【インフォグラフィック】法輪功迫害 中国共産党の残虐な手法の数々

1999年7月20日、中国共産党は精神修養法である法輪功を弾圧するため、大々的な政治運動を開始した。 法輪功は1999年までに愛好者数がおよそ7000万人から1億人に達した。しかし、当時の中国共産党首魁・江沢民は、法輪功を中国共産党の権威に対する脅威だとみなしていた。
2024/07/14

フィリピン空軍、中共の脅威に対抗 国際軍事演習参加へ

7月10日、フィリピン空軍は60年ぶりに海外に派遣され、中共の脅威に対する対応力を高める目的で、20カ国が集うの国際軍事演習に参加した。
2024/07/13 新唐人テレビ

日本の「失われた30年」の後を追うのか? 中国の未来

中国共産党(中共)の三中全会が迫る中、多くの人々が中国経済の将来と中共の経済政策実行能力に注目している。この二つの要素は密接に関連している。中国経済の将来については、「中国経済は頂点に達したのか?」と「中国経済は日本のように30年間停滞するのか?」という二つの議論がある。
2024/07/11 王赫

米 ジョンソン下院議長、中国共産政権に対抗するための立法パッケージを推進

米国下院議長のマイク・ジョンソン氏(共和党、ルイジアナ州)は、今年中に中国共産政権を標的とする重要な立法パッケージを議会で可決させたいと述べた。ジョンソン氏は、7月8日にハドソン研究所で行った初の主要な外交政策演説で、「中国は世界平和に対する最大の脅威だ。議会はあらゆる手段を駆使して中国に対抗することに焦点を当て続けなければならない」と述べた。

NATO首脳、中国とロシアの戦略的パートナーシップ強化に「深い懸念」

7月10日、ワシントンD.C.で開かれた北大西洋条約機構(NATO)加盟国会議は首脳宣言を採択した。中国とロシア間の戦略的パートナーシップの強化に対し「深い懸念」を表明した。
2024/07/11 清川茜

米国のチャイナウォッチャー、「法輪功保護法」に注目

2024年6月25日、米国下院は「法輪功保護法案(H.R. 4132)」を可決した。この法案は、中国共産党(中共)による法輪功の迫害を即時に停止することを求めている。また、中共の臓器収奪行為に関与した者に対する制裁も規定しており、資産凍結や渡航禁止、刑事罰が含まれている。法案は今後、上院に送られ、可決されれば大統領の署名を待つことになる。

中国共産党の赤旗を大英博物館に持ち込み批判殺到

最近、中国のソーシャルメディアで広く共有されたビデオが多くの注目を集めた。ある中国人ネットユーザーが大英博物館を訪れた際、中国国旗を持っていたため、スタッフに制止され、国旗をしまわなければ退館させられると言われたという。このニュースは中国のメディアやソーシャルプラットフォームで急速に拡散し、多くの議論と怒りを引き起こした。
2024/07/09 徐天睿

EUが中国製EVへ反補助関税の適用 中共が報復関税で対抗

EUは7月5日から、中国製電気自動車(EV)に対する一時的な反補助関税の適用を開始した。これに対して、中共は報復措置をちらつかせている。スペインはEUに対し、中共との交渉に際して、短絡的な思考を避けるよう促している。
2024/07/09 新唐人テレビ

中国若者の「リベンジ貯金」は誰への復讐?

中国の若い人は消費せず、銀行に貯金している。一部のメディアは「リベンジ貯金」という理解しがたい言葉を使ってこの現象を説明している。貯金が非理性的で報復的な行為であるというのは、どう考えても納得し難い。
2024/07/09 謝田

【独占インタビュー】元中国共産党スパイが自身の過去を暴露(下)

学業の傍ら、エリックは中国国内のインターネット規制を回避するためのソフトウェアを用い、「壁の外」の自由な情報を探し求めた。自分が危険な道へ踏み出していたことも知らずに。
2024/07/06 安平雅

フランスが中共の越境弾圧に対抗 スパイを国外追放

世界中の国々が、中共の国外でのスパイ活動に対して、より明確な対策と抑止力を強めている。最近、仏政府は中共の上級スパイ2人を国外追放するという決定を発表した。さらに、中共と共謀していたノルウェー籍男性も訴追されている。
2024/07/06 新唐人テレビ

【独占インタビュー】元中国共産党スパイが自身の過去を暴露(上)

17年前、当時22歳だった「エリック」は夢を追い、理想に憧れながら、自由を追い求めていた。しかし、2008年のある日、中国共産党(中共)の公安当局が家の玄関にやってきた。脅迫を前に、エリックの人生は暗転することとなる。
2024/07/05 安平雅

中国共産党の情報支援部隊は名前だけの存在

中国共産党(中共)は、統合作戦におけるサイバー情報システムの役割を強化するため、「情報支援部隊」の新設を発表した。
2024/07/05 新唐人テレビ

ノルウェー市民 中国共産党のスパイ容疑で逮捕される

中国共産党による重大なスパイ脅威が浮上する中、ノルウェー国内安全機構は7月2日、ノルウェー公民が中共のためにスパイ活動を行った疑いで逮捕されたと発表した。AP通信によると、ノルウェー警察保安局(PST)の検察官トーマス・ブロム氏は「現在、初期段階にあるため、詳細を明らかにすることはできない」と述べた。
2024/07/03 李言

