大紀元時報
トップ アプリ
アプリ
中国で最もダウンロードされているアプリ「学習強国」には、携帯電話の管理権限を明け渡す「のっとり」機能が備わっていることが、米調査で明らかになった(GREG BAKER/AFP/Getty Images)
2019.10.16
中国共産党思想学習アプリに「乗っ取り」機能搭載か ユーザー「デジタル手錠」

中国共産党が市民に向けて、党紀やイデオロギーを学習する様にアプリを作成している。すでに1億人以上が携帯電話に導入しているが、このアプリは、当局側が機密に管理権限を...

米アップル社はこのほど、香港抗議者が使用する警官隊の位置を把握するアプリを取り下げたことが分かった(Getty Images)
2019.10.04
米アップル、香港抗議者向けアプリをApp Storeから削除

米アップル社はこのほど、香港の抗議活動の参加者が使うスマホ向けアプリ「HKmap Live App」をアップストア(App Store)から取り下げたことが明らか...

(Video Screenshot | LOCAL 12, WKRC-TV)
2019.08.15
息子から返事来ない!悩むお父さんがアプリ開発、スマホをジャック

イギリス人の父ニック・ハーバートは、世界中の心配性な親たちとハイタッチを交わした。正直なところ彼は悪夢の首謀者とも言えるが、ここまでたどり着くには10代の子どもを...

ロイター通信はこのほど、中国電子商取引最大手アリババ集団の社員の話として、同社が中国共産党の宣伝用アプリを開発したと報じた(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2019.02.19
アリババ、共産党宣伝アプリ開発 ダウンロード強制か

中国電子商取引最大手、アリババ集団が中国共産党のイデオロギーを宣伝するスマートフォンやパソコン向けアプリ、「学習強国」を開発したことが明らかになった。ロイター通信...

(photoAC)
2019.01.09
今すぐできるスマートフォンの容量を増やす5つの方法

スマートフォンは、写真や動画を撮影したり、アプリをダウンロードしたり、調べたり、地図をナビのかわりに使ったりと、日常には欠かせないツールである。ついつい容量不足で...

中国当局がこのほどスマホ向けアプリ「内涵段子」を閉鎖したのを受けて、同アプリのユーザーらが11日早朝検閲当局の前で車のクラクションを鳴らして抗議した。(ネット写真)
2018.04.12
人気アプリの閉鎖に反発、市民がクラクション音で抗議=中国北京

中国当局はネット取り締まりを一段と強めている。中国のラジオ・映画・テレビの検閲当局である国家広播電影電視総局(以下、広電総局)は、「低俗」との理由で、人気アプリ「...

(株式会社 アキメディア)
2017.07.06
キッズ向けアニメ 
世界の子供たちに愛される「POCOYO(ぽこよ)」 BSにて放送開始

スペインとイギリスの共同制作で、2〜5歳の子ども向けCGIアニメ「POCOYO(ぽこよ)」が7月3日よりBS12トゥエルビにて放送を開始しました。2005年、スペ...

地盤カルテのスクリーンショット(地盤ネット)
2017.04.11
1分で地盤リスクを知るサービス「地盤カルテ」

災害の多い日本では、日ごろの自主防災意識の高さが、いざというときのリスク回避につながる。このたび、地震による揺れやすさや土砂災害リスクなどを点数化した無料WEB診...

投稿された写真を一見すると、自転車のサドルの部分に長い傷がついているようだが、しかし少し拡大された写真をよくみると、サドルに針が刺さっているのがわかる。(目撃者撮影)
2017.02.14
公共意識の欠如
サドルに針?中国の自転車シェアリングにご用心

中国国内では近年、便利な自転車シェアリングがブームになっている。しかし、国内一部の利用者のモラルの低さで、自転車を乱暴に扱い、故意に破壊し、QRコードを損壊して、...

(photoAC)
2016.07.22
スマホの容量不足!簡単に空き容量を増やす5つの方法

TripAdvisorは世界各地のホテルやレストランなどの口コミ情報を提供している。(pixabay)
2016.05.17
海外旅行に便利な7つのアプリ

米紙「ハフィントン・ポスト」は5月15日、海外旅行に便利な7つのスマートフォン用アプリを紹介した。旅行スケジュール管理や、天気のチェック、翻訳、為替レートなど、多...

アプリの導入は、中国資本の新しい投資先を開拓した(Getty Images)
2016.01.12
国外投資先を探る中国個人投資家、米株式市場参入へ

中国資本の国外流出が加速化するなか、これまで、中国国内投資家は海外株式市場へ参入することはできなかったが、米株式市場で株取引するためのアプリが相次ぎ開発されたこと...

^