大紀元時報
トップ 科学
科学
(Illustration - Shutterstock)
2019.10.30
有名な科学者はわれわれが死ぬことはないと語る それでは「死は幻想」なのか?

愛する人を失ったときそれは真実のように思われるが、彼らが実は死んでいないとしたらどうだろうか?ある有名な科学者は、身体的な死は生涯の終わりにはほど遠いと考えている...

Gerd Altmann / Pixabay
2019.10.29
11歳の天才少年がホーキング博士に異を唱える 「宇宙を創造したのは神」

アインシュタインやホーキング博士といった稀代の物理学者が唱えた宇宙理論。宇宙の始まりについて当たり前だとされてきたこれらの理論を否定する天才少年が現れました。アメ...

(Illustration - The Epoch Times)
2019.09.18
最も「愚かな」人は誰でしょうか? 論理的思考で解いてみましょう!

人間は様々なテーマに基づいて白熱した議論を交わすことがあります。ただ、場合によっては必ずしも正論が存在するわけでありません。ここでご紹介するクイズに関しても同じこ...

NTDTV
2019.09.07
【不思議な夢】科学の歴史を書き換えた夢(下)

前回はアインシュタイン、メンデレーエフ及びニールス・ボアを紹介しました。 実は、彼らのような物理学者、化学者の他に夢の中でヒントを得た数学者や生物学者もいるのです...

NTDTV
2019.09.06
【不思議な夢】科学の歴史を書き換えた夢(上)

多くの人にとって、夢は神秘めいた不思議なものだと感じます。普段では見られない情景を目にしたり、天国や地獄が見えた人もいたりします。また、亡くなった親戚や友人に会っ...

Tatevosian Yana/Shutterstock
2019.09.06
食物には実はものすごい情報が!

最新の研究で、食物は生きるために必要なものであるだけでなく、強力な情報源であることが明らかになりました。食物は現代においては商品としての経済的価値と栄養源としての...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.26
体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。

2019.06.12
死はただの錯覚?科学の権威者が語る「不死」の意味

愛する人の死、誰にも訪れる命の終焉…悲しみや恐怖に襲われ、死後の世界があればと誰もが思ったことだろう。アジア、とりわけ古代インドの哲学では、死が錯覚だとしている。...

5秒でわかる性格テストの図。絵の番号は上段左から1、2、3、中段左から4、5、6、下段左から7、8、9(大紀元)
2019.02.03
やってみよう
5秒でわかる 世界で最も正確な性格テスト

自分の性格を知りたいという欲求は、だれにでもあるもの。てっとり早く自分を知りたい人は、ぜひ次のテストをお試しあれ。スピーディーで、かつ正確率も世界一高いといわれる...

epochtimes
2019.01.17
神韻へのいざない
誤解5:伝統文化が中国の科学の発展の足を引っ張ってきた

21世紀から古代中国を見ると、今と比べて社会は後退し、世界から取り残されているように見えるかもしれません。しかし、実際はその逆だったのです。

絶食の状態を続けていても、身体はいたって健康なプララド・ジャニさん(GettyImages/Stringer)
2017.07.11
修行のたまもの!
80年近く飲まず食わず インド苦行者 医師らを仰天させる

人間は一生飲まず食わずで生きていけるのでしょうか? 87歳のインド苦行者プララド・ジャニ(Prahlad Jani)さんは70年以上、食べ物も飲み物も一切口にして...

(ネット写真)
2016.10.21
耳と鼓膜を持たないクモも音が聞こえる

アメリカニューヨーク州のコーネル大学(Cornell University)生物学者ギル・メンダ(Gil Menda)が率いるチームの研究で、クモは耳がなくても音...

最近の研究で、青い「きれいな」炎を特定した(The Harry Manback/flickr)
2016.08.13
新たな発見
【動画】青い炎 すすを出さず「きれい」に燃える

米メリーランド大学は最近の研究で、すすを出さず「きれい」に燃焼する青い炎を特定しました。

新通信技術「Li-Fi」を発明した、英国エジンバラ大学のハラルド・ハース(Harald Hass)教授(エジンバラ大学)
2015.12.03
通信技術
Wi-Fiより100倍速い「Li-Fi」とは? 

レストランや駅、空港など街のいたる所で設置されている「Wi-Fi」の無線ネット。動画サイトなどの普及により、もっと高速でインターネットを利用できたらと思う人もいる...

氷の上に座るヴィム・ホフさん
2015.09.05
科学の常識を超えた人たち

科学技術の発展により、人間の生命に関する様々な事象が判明しました。一方、科学では説明のつかない、不可思議な能力を持つ人たちもいます。人々が考える「常識」を超えた、...

道家は人体を小さな宇宙であると認識している
2015.08.28
量子力学から見る「天人合一」

「天人合一」(てんじんごういつ)とは、伝統科学、伝統文化の基礎的な考え方の一つである。この考え方によると、宇宙と人間は一体関係にあり、宇宙のすべての要素が人間に影...

