行政特権の争議:バイデン氏とトランプ氏のケース分析

2024/06/08
更新: 2024/06/08

行政特権は、大統領が他の政府部門に対して特定のコミュニケーション内容を秘密にする権利であり、近年、バイデン氏とトランプ氏の争議の焦点となっている。この特権の核心は、大統領が自由に顧問と交流し、その言動が報復の対象となることを心配せずに済むことである。

行政特権の定義と歴史

ジョージ・ワシントン大学の法律教授W・バーレット・カーター氏は、「行政特権は、大統領が職務を遂行する際に最大限の言動の自由を持ち、公共の利益を追求できることを目的としている」と述べている。

この特権は憲法に明示されておらず、憲法の権力分立の基本概念に由来する。初代大統領ジョージ・ワシントンがイギリスとのジェイ条約交渉に関する情報を議会に提供することを拒否したのがはじまりだった。

ニクソン大統領に関する2つの最高裁判所の判例、『アメリカ対ニクソン事件』(1974年)と『ニクソン対総務管理局事件』(1977年)で、行政特権はさらに明確になった。これらの判例により、議会は大統領の記録を保管することを要求でき、大統領が特権を主張する際には、記録を求める利益とバランスを取らなければならないことを確認した。

最近の行政特権の主張

トランプ前大統領は任期中および退任後に何度も行政特権を主張した。彼の二人の助手、元ホワイトハウス顧問ピーター・ナヴァロ氏とスティーブ・バノン氏は、議会の召喚状に従うことを拒否し、行政特権を援用して投獄された。トランプ氏は1月6日の事件、彼の財務記録、そしてマー・ア・ラゴからの文書に関する複数の事件で特権を主張しようとした。

一方、バイデン大統領は、機密文書の取り扱いに関する特別検察官の調査で行政特権を主張した。司法長官メリック・ガーランド氏は2023年5月の手紙で、『アメリカ対ニクソン事件』を引用し、バイデン大統領が2つの下院委員会の召喚状を受け取る代わりに特権を主張するよう求めた。しかし、裁判所は一般的な大統領利益の保護だけでは行政特権の主張は不十分であると明言した。

裁判所の判決と行政特権の範囲

最高裁判所の判決は、行政特権の限定性を明確にした。大統領自身が特権の適用範囲の最終裁定者ではなく、司法部門がその適用性に最終的な決定権を持つことを示した。

バイデン大統領とトランプ前大統領の調査を巡る争議は、行政特権の保護範囲についての議論を浮き彫りにしている。コロンビア特区巡回上訴裁判所は『ニクソン対シリカ事件』で、司法部門がその適用性に最終決定権を持ったと指摘した。

ジョージ・ワシントン大学の法律教授W・バーレット・カーター氏は、前大統領は「大統領の個人的な刑事または民事責任を追及する案件」においてのみ行政特権を主張できると述べた。

彼女は、「特権で保護されていると主張する行為が大統領の職務を遂行する過程で行われたものでなければならない」と説明している。「もし大統領がホワイトハウスを出て、その計画について話した後に誰かを撃った場合、それは全く別の話である。任期中またはその後も特権はない」とカーター氏は述べている。

トランプの特権と免除

トランプ大統領は2021年1月6日の事件およびその後の活動において、行政特権を主張しようとした。

太平洋法律基金会副総裁ジム・バーリン氏は、もしトランプ前大統領がワシントンの事件で行政特権を主張しようとすれば、「厳しい戦い」に直面する可能性があると述べた。「彼が1月6日に行ったすべての行動は大統領としてのものであり、前候補者や敗北した候補者としての行動ではないことを証明しなければならない」と彼は『エポックタイムズ』に語った。

ワシントンの裁判で、トランプ前大統領の弁護士が、彼はいくつかの決定を下す際に顧問や弁護士の助言に依存していたと主張するかもしれない。

彼の弁護士の一人であるジョン・ロー氏は、テレビでこの主張を展開し、トランプ前大統領は弁護士の助言に従っていたと信じていたと述べた。前連邦検察官ニマ・ラーマニ氏は『エポックタイムズ』に対し、もしトランプ前大統領がこのように行う場合、行政特権を放棄することになる可能性があると述べた。

ラーマニ氏は、特別検察官事務所もトランプ前大統領が弁護士-顧客特権を放棄するよう強制する可能性があると述べ、「トランプ氏がアメリカを欺く共謀をしたと検察側が証明するなら、彼の思考過程を明確に理解し、彼が選挙に敗北したことを知りながら結果を覆そうとしたことを証明する必要がある」と同氏は言う。

行政と立法の利益のバランス

「特権を主張した後、裁判所は各方面の利益を天秤にかける」とカーター氏は言う。

「司法省が犯罪を主張するだけでは証明にはならない。議会の調査は非常に政治的なものになり得る。いずれの場合でも、大統領の権利と特権の目的を考慮しなければならない」

バイデン大統領の録音ファイルとその他の文書に対する召喚状を発行する際、下院共和党員は司法長官に対し、これらの資料が議会の司法省監視、バイデン大統領の弾劾調査、および特別検察官調査の立法改革に役立つと伝えた。

ホワイトハウスは2023年5月に下院司法委員会のジム・ジョーダン議長および監督委員会のジェームズ・コマー議長に対し、録音ファイルを取得する正当な必要性がないと返答した。

政府はすでに共和党員に対し、バイデン大統領および彼の代筆者マーク・ズウォーニツ氏のインタビュー記録を含む関連文書を提供しているとした。

ホワイトハウス法律顧問エドワード・N・シスケル氏は、委員会議長宛ての手紙で「あなた方の目的は露呈している、党派的な政治目的のために歪曲しようとしている」と書いた。

ガーランド氏は2023年5月の手紙でも懸念を表明し、委員会の録音ファイルの要求に応じることが、今後の調査への協力を冷ます可能性があると述べた。

最高裁の介入

2019年から2022年にかけて、民主党が下院を支配し、その指導者がトランプ前大統領に対して召喚状を発行できるようになった。トランプ前大統領はこれに抵抗し、最高裁判所の判決を引き出した。『トランプ対マザールズ事件』および『トランプ対トンプソン事件』は、行政権と立法権の境界を明確にする助けとなった。

2019年の多数意見では、前大統領と議会、それぞれの利益を守る範囲が広がりすぎていると主張した。

『トランプ対マザールズ事件』では、トランプ前大統領は行政特権を主張せず、議会が彼の会計事務所マザールス(Mazars USA)に対して召喚状を発行する際に正当な立法目的を欠いていると主張した。

トランプ前大統領が個人として訴訟を起こしているにもかかわらず、議会が求めていたのは個人的なものであり、公式の記録ではないが、裁判所はこの事件が権力分立の問題に関わると認めた。

またトランプ前大統領は、国立公文書館が1月6日に関連する文書を議会に提供するのを阻止しようとした。これらの文書は、その日の事件の調査の一環として求められた。

この事件の判決では、コロンビア特区巡回裁判所の意見が支持され、トランプ前大統領が請求された文書に対して行政特権を享受していないことが確認された――たとえ彼がまだ在任中であっても。

行政特権は、大統領が機密情報を保護するための重要な手段として、歴代の政府で使用されてきた。しかし、バイデン氏とトランプ氏の特権主張により、その合法性および他の部門が行政部門に対してどれだけ要求できるかの問題が浮き彫りになっている。司法部門はこの権力闘争の中で重要な役割を果たしている。

関連特集: アメリカ政治