中国ではほとんど見られないものだ。 

張樸氏によれば、法輪功が「真、善、忍」を掲げたとき、私も法輪功の学員が運営するメディアで同じような見解を表明した。これは人類の道徳的進歩を照らす灯台とも言えるものである。

法輪功を始めたら病気など忘れてしまいますよ! 心が明るく軽くなるのです

 

 「真、善、忍」が社会に調和をもたらし、善良で平和な心が私たちを温かく包み込む

 テレビプロデューサーであり法輪功の学習者である李軍氏が『菁英論壇』で明かしたところによると、1999年に中国共産党が法輪功に対する弾圧を開始する以前は、法輪功は中国で急速に普及しており、政府の中でも肯定的に評価されていた。具体例として、1998年に南京市公安局は北京からの指示を受けて、市内の法輪功学習者全員に対する調査を行った。調査を担当した責任者は、南京市の法輪功指導センターの協調人と直接会い、調査の結果、法輪功学習者は皆、善良で問題のない人々であり、高い道徳観を持つ高学歴の知識人が多いことを伝えた。 

さらに李軍氏は、自身が2001年に江蘇省の方強労働教養所に拘留された時、約200人の法輪功学習者がそこにいたこと、その中には4人の博士号保持者、十数人の修士号保持者、100人以上の大学卒業生が含まれており、全体の約70~80%が大学以上の教育を受けていたことを述べた。彼らは法輪功を単なる健康法としてではなく、合理的な理解を持って実践しており、中にはトップクラスの科学者もいたとのことである。 

実際に、1992年から、キリスト教徒、仏教徒、道教徒など、多くの人々が法輪功に出会い、その修行を始めていることがわかっている。

 張樸氏は、世界各地で出会った法輪功の学習者たち、たとえばイギリス、オーストラリア、台湾などでの経験を通じて、中国国内の人々との関わりでは、信頼を築くのが難しい一方で、法輪功の学習者たちとは自然に信頼関係が生まれることが印象的だと語っている。彼らからは本当の善意が伝わってくるのだ。

 善良な心は、個人だけでなく、社会全体をも良い方向へと導く力を持っている。法輪功の学習者たちはこの点で特に顕著であり、私もその効果を感じている。彼らが持つ「真、善、忍」という信念が、その源である。この信念があれば、社会は平和で安定し、明るい未来が期待でき、人々の間には親しみや絆が生まれる。この信念が欠ければ、道徳的な基盤が失われ、社会は混沌とし、人々は互いに欺き合い、残酷さが支配するようになる。現在の共産党による統治が、その一つの例と言えるだろう。

 

創造主は全ての生命を愛し、法輪功は救済のメッセージを伝える

 2023年4月17日、李洪志先生は新たな経文「なぜ衆生を救うのか」を発表した。この経文において、李洪志先生は次のように説く。「創世主はなぜ衆生を救い済度しているのであろうか。それは彼が衆生を愛しているからである。衆生の命は全て、彼によって与えられたものである。

天体が成、住、壊、滅を経て末後に至ったとき、創世主は二億年の時間をかけて三界を造り、衆生に救いを得るためのさまざまな形と機縁をあらかじめ用意した。同時に、人間の文化と思考・行動様式を築き上げた。さらに、自らの神体を使って衆生の罪業を消し、衆生を救うために自らの全てを捧げたのである」

 それに先立ち、2023年1月20日には李洪志先生が「なぜ人類が存在するのか」と題する経文を発表している。先生は新年の挨拶として次のように述べた。「まず、中国の新年を迎えるにあたり、皆さんに挨拶を申し上げる。

 本来は新年なので皆さんが聞きたい挨拶の言葉を述べるべきであるが、私に見えた危険が一歩一歩人類に迫っている。したがって、神が世界の衆生に伝えたいことを説くよう、神仏たちは私に頼んでいる。その一言一句は天機であり、目的は人々に真実を知ってもらい、もう一度人間に救われる機会を与えるためである」

 

関連特集: 法輪功特集