大紀元時報
トップ 中国語
中国語
中国駐在記者も務めた米大統領副補佐官マシュー・ポッティンジャー氏は、中国共産党統一戦線の影響について語った(GettyImages)
2020.10.26
中共の統一戦線工作の影響、軽視しないで=米大統領副補佐官が警告

米国のマシュー・ポッティンジャー大統領副補佐官は、民主主義国家は中国共産党の行動を警戒し、ニセ情報の流布や西欧の民主制度への侵害を防がなければならないと主張した。...

GettyImages
2020.04.03
仏教用語と現代表現の“我慢”【中国語豆知識】

仏教では、自己に執着する自我意識から起こる心や、人を侮る思い上がりの心を「慢」と呼びました。(現代日本語の「慢心」「傲慢」にその名残りが見られます。)そして、それ...

GettyImages
2020.04.03
【中国語豆知識】『出世』
『出世』の本来の意味とは

「出世街道まっしぐら」「出世コース」。世のお父さんがたがこのことばに駆り立てられるようにして、日々会社のため、家族のために頑張っていたのも昔のこと。今は、出世なん...

GettyImages
2020.03.11
【中国語豆知識】“親切”
日本人は「親切」じゃない?

「親切」の「親」は本来「身近に接する」ということで、「切」は「刃物をぴったりと切り口に当てる」ということ。そこから、「思い入れが深く切実だ」という意味で使われるよ...

(Quinn Dombrowski/Flickr)
2020.03.08
言語と文化
32カ国語を話せる人が伝える 言語習得のコツ

いまや小学校では1年生から英語教育を導入している日本ですが、現在、流ちょうに外国語を話せる日本人というのは決して多くはないでしょう。言語や文化の異なる人々との交流...

(Photo credit should read FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images)
2019.03.04
句読点の妙

緊急時の連絡に電報が活躍していたころのこと。息子が 「カネオクレタノム」 と打ってきました。知ってか知らずか、父親は 「それはよかった」 と返事をしました。 「金...

(Photo by DANIEL ROLAND / AFP) (Photo credit should read DANIEL ROLAND/AFP/Getty Images)
2019.02.28
江戸時代から意味が変化した日本語とは

『人無遠慮、必有近憂』(人、遠慮無ければ、必ず近き憂い有り)。これは『論語』の一節ですが、「人は控えめにしなければ、~」などと読んではいけません。「先々のことをよ...

GettyImages
2019.02.27
『人気』
日本語からの逆輸入された中国語とは

前回このコーナーで扱った『元気』が本来、「万物が生まれ育つ根本となる精気」、つまり「元の気」のことだったのと同じく、『人気』も「人の気」、つまり「人の生気」だとか...

GettyImages
2019.02.25
元の気ってなに?

毎朝ジョギングを欠かさない近所のお年寄りに「お元気ですね」と声をかけ、しょんぼりしている友人を「元気出せよ」と励まします。普段何気なく使っているこのことば、よくよ...

GettyImages
2019.02.22
知ってた? じゃんけんの語源

中国で古くから行われてきた酒席の遊びに、二人が互いに出す指の数を予想して言い当てる『猜拳』と言うのがあり、江戸時代に長崎に伝来しました。その『猜拳』でチョキを表す...

GettyImages
2019.02.19
「湯たんぽ」の「たんぽ」とは、どういう意味?

この“湯婆子”は中国語で“tangpozi、タンポーズ”と読まれます。なんか「たんぽ」に似ていませんか?そうです。「たんぽ」とは中国語の“湯婆(子)”のことで、つ...

GettyImages
2019.02.15
「空手」古くは、現代中国語の意味と同じ?

現代の空手の源流は、琉球で行われていた「唐手」だそうです。「手」とはもちろん、第一義的には手首から先の部分を指すのですが、琉球では「手(ティー)」として「武術」の...

GettyImages
2019.02.13
中国語で『湯』は「銭湯」?「飴湯(あめゆ)」?

「銭湯」ということばは、中国人が見たらきっと、スープ屋さんと勘違いすることでしょう。暖簾に「亀の湯」なんて書いてあったら、なおさらです。だって、中国語で『湯』は「...

GettyImages
2019.02.11
【中国語豆知識】「顔色」=「色+色」

日本語では、「顔色」は文字通り「顔の色」です。それが、「顔色をうかがう」のように、「顔の表情」を指すことがありますが、本来の「顔の色」義の延長線上にあるのは十分理...

Getty Images
2019.02.10
中国語を学ぶなら中国以外の国で!

中国が大国として存在感を増しつつある中、中国語への関心も世界で高まっている。約14億の人口を抱える中国市場に野心を見出すビジネスマンにとって、中国語学習は必須と言...

