中国極超音速分野の科学者が米亡命 英MI6が協力=英紙

英紙デイリー・エクスプレス23日付は、情報筋の話を引用し、同国の対外情報機関である秘密情報部(MI6)はロケット専門の中国人科学者の米国亡命に協力したと伝えた。
2022/01/28

ウーバーついに「宇宙へ出前」

今年46歳になる日本の実業家・前澤友作氏は12月8日、ロシアのソユーズロケットに乗り、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から、日本の民間人としては初めて国際宇宙ステーション(ISS)に旅立ちました
2021/12/22

中国ロケットの制御不能 「責任基準」満たさない姿勢が浮き彫り

中国が打ち上げた大型ロケットが制御不能状態に陥りその残骸が地上に落下した事態は、中国が国際的な安全基準を無視している証であるとして科学者や宇宙関連諸機関からの批判が高まっている。しかも同国はわずか約1年にもロケットで同様の落下事件を引き起こして世間を騒がせた前科がある。
2021/05/27

中国のロケット、制御不能状態で8日か9日に地表落下か

米国防総省は5月5日、中国が先週に打ち上げた「長征5号B(Long March 5B)」ロケットが制御不能な状態になっており、5月8日から9日にかけて地球に落下することが懸念されると発表した。現在、米宇宙統合軍はロケットの残骸を追跡しているという。
2021/05/07

中国、失敗相次ぐロケット発射 米国の半導体禁輸が原因か

9月12日午後1時2分、中国北西部の酒泉衛星発射センターから「吉林1号」高分02C衛星を搭載した「快舟1号」ロケットが発射されたが、飛行中に不具合が生じ、失敗した。不調の原因を調査中。中国国営新華社が伝えた。
2020/09/16

中国ロケット「長征4号」ブースター墜落 学校付近で有毒の煙

中国軍は9月7日、「長征4号B型」ロケットの打ち上げに成功と主張しているが、同ロケットのブースターが山岳地帯の学校付近に墜落した可能性がある。「落下したロケットの爆発で有毒ガスが大量に放出され、現地住民に大きな被害を与えた」と技術誌が伝えた。
2020/09/14

中国ロケット発射失敗、背景に「米国の半導体禁輸措置」

3月半ば以来、中国のロケット「長征7号」と「長征3B」の打ち上げが相次いで失敗した。台湾の軍事専門家は、背景には米政府が半導体チップなどのハイテク技術製品の中国への輸出規制を強化したことがあると指摘した。米ラジオ・フリー・アジア(RFA)が4月10日伝えた。 中国政府系メディアの報道では、4月9日午後7時46分ごろ、四川省西昌衛星発射センターで、インドネシアの次世代衛星「PALAPA-N1」を乗せた「長征3B」が発射された。しかし、3段式の「長征3B」の第3弾に不具合が発生し、打ち上げが失敗
2020/04/13

中国のロケット長征3B、打ち上げ失敗 搭載したインドネシアの衛星も消失

4月9日に発射された中国のロケット「長征3B」は、打ち上げてから数十秒後、爆発して落下した。中国の宇宙事業の失敗はこの1カ月未満で2回目。中国国内メディアが報じた。
2020/04/10

北朝鮮のミサイル発射失敗、市街地に着弾で被害か=昨年4月

北朝鮮が昨年発射した弾道ミサイルは、打ち上げに失敗して、同国の人口密集地に墜落し、被害をもたらしていた可能性がある。米外交紙ディプロマットが3日に報じた。北朝鮮当局や国営メディアはこの事故について明かしていない。
2018/01/07

【動画】UFOか隕石か? 米空港に出現した青い雲 

動画に映っているのはUFOか、あるいは隕石か?昨年9月2日に投稿された動画が、再び注目されている。24日付米ポータルサイト「AOL」が伝えた。
2016/07/29

【フォトニュース】米無人ロケット、打ち上げ直後に爆発

【大紀元日本10月29日】米バージニア州・ワロップス島にある米航空宇宙局(NASA)の施設で28日、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を送るための無人ロケット「アンタレス」が打ち上げ直後に爆発し、炎
2014/10/29

欧中宇宙開発協力、最新技術漏洩を憂慮する米国

 【大紀元日本10月13日】中国当局と欧州が宇宙開発の領域において協力関係を強化していることが、米国の関心を呼んでいる。中国側が欧州の企業を介して米国の先端宇宙開発最新を得て、関連研究を加速させるので
2007/10/13

中国湖南省:50年来の干ばつ、10万人が飲水困難

 【大紀元日本7月10日】中国湖南省において、高温少雨の影響による深刻な干ばつが発生、14の市、州において干ばつの被害を受け、1321の村の住民10万人近くの飲水が困難となっている。地元紙「長沙晩報」
2007/07/10

シベリア:黄色い雪、宇宙ロケットの廃棄物汚染か

 【大紀元日本2月5日】ロシア・シベリア地域のカザフスタン国境沿いのオムスク地区では悪臭帯びる黄色い雪が降り、一部の住民はこれによって、頭痛が生じ、具合が悪くなったと訴えた。地元の環境保護部門は、黄色
2007/02/05