(Jani Lassila/ウィキペディアより)
2014.09.03
オーラの謎

【大紀元日本9月3日】身体の周りを取り囲んでいると言われる「オーラ」。 「後光が差す」という言葉がありますが、古い絵画の聖人の後ろにも描かれています。オーラが存在...

Nickolay Lamm
2014.08.15
幽霊のように人間を包む無線電波

日々発達を続け、私たちを取り囲む無線通信。その電波はどのような形で存在しているのか。

 (JEAN-PHILIPPE KSIAZEK / AFP)
2014.07.08
汚職を抑制する薬? 中国の科学者、まか不思議な脳研究

【大紀元日本7月8日】香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは5日、「汚職官僚の脳は我々の脳と異なるのか」と題する記事で、中国の科学者が腐敗官僚の脳や神経シ...

中世ヨーロッパで行われた瀉血(ウィキペディア)
2014.05.05
「科学は万能ではない」と思わせる10の失敗例

【大紀元日本5月5日】科学の進歩によって、快適で便利な生活を送る私たち。その裏には、科学者たちの涙ぐましい努力があります。何度も失敗を乗り越えて、成功を導きだすに...

Christian Lauersen/Flickr
2013.11.28
暗闇でも手の動きが見える?=米研究

【大紀元日本11月28日】一筋の光もない真っ暗な空間で手を左右に振ってみる。果たして影のような動く物体が見えるだろうか? 脳の認知研究を行っている米科学者によれば...

(新唐人より)
2010.11.30
【漢方の世界】 不妊症(一) 自然の理には背かない

 【大紀元日本11月30日】代理母に代理出産、人工授精など不妊にまつわる言葉がちまたにあふれている。不妊に悩む人がどれほど多いのか、そしてその悩みがどれほど切実な...

人類は、他人を傷つけ、自分を駄目にしてしまう行為を繰り返してきた(spaceodissey/Creative Commons)
2010.08.22
9つの人類の自滅行為

虚言、欺瞞、盗み、自殺、殺人―。われわれ人類は歴史上、他人を傷つけ、自分を駄目にしてしまう行為を繰り返してきた。米科学誌「ライブサイエンス」ウェブ版では、高い知恵...

ニューヨークのある実験室(Chris Hondros/Getty Images)
2010.01.31
米国、科学分野でリードを保持 アジアも躍進

 【大紀元日本1月31日】米国は、世界の科学分野において常にリードを保持しているが、近年、他国も同分野において大いに躍進していると、米国科学委員会(Nationa...

5秒でわかる性格テストの図。絵の番号は上段左から1、2、3、中段左から4、5、6、下段左から7、8、9(大紀元)
2009.05.26
占い
5秒でわかる!やってみよう 世界で最も正確な性格テスト

自分の性格を知りたいという欲求は、だれにでもあるもの。てっとり早く自分を知りたい人は、ぜひ次のテストをお試しあれ。スピーディーで、かつ正確率も世界一高いといわれる...

オーム貝。調和の取れたとても美しい黄金比をなしている。(Photos.com)
2008.11.29
美と調和の数式:黄金比

 【大紀元日本11月29日】新聞やコンピューターのスクリーン、クレジットカード、名刺など日常的によく目にするものから、花びら、貝殻、木の葉など自然界に存在するもの...

コペルニクス(左)とガリレオ(挿絵=大紀元)
2008.09.27
【党文化の解体】第2章(23)「神に対する信仰は、科学研究の妨げにはならない」

 【大紀元日本9月27日】 6)科学者の神に対する信仰は、科学研究の妨げにはならない 前中共総書記・江沢民は訪米した際、当時の米大統領クリントン氏に、「米国では科...

2007.10.31
遺伝子治療の新しい挑戦

 【大紀元日本10月31日】アインシュタインが1905年に相対性理論を提出したことによって、後続の物理学研究に多くの啓発を与え、原子爆弾の誕生に導いた。これによっ...

「サイエンス」誌8月24日号の表紙(「Science」誌のHPより)
2007.10.03
意識と肉体の分離実験に成功=欧州の科学者

 【大紀元日本10月3日】仮想現実体験ゴーグルを用いて脳への知覚シグナルを混乱させ、自分の意識が身体の外に出たような感覚、いわゆる「体外離脱」体験を誘導することに...

戦場で包帯を巻いてもらっている兵士。遠くない将来、止血作用を持つ包帯が使われるようになるかも。(Getty Images)
2007.09.11
人間性を備えた科学の先端技術

 【大紀元日本9月11日】台湾の有名な携帯メーカーの広告に、「科学技術は一貫して人間性から始まる」というものがあり、消費者に大変好感を持たれている。以前から、科学...

^