「科学大国」中国の現実

中国は「科学技術強国」なのか?中国は大きく進歩したが、科学の超大国と見なされるべきではない。
2024/07/02 Christopher Balding

7月1日「世界脱党日」 ニューヨークで「中国共産党脱退」デモ開催、 真実を訴え

ニューヨークを拠点とする全球脱党支援センターは6月30日、ニューヨーク市内で「中国共産党脱退」「中国共産党の邪悪と決別せよ!」をテーマにした車行デモを開催し、より多くの中国人に中共の実態を知ってもらい、共産党を離脱するよう呼びかけた。
2024/07/01 林丹

「交流促進は甘い言葉、裏では反米を煽動」 米駐中大使が中共矛盾を非難

米国のバーンズ駐中国大使は、最近のインタビューで、中共の言葉と行動が一致していないと非難した。同氏は表向きは両国の民間交流を推進すると言いつつ、裏では米国の外交活動を邪魔する動きを強めていると指摘している。
2024/06/29

米国務省、中国に臓器強制摘出を停止するよう要請

米国務省は、中国共産党(中共)に対し、「強制的な臓器摘出」という「明白な人権侵害」をやめるよう求めた。
2024/06/29 Eva Fu

蘇州で日本人の母子が刃物で襲われる  中共プロパガンダと関連か

6月24日、中国の蘇州市で、日本人の親子が中国人男性によって刃物で襲われる事件が発生した。評論家は、これらの事件が、中共が推し進めている「外国人に対する敵意」のプロパガンダと関連していると指摘している。
2024/06/28 新唐人テレビ

米国務省、中国共産党による神韻芸術団抑圧に注目

米国務省は6月26日に発表した年次信仰の自由に関する報告書で、神韻芸術団に対する中国の抑圧行為に焦点を当てた。
2024/06/27 Eva Fu

中国軍無人機が奄美大島北西沖を飛行、空自が緊急発信

防衛省は6月25日、中国共産党(中共)のWZ-7無人偵察機が東シナ海上で活動していることを確認した。この動きに対し、航空自衛隊は緊急発進を行った。地域の安全保障への影響と日中間の緊張の高まりが懸念されている。
2024/06/26 橋本龍毅

カナダ大使、新疆を訪問 人権侵害の懸念を直接表明

【北京】カナダ外交部は週末に声明を発表し、カナダ駐北京大使のジェニファー・メイ(Jennifer May)が先週新疆ウイグル地区を訪問し、現地の指導者に対して中国共産党による人権侵害についての懸念を直接表明したと発表した。この訪問に対し、中国は反論している。
2024/06/26 李言

米下院で「法輪功保護法案」可決 臓器狩りに焦点、加担者には制裁措置

米下院では現地時間25日、中国共産党による法輪功学習者への迫害を即時停止することを求める「法輪功保護法案」が可決した。生きた法輪功学習者から臓器を強制摘出する残虐行為などを問題視し、人権侵害に加担した者に刑事罰を含む制裁措置を科す。

中国当局の隠蔽か? 貿易収支データに大きな誤差、米が釈明要求

米国財務省は6月20日に公表した「半年ごとの外貨報告」において、中共に2023年の貿易収支に関する2つの公式報告の数字の大きな違いについての説明を要求し、さらに為替レートの透明性の向上を促している。

中国人理工系学生4人、米国への入国拒否される

中国から米国に渡航した4名の理工系学生が、米国税関の厳しい取り調べを受け、入国を拒否される事件が発生した。
2024/06/24 清川茜

中共、豚肉へのダンピング調査で報復 EUは「全く懸念なし」

EUが中国製の電気自動車に関税をかけたことに対する報復として、6月17日、中共当局はEU産の豚肉とその加工品に対するダンピング調査を開始した。これに対してEUは、「全く懸念していない」とコメントしている。
2024/06/19 新唐人テレビ

台湾侵攻の成否は? 最初に中共海軍が壊滅する可能性(2)

中国の空軍が敗れた場合、生き残った戦闘機は沿岸地域から内陸へ急いで退避し、隠れることになる。一方、中国の海軍艦艇には隠れる場所がなく、最も早く全てを失う運命である
2024/06/19 沈舟

露朝 戦略条約で署名へ、中・露・朝の間で揺れる外交戦略ー専門家に聞く

日本時間19日未明に、ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩総書記が会談を行い、「包括的戦略パートナーシップ条約」を締結する見通しだ。この複雑な状況は、東北アジアの地政学的な緊張を一層高めていると考えられる。国際関係および地政学の専門家である桜美林大学の菅沼雲龍教授は、朝鮮が国際情勢においてますます重要な役割を果たしていると指摘している。
2024/06/19 徐天睿