大紀元時報
トップ 拷問
拷問
ダイオードをひたすらゴム製のマットにこすりつける作業を繰り返す収容者(于溟さん撮影)
2019.06.08
中国の労働収容所でダイオード製造 日本にも出荷か

中国国内でも、拷問や虐待があるとして悪名高い馬三家労働収容所の内部の様子が、元収容者により明らかになった。撮影時期は2008年。中国でオリンピックが開催された年だ...

2010年台湾の法輪功学習者5000人が台北市の中正紀念堂前で、「真・善・忍」などの人文字を作った(宋碧龍/大紀元)
2019.04.13
昨年4848人の法輪功学習者が不当拘束された

中国当局による伝統気功グループ、法輪功への弾圧を伝える情報サイト「明慧網」は今年1月、2018年中国国内法輪功学習者の迫害状況をまとめた統計を発表した。

参考写真(David Silverman/Getty Images)
2019.02.25
米生体検査大手、新疆ウイグルへ販売停止 弾圧加担の恐れ

米国の生体研究大手サーモフィッシャー(Thermo Fisher)は21日、中国共産党政府が同社技術を使って新疆ウイグル自治区住民のDNAデータベースを作成してい...

2009年新疆ウイグル自治区ウルムチで買い物をする女性と、背後には銃器を構えて立つ中国軍兵士(PETER PARKS/AFP/Getty Images)
2019.02.12
トルコ政府「人類にとって大きな恥」ウイグル弾圧に中国政府を批判

トルコ外務省は2月9日、中国当局による新疆ウイグル自治区における膨大な人口の強制的な集中管理について、「人類にとって大きな恥」と非難する声明を出し、即時の施設閉鎖...

中国当局が、拘禁中の女性法輪功学習者の下腹部を踏みつける拷問を行っている(明慧網より)
2019.02.12
中国当局による法輪功学習者への迫害(3)狂気の性的虐待

中国当局は1999年、法輪功学習者に対する弾圧政策を始めた。学習者に法輪功を放棄させるため、当局はさまざまな拷問を用いた。なかには、凄惨な性暴力を受けた法輪功学習...

中国当局による拷問と性的暴行で亡くなった法輪功学習者の曲輝さん、呉俊陽さん、楊玉永さん(大紀元が合成)
2019.01.22
中国当局による法輪功学習者への迫害(2)電気棒で男性器が激しく損傷

中国当局は1999年、法輪功学習者に対する弾圧政策を始めた。学習者に法輪功を放棄させるため、当局はさまざまな拷問を実施した。なかには、凄惨な性暴力を受けた法輪功学...

米議員は、中国共産党政府によるウイグル族への弾圧を停止するよう求める法案を準備している。向かって右、法案を作成する一人である中国委員会共同議長マルコ・ルビオ議員(GettyImages)
2018.11.14
米議員、ウイグル弾圧停止法案を準備 人権侵害の責任を追及

米国の両院の超党派は、中国の新疆ウイグル自治区における弾圧停止への法案を作成中だという。最終的には人権侵害を犯した行政担当者や警察機構、組織の責任を追及する。米政...

米国の法輪功愛好者は10月21日、ニューヨーク市で中国当局による弾圧の実態を伝えるためパレードを進行した(明慧網より)
2018.11.09
<法輪功迫害>両親の拷問現場を見せられた少女、精神障害患う

中国黒龍江省牡丹江市に住む媛媛さん(32)は16歳の時、地元の警官らに両親の拷問現場を強制に見せられた後、強い精神的なショックを受けて、精神障害を患った。法輪功学...

米誌編集者はこのたび、中国本土取材では情報提供者の危険を考慮していると述べた。写真は2018年7月、トルコのイスタンブールで、中国当局によるウイグル族弾圧を非難するデモに参加した在トルコのウイグル族少年たち。トルコ警察に鎮圧された(OZAN KOSE/AFP/Getty Images)
2018.11.08
米誌編集者、ウイグル報道で「情報筋全員、消えた」情報提供者の危険考慮を呼びかけ

米誌の編集者は最近公開討論に出席し、中国新疆ウイグル自治区における人権侵害の取材により、現地の情報提供者が行方不明になっていると述べた。超法規的な中国共産党政権の...

