大紀元時報
トップ
(Illustration - Shutterstock)
2019.12.17
春夏秋冬 どの季節で生まれたかがあなたの健康を左右する?!

長年に渡って、科学が占星術を参考に、ある研究を続けてきた。今までの調査によると、どの季節に生まれたかによって、人体の健康状態に違いがあることが発見されたのだ。

Puamelia/Flickr
2018.11.27
【医学古今】 秋の風邪に効く漢方薬

風邪なら葛根湯と思っている人は多いかもしれない。しかし、これは漢方医学の考え方ではない。漢方医学で風邪を治療する場合、少なくとも季節の要素、体質の要素及び邪気の性...

京都の秋 (Buddhika Weerasinghe/Getty Images)
2014.11.25
京都、美しき赤い秋

【大紀元日本11月25日】京都の木々は11月中旬から、次々と鮮やかな赤や黄に染まり、秋の訪れと紅葉の季節を語りかける。  歩調をゆるめ、京都ならではの粋な秋景を静...

Puamelia/Flickr
2013.10.08
【医学古今】 秋の風邪に漢方医学

【大紀元日本10月8日】風邪なら葛根湯と思っている方は多いと思います。しかし、これは漢方医学の考え方ではありません。漢方医学で風邪を治療する場合、少なくとも季節の...

2012.10.05
【私の一枚】 秋の旬 さば(鯖)雲

【大紀元日本10月5日】この雲、見事でしょう。この雲はさば雲といいます。私はてっきりいわし(鰯)雲だと思っていました。よく見る雲ですが、秋の雲だったのですね。日本...

(emrank/Creative Commons)
2010.10.15
<今日は何の日?>10月15日 きのこの日

 【大紀元日本10月15日】日本特用林産振興会が1995年(平成7年)に、10月の真ん中である15日を記念日にした。椎茸をはじめ、旬の美味しいきのこを宣伝するのが...

2007.11.30
過ぎ行く秋に思う-俳句募集をかねて-

 【大紀元日本11月30日】中唐の詩人・張籍(ちょうせき、766?-830?)は、秋の気配に家族への思いをつのらせ、次のような詩を詠みました。張籍 【秋思】洛陽城...

2007.11.05
探訪【文化の秋】足柄山の紅葉狩り

 【大紀元日本11月5日】唱歌「金太郎」まさかりかついで きんたろうくまにまたがり おうまのけいこはいしどうどう はいどうどうはいしどうどう はいどうどう 神奈川...

2010年冬季オリンピックの旗がたなびくバンクーバー市役所(大紀元)
2007.10.27
【バンクーバー通信】深まる秋とバンクーバー市役所のストライキ

 【大紀元日本10月27日】前回の「芸術の秋、ストリート・バナー」の中で、ちょこっとご紹介したバンクーバー市役所のストライキ。今現在では三つの組合のうち、市職員の...

釈迦(http://ks556.idv.tw/about.htmより)
2007.10.13
【台湾通信】秋の実り

 【大紀元日本10月13日】 日本の皆様、こんにちは。今回の台湾通信は、台湾の秋の実りをご紹介しましょう。釈迦(Shi-Jia) 釈迦(http://ks556....

(奈良公園にて)
2007.10.08
秋の味覚「鹿せんべいと、もみじ饅頭」

 【大紀元日本10月8日】「鹿せんべい」を食べてみた事がありますか? 鹿せんべいは米糠が主原料です。鹿の顔が描かれた十字くくりの証紙をほどいて、一枚つまんでみまし...

野尻抱影著「星座の話」(偕成社)
2007.10.06
野尻抱影さんに聞く伝説

 【大紀元日本10月6日】中国の魏の国でのお話です。南斗の星は生を管理し、北斗の星は死を司っています。天文や人相を見る名人が農夫の子どもの顔をみて、「ふびんだが,...

2007.10.05
秋の旬の歌~岩崎宏美「思秋期」~

 【大紀元日本10月5日】この秋に阿久悠さんが天国へと旅立ちました。「思秋期」は阿久悠さんが、思春期の少女に贈った秋の歌でした。春の出会いの喜びを胸に秋の別れを涙...

玉入れ(撮影=生熊活宏2007.9.29)
2007.10.04
運動会シーズンたけなわ

 【大紀元日本10月4日】10月に入り日本列島はまさに運動会シーズンたけなわです。スポーツの秋、全国各地の学校、会社、町内会などが、この時期に運動会を開催します。...

2007.10.04
秋の<千の風>

 【大紀元日本10月4日】赤ん坊の生まれたての紅葉(もみじ)のような手は、この世に届けられた白金の輝きです。誰もが千の風=死者の思いを託されて、一人たたずむ楓(カ...

2006.09.08
【季節のテーブル】小さい秋見つけた

鈴虫や 秋澄む空に 盆の月 【大紀元日本9月8日】一説によれば、「お月様」は毎年10センチ位づつ、地球から遠ざかっているそうです。どんどん遠ざかってしまえば、やが...

^