GettyImages
2019.02.06
【中国語豆知識】『出世』
『出世』の本来の意味とは

「出世街道まっしぐら」「出世コース」。世のお父さんがたがこのことばに駆り立てられるようにして、日々会社のため、家族のために頑張っていたのも昔のこと。今は、出世なん...

GettyImages
2019.02.03
【中国語豆知識】仏教用語と現代表現の“我慢”

仏教では、自己に執着する自我意識から起こる心や、人を侮る思い上がりの心を「慢」と呼びました。(現代日本語の「慢心」「傲慢」にその名残りが見られます。)そして、それ...

GettyImages
2019.01.30
【中国語豆知識】“丈夫”
『丈夫』=「勇気ある立派な男子」!

中国の周の制度では、男子は背丈が一丈に達してはじめて成人と認められたことから、古くには一人前の男子を『丈夫』と呼び、それが更には、「勇気ある立派な男子」をも指すよ...

GettyImages
2019.01.27
【中国語豆知識】“親切”
日本人は「親切」じゃない?

「親切」の「親」は本来「身近に接する」ということで、「切」は「刃物をぴったりと切り口に当てる」ということ。そこから、「思い入れが深く切実だ」という意味で使われるよ...

(GettyImages)
2019.01.23
【中国語豆知識】“輩”
同輩でも「先輩」?

中国語の“輩”は本来、順序を表し、“先輩”とは「先に来た人」、“後輩”とは「後から来た人」を指しました。それが、学問、技芸、年齢などいろいろな点で自分より上の者を...

(Quinn Dombrowski/Flickr)
2017.03.27
言語と文化
32カ国語を話せる人が伝える 言語習得のコツ

いまや小学校では1年生から英語教育を導入している日本ですが、現在、流ちょうに外国語を話せる日本人というのは決して多くはないでしょう。言語や文化の異なる人々との交流...

あなたも、台湾生活を満喫しながら、中国語を身につけてみませんか?(写真/東海大学提供)
2016.11.15
語学留学
中国語学習ブーム どこで学ぶ?

中国語を学ぶために、最近は海外へ留学し、現地で生の体験を通じて語学をマスターしようという人が増えてきています。中国語を話す国は中華人民共和国、中華民国(以後、台湾...

オーストラリアの男子大学生ベン•マクマホンさん (スクリーンショット)
2014.09.05
豪州の男子大学生、交通事故で「中国人」に変身

【大紀元日本9月5日】オーストラリアの男子大学生ベン•マクマホン(Ben McMahon)さん(22)は2年前、大きな交通事故に遭い、一週間以上続いた...

2011.05.13
中国語教師1万人、台湾から招聘=インド政府

 【大紀元日本5月13日】中国経済及び政治の影響力が強まるに連れて、中国語に興味を持つインド人も増えつつある。インド政府は現在、将来的な中国との経済関係を見越して...

成語典故(図:柚子)
2010.05.08
【日本語に生きる中国故事成語】太公望(たいこうぼう)

 【大紀元日本5月8日】ゴールデンウィークは全国的に好天に恵まれ、太公望にとっては腕がむずむずしたのではないでしょうか。 夜、父親が漕ぐ小船で沖合に出かけ、漁火を...

成語典故(図:柚子)
2010.04.27
【日本語に生きる中国故事成語】折檻(せっかん)

 【大紀元日本4月27日】このところ、乳幼児虐待のニュースが目に付く。生後1カ月のわが子を壁に打ち付け重症を負わせた父親がいる。「泣きやまないのでカッとなってやっ...

成語典故(図:柚子)
2010.04.18
【日本語に生きる中国故事成語】逆鱗(げきりん)

 【大紀元日本4月18日】 「日米欧悩ます人民元パワー 中国の逆鱗に触れぬよう…」 これは某紙2月16日の記事のタイトル。それによると、中国の旧正月休みの2月15...

2009.06.29
【弟子規】第二単元

 【大紀元日本6月28日】 第二單元【原文】 音声:  父母呼,應勿緩; Fùmǔ hū,yìng w&ugrav...

2009.06.01
【弟子規】第一単元

 【大紀元日本6月1日】 第一單元【原文】 音声:  弟子規,聖人訓:  dì zǐ guī, shèng r&...

益群書店から出版された『正見-弟子規』(益群書店HPより)
2009.06.01
『弟子規』の連載にあたって

 【大紀元日本6月1日】読者の皆さんに中国の正統文化を紹介し、かつ中国語学習の便に供するために、『弟子規』の連載を始めます。 『弟子規』は、中国の清代後期に広く使...

^