ウイグル族でカナダ在住ラビヤ・ムハンマドさんは、2018年2月から4カ月間、新疆ウイグル自治区で母親(65)が拘留されたと述べた。写真は、カナダ旅行の母親を迎えたラビヤさんと子供たち(提供写真)
2018.10.23
新疆ウイグルの収容所は「民族浄化を隠す場所」国内外に広がる弾圧

第二次世界大戦以来、少数民族に対する最大規模の収容所と形容される、中国共産党による新疆ウイグル自治区の収容所。大紀元は、出所者やその家族から、所内での経験を聞いた...

中国法輪功学習者の金順女さん(66)は10月上旬、当局の迫害を受けて死亡した(明慧網より)
2018.10.19
法輪功学習者が拘束後1カ月足らずで死亡 複数回の拷問

9月中旬中国当局に拘束された気功グループ法輪功の学習者である金順女氏(66)が、10月10日に亡くなったことがわかった。東北地方の遼寧省撫順市順城区に住む金氏は拘...

再教育施設に収容されたカザフスタン籍のウイグル族オミール・ベクリさん(右奥男性)は、収容施設内では拷問を受けたと大紀元に明かした(本人提供)
2018.10.19
「若い女性のレイプは毎日」新疆ウイグル収容施設からの出所者明かす

中国新疆ウイグル自治区には超法規的収容施設があり、100万人以上が強制収容されていると、米国務省や国連が懸念を示してきた。大紀元の取材に応じた、ウイグル族の出所者...

中国警察の所持するポータブル唐辛子スプレー(百度百科より)
2018.03.26
【動画】唐辛子スプレーをお試しで顔面噴射 どうなる?

中国ネットである動画が話題だ。公安当局の「秘密武器」といわれる、ある液体の入った催涙スプレーを、興味本位か、自分自身に試した若い公安員の身に起こったことはー。

ワームビアさんの両親(スクリーンショット)
2017.09.29
「北朝鮮はテロリスト」死亡した米大学生の両親が涙の訴え 

米国人大学生オットーさんが北朝鮮の虐待により帰国後死亡した事件で、その両親が当時の状況を初めて明らかにした。オットーさんは昨年1月に北朝鮮当局に拘留され、監禁中に...

高射砲による処刑は金正恩委員長が最も気に入っているという。(NAZEER AL-KHATIB/AFP/Getty Images)
2017.09.25
金政権の残虐さ
火炎放射器、毒殺、犬の餌にされる…金正恩の無慈悲な処刑法=米メディア

冷酷さで知られる金正恩・北朝鮮労働党委員長は政敵、反逆者、気に入らない高官を続々と処刑してきた。たとえ相手が親戚であっても例外ではない。叔父の張成沢(チャン・ソン...

生前の許郴生さん。明慧ネットへ遺族が提供。2012年に突然死したが、遺族はこれを公安の拷問のためだとして裁判を起こした。昨年12月、国に対して賠償金30万元が命じられた(minghui,org)
2017.08.14
弾圧18年
法輪功迫害で初 国が遺族に賠償金30万元支給

健康だった母が、わずか半日の拘束で死亡したのは拷問を受けたためだと、法輪功学習者遺族が公安局を相手取った訴訟で、裁判所は国へ賠償金30万元を支給するよう命じた。法...

「まるでブタや犬の扱い」ウォルマートで買った財布からSOSメモ(発見者撮影)
2017.05.08
中国の収容所
「まるでブタや犬の扱い」ウォルマートで買った財布からSOSメモ

米アリゾナ州の女性は最近、義母がスーパーマーケットで購入した財布の中に、中国広西省の刑務所にいる囚人からのSOSメモが入っているのを発見した。現地テレビ局KVOA...

2016年12月、中国を出国する直前の孫毅さん。成功したことを示すOKサイン(本人提供)
2017.03.07
止まらぬ良心の囚人への拷問
話題となった中国収容所からのSOSレター 差出人は自由の身となり心境明かす

「この商品を購入した方へ、この手紙を世界人権団体に渡してください。中国共産党政権の迫害を受けている数千人は、永遠にあなたに感謝いたします…」。2012年10月、ア...

(winnifredxoxo/Flickr)
2017.03.02
拷問停止を訴える「反酷刑連盟」発足 弁護士・陳光誠らが加盟

不当に連行された人権弁護士に中国公安警察が収監中に拷問を行っているという情報が絶え間なく伝えられてくる中、中国人人権派弁護士や人権活動家らが「反酷刑連盟」を発足さ...

拘束された人権弁護士らは薬物注射などの拷問を受けていることが明らかになった(Centophobia/flickr)
2017.01.25
709事件
中国当局、拘束の人権派弁護士を拷問 市民らSNSで抗議

中国当局が2015年7月9日に行った人権派弁護士の一斉拘束で、囚われている弁護士・謝陽氏が当局から残酷な拷問や虐待を受けていることがこのほど分かった。中国の一部の...

