THE EPOCH TIMES
トップ 亡命
亡命
北京の北朝鮮大使館に掲げられた国旗。(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
朝鮮半島   中国、金正恩氏へ「亡命」説得か 有事回避のため=韓国メディア
2017.04.17
チベット女子サッカーチームは、米テキサス州で毎年開催される国際サッカーユース大会「ダラスカップ」に招かれ、出場予定だったが、米大使館はビザ発行を拒否したため、出場が危ぶまれている。(tibetwomenssoccer.org)
チベット女子サッカー、米国際大会出場予定も 大使館がビザ拒否
2017.03.03
北朝鮮駐英国大使館の 太永浩(テ・ヨンホ)公使はこのほど、亡命した理由について「当局に英国政府や軍関係者に贈賄し、核技術を盗み出すのを命令されたことにプレッシャーを感じた」と明かした。(JUNG YEON-JE/AFP/Getty Images)
北朝鮮情勢   北朝鮮の前駐英公使「核技術を盗め」にプレッシャーで亡命=英メディア
2016.10.19
金正恩体制を支えてきたエリート層や特権階級の亡命が増えている(Getty Images)
北朝鮮 多発するエリート亡命   駐中国の北朝鮮高官2人、日本大使館に亡命申請か
2016.10.09
2012年2月6日、中国四川省成都市の米国総領事館に駆け込んだ、王立軍・元重慶市副市長(ネット写真)
王立軍事件の内幕 米政府が王立軍亡命を拒否した理由=米メディア
2016.09.12
北朝鮮の駐ロシア・ウラジオストク貿易代表部外交官は7月に脱北し韓国に亡命した。(Stephen Shaver/Polaris)
金正恩政権   ロシア極東に駐在の「1等書記官」脱北、北の外交官亡命はすでに7人
2016.09.03
ロンドン西部にある在英北朝鮮大使館。外交官が韓国へ渡り、第三国への亡命を希望している。(GettyImages)
北高官の「脱北」   自由にあこがれ…相次ぐ北朝鮮エリートの亡命
2016.08.20
米公聴会で証言する、ミス・ワールドのカナダ代表アナスタシア・リンさん(Gary Feuerberg/Epoch Times)
中国の宗教と人権弾圧   米議会公聴会、中国の宗教迫害と人権弾圧を議論 米著名俳優やミス・カナダも証言(2)
2016.03.05
金正恩総書記 (Ed Jones/AFP/Getty Images)
北朝鮮幹部ら10数人 脱北や亡命
2015.07.02
 ロック元米駐中国大使 (Getty Images)
元米駐中国大使、王立軍亡命未遂事件の裏を語る
2015.05.21
ゲイリー・ロック在中国大使 (ChinaFotoPress via Getty Images)
米国ロック在中国大使が辞任 「当局は彼に耐えられない」とネットの声
2013.11.21
薄煕来の妻谷開来が執行猶予付き死刑判決を受けた安徽省合肥市の中級人民法院 (Lintao Zhang/Getty Images)
薄煕来を正式起訴 専門家「肝心な犯罪事実を隠している」
2013.07.29
 空港に留まっている同フライトの乗客たち(ネット写真)
北京発NY行きの便、突然とんぼ返り 政府高官の亡命阻止? 
2012.08.31
米国大使館を出る陳光誠(在中米国大使館)
中国当局が脅迫か 陳光誠は米国亡命希望=CNN
2012.05.03
「陳光誠は中国に留まる」支援者語る 
2012.05.02
米フォーブス:中国を変えられる4つのショック
2012.05.01
2010年、64天安門事件の犠牲者を弔う、香港でのキャンドルナイト。(laihiu)
20数年国に帰れない民主活動家たち 温家宝首相「まったく人道的でない」と発言か
2012.04.10
5日の開幕式典で一番左側に座っていた薄煕来の席は、この日、用意されていなかった(中央社)
薄煕来、全人代重要会議に欠席 権力闘争激化か
2012.03.09
米国領事館に駆け込んだ王立軍は、薄熙来や周永康の情報を伝えたと噂されている。写真中央は周永康(GettyImages)
【評論】重慶事件にみる江沢民派の苦境
2012.02.25
中国政府、米政府に機密資料の返却を求める=重慶亡命騒ぎ
2012.02.24
薄煕来、辞任申し出たのか 「状況を把握していない」と外交部
2012.02.22
<赤龍解体記>(53)王立軍、米領事館亡命の一部始終を打ち明けた
2012.02.20
重慶市(HBarrison)
重慶亡命事件、「精神障害」で決着か 消息絶つ王立軍
2012.02.18
訪米中の習近平副主席(大紀元)
江沢民派、習近平から権力奪取を狙う=重慶亡命事件であらわに
2012.02.16
(AFP)
【重慶亡命事件】派閥抗争が顕在化 中共分裂の予兆
2012.02.14
自著のドキュメンタリー本を手に、「私が亡くなったら、これらの真相が永久に闇に封じ込められる」と語る高耀潔氏(写真は、昨年12月の新書発表会のもの)(大紀元)
亡命の中国人女医、再び新書出版 中国エイズ大規模感染の真相
2010.10.22
10日、ソウルの自宅で亡くなった黄長燁氏。写真は、11日、遺体が安置された病院で(AFP/Getty Images)
生前金正恩を批判 中国訪問の願望も 脱北した黄元書記死去
2010.10.17
海外で亡命した中国共産党機関紙「人民日報」の記者邱明偉氏。8月23日、香港での記者会見で、中国共産党離脱声明を公表した。(写真=孫青天)
中国共産党機関紙「人民日報」記者、国外で亡命
2009.08.27
北京五輪のキャンペーン「一つの夢」の看板もむなしく見える、求心力を失った中国共産党から脱走する高官が崩壊の危機を早める(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
何清漣:高官脱走、2009年中国共産党の致命傷
2009.02.26
空港で再会した賈甲氏(左)と息子(大紀元)
国外亡命の中国当局幹部、ニュージーランドに保護される 
2008.06.28
^