大紀元時報
トップ ブリンケン
ブリンケン
2020年1月、マニラ港に寄港する中国海警局船(STR/AFP via Getty Images)
2021.04.27
中国海警法 海洋法秩序を揺るがしかねない=参議院調査会

4月14日、参議院・国際経済外交に関する調査会が開かれ、海洋法に詳しい3人の専門家が参考人として出席。その中の1人で明海大学外国語学部教授でシンクタンク・日本国際...

不安定化を招く中国の行動に対処するため、インド太平洋地域同盟諸国が提携体制を強化(ヒース・ザイグラー(HEATH ZEIGLER)三等兵曹/米国海軍)
2021.04.26
日本、台湾、豪州など インド太平洋地域 米軍と提携強化 中国に対処

2021年4月上旬に中国が南シナ海で空母群の演習を実施したこと、および中国人民解放軍海軍(PLAN)最新空母の戦闘態勢がまもなく整うと国営報道機関が報じたことで、...

2016年ハーグの仲裁裁判所の判決前、造船所で作業を進めるフィリピンの漁師たち(Jes Aznar/Getty Images)
2021.04.19
中国漁船、南シナ海で毎日260トン漁獲可 漁場奪われ「フィリピン漁師は疲れ果てている」保護団体が指摘

フィリピンの環境保護団体は15日、西フィリピン海に集結している200隻以上の中国の漁船団は、毎日260トンもの魚を獲る可能性があると指摘した。この中国船による乱獲...

2021年3月19日、アラスカのアンカレッジで2日間の米中会談を終え、メディアに話すブリンケン米国務長官(Frederic J. Brown/POOL/AFP via Getty Images)
2021.03.30
ブリンケン米国務長官、パンデミックで中国の責任追及は優先事項ではないと示唆

ブリンケン米国務長官は、COVID-19パンデミックへの対応について、中国政府に責任を負わせるかとの質問に対し、「将来のパンデミックの予防に焦点を当てるべきだ」と...

2021年3月18日、アラスカ州アンカレッジのキャプテンクックホテルで開催された米中会談の初日。会場に到着する中国の楊潔篪・外交担当(右)と王毅外相(左)(Fredrick J.Brown/POOL/AFP via Getty Images)
2021.03.21
「想像を絶する傲慢だ」米議員と専門家が中国を批判 米中会談でのルール無視の発言を受けて

3月18日の米中会談で、中国側が時間制限を無視して米国を罵り続けたことを受けて、米国の議員や専門家らは非難を浴びせた。

全人代で香港の選挙制度について変更が行われた後、林鄭月娥・香港特別行政区行政長官は記者会見を行った(宋碧龍/大紀元)
2021.03.17
【香港で強まる中国共産党の支配】
中国全人代が香港選挙制度を変更 日本議員連盟など反対表明

3月11日、中国の立法府である全国人民代表大会にて、香港の選挙制度を変更することが決定された。民主派の排除を目論んで導入された「愛国者による統治」は中国共産党によ...

横田基地に到着したオースティン国防長官 (Photo by SYLVIE LANTEAUME/AFP via Getty Images)
2021.03.15
米国務長官と国防長官が初外遊で来日 「アンブレイカブルな日米同盟」を対外的に示す

茂木敏充外務大臣と岸信夫防衛大臣は、15~17日にかけて訪日するアントニー・ブリンケン国務長官およびロイド・オースティン国防長官と日米安全保障協議委員会(2プラス...

2021年3月2日、ホワイトハウスのステート・ダイニングルームで演説するバイデン大統領(Doug Mills-Pool/Getty Images)
2021.03.05
バイデン氏の対中政策は「昔ながらの空虚な美辞麗句」=外交専門家

ブリンケン国務長官は3月3日、バイデン政権の対中政策について演説したが、外交専門家によると、美辞麗句が多くて内容は薄かった。

2020年4月15日、フィリピンのマニラで、スラム街を警備している兵士(Ezra Acayan/Getty Images)
2021.02.23
対テロ強化策を講じるフィリピン 米が防衛協力

2021年1月下旬、コタバト州北部のトゥルナンのバス停近くで発生した爆発により2人が死亡し、6人が負傷したことで、フィリピン国内でテロへの警戒意識が再び高まった。...

2018年6月3日、シンガポールで開催されたIISSシャングリラダイアログ第17回アジア安全保障サミットで、フィリピンのデルフィン・ロレンザナ国防長官が演説(NICHOLAS YEO/AFP via Getty Images)。
2021.02.19
フィリピン国防相「米国は南シナ海の安定への力」

2021年1月下旬、フィリピン国防相は紛争が発生している南シナ海とインド太平洋地域にとって米国は「安定化への力」であり、フィリピン政府は米比関係の「新時代」の展望...

^