深セン警察、違反運転手に「ハイビーム数分間見つめさせる」罰が、ネットで非難(深セン交通警察@微博)
2016.11.03
不当な罰
深セン警察、違反運転手に「ハイビーム数分間見つめさせる」罰

 深セン交通警察が、車両のハイビームについて違反した運転手に対する処罰が、問題視されている。運転手を、自らの車の前に座らせてハイビームを強制的に数分間見つめさせる...

16年9月13日、法輪功学習者、周向陽氏と李珊珊氏を被告とする裁判が、天津市東麗裁判所で開廷。弁護団の一人である余文生弁護士(向かって左から3番目)(大紀元)
2016.10.21
北京の余文生弁護士
人権派弁護士の壮絶な獄中体験 死線を超えてたどり着いた境地(1)

北京在住の弁護士・余文生氏は、2014年9月に香港で起きた民主化要求運動、いわゆる「雨傘運動」を支持した人権活動家である張宗鋼氏の弁護を引き受けたことで、同年10...

当局に軟禁されている中国著名な人権派弁護士、高智晟氏の新著 『2017年、起来中国(2017年、中国よ目を覚まして)』は、6月14日から、香港、台湾で発売されている。(蔡雯文/大纪元)
2016.06.19
軟禁中の中国著名人権派弁護士高智晟、新著『2017年、起来中国』発売へ

当局に軟禁されている中国著名な人権派弁護士、高智晟氏(52)が監視の目をくぐって書き上げた新たな著書はこのほど、台湾や香港で出版、発売された。米政府に難民として保...

米国議会の公聴会で、拷問や性的暴行について証言した法輪功学習者・尹麗萍さん(明慧ネット)
2016.04.20
迫害証言
「黒監獄」で女性へ性的迫害=米公聴会証言(2)

4月14日、米連邦議会議事堂で開かれた「広範囲に及ぶ中国の拷問」に関する公聴会。証言台に立った法輪功学習者、尹麗萍(イン・リーピン)さんは、凄惨な迫害について生々...

高圧電流を収監者の身体に放電する拷問「電撃」再現イラスト(法輪功学習者が作成)
2016.04.20
迫害証言
法輪功迫害は「硝煙のない戦争」=米公聴会証言(1)

米国議会の公聴会で、中国で迫害を受ける法輪功の学習者が、強制収容施設での拷問や性的暴行について証言した。そのなかで、馬三家労働教養所の所長が、法輪功迫害は「硝煙の...

購入した靴下の中に隠されていた、中国収容施設からのSOS手紙を公開した英国人男性(スクリーン・ショット)
2015.12.26
中国製商品から SOS手紙相次ぐ

英紙デイリー・メールの報道によると、英国人男性が最近購入した靴下の中に、中国語で書かれた手紙が隠されていた。差出人は中国で受刑中の直訴者と名乗り、この手紙で助けを...

最高指導部に連名陳情書を提出した弁護士と家族たち(関係者提供)
2015.12.13
国連報告書「中国で拷問・虐待は日常的」

国連拷問禁止委員会(以下、国連委員会)は9日に発表した報告書の中で、中国の警察と刑務所で拷問や虐待が日常的に行われていると断定、即時の停止と、弁護士への不当な身柄...

2015年初め、陜西省の自宅でジャーナリストのインタビューを受けた高智晟弁護士 (AP Photo/Isolda Morillo)
2015.09.24
中国の人権弁護士
「中国共産党体制は2017年に終わる」ノーベル賞候補の中国人権弁護士

中国の著名な人権弁護士・高智晟氏は、刑務所で拘留期間中に書き上げた未発表の著書で、共産党の専制政治は2017年に終わると予測していることが明らかになった。米AP通...

 中国国内で起きた江沢民告訴ラッシュ (大紀元)
2015.06.08
元最高指導者江沢民氏 集団虐殺などで告訴相次ぐ

【大紀元日本6月8日】中国司法当局が5月1日から「然るべき告訴は必ず立件する」という司法改革案を実施したのを受け、中国国内で「江沢民告訴ラッシュ」が起きた。弾圧さ...

2015.05.28
元受刑者の米教授、「悪夢の実体験」と中国拘置所の実態語る 

【大紀元日本5月28日】国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」が今月13日発表した中国の拘置所での拷問・虐待の実態に関する全147ページの報告書は、元被拘禁...

^