大紀元時報
トップ 米国務省
米国務省
米国務省(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2019.11.06
米、インド太平洋戦略報告書発表 日台などと関係深化へ 中国を批判

米国務省は11月4日、タイ・バンコクで開催された第2回インド太平洋ビジネスフォーラムで、トランプ政権のインド太平洋戦略に関する報告書を公開した。報告書は、2017...

米国務省の担当者は、中国のテンセント、アリババ、百度3社は中国当局が目指す「監視社会」に手助けをしていると批判した(大紀元資料室)
2019.09.16
「ファーウェイと同じく危険」米当局者が中国IT3強に言及

米国務省の担当者はこのほど、中国IT業界3強のBAT(百度、アリババ、テンセント)と、通信機器大手の中興通訊(ZTE)と華為技術(ファーウェイ)などを名指し、中国...

トランプ大統領は8月18日、「天安門事件のようなことがまた起これば、(中国との)取引は非常に難しくなる」と記者団に述べた(NICHOLAS KAMM/AFP/Getty Images)
2019.08.19
トランプ大統領、「天安門事件また起これば取引困難に」中国を牽制

8月17日、欧州のフェデリカ・モゲリーニ外務安全保障連邦代表とカナダのクリスティア・フリーランド外相は共同声明で、香港市民による高度な自治の支持を表明した。容疑者...

米国務省(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2019.07.23
米国務省、法輪功迫害関与者のリストを受領 「制裁を強化する」 

中国当局に弾圧されている伝統健康法グループ、法輪功の情報を伝える「明慧網」は21日、在米の法輪功学習者は米国務省に対して、中国国内で学習者への迫害政策を策定・関与...

米国務省のサム・ブラウンバック信教の自由担当大使(Samira Bouaou/大紀元)
2019.07.12
米国務省高官「中国など宗教弾圧の国に措置取る」

米国務省のサム・ブラウンバック大使(信教の自由担当)は11日記者団に対して、今後中国当局をはじめとする、宗教迫害を行う国と政府に圧力を強め、対応措置を取るとの方針...

中国通信大手の中興通訊(ZTE)は、アルゼンチン北部の奥地「フフイ(Jujuy州)」に防犯カメラの設置を進めている(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
2019.07.09
ZTE、アルゼンチンで監視制御プロジェクト展開 米政府が懸念

ロイター社によると、中国通信大手の中興通訊(ZTE)はアルゼンチン北部の奥地「フフイ(Jujuy省)」に防犯カメラの設置を進めている。双方は今年3月に金額3000...

米政府は中国人の入国審査を強化しており、発給拒否が相次いでいる(China Photos/Getty Images)
2018.12.25
米国大使館、中国人の入国ビザ拒否が増加 10年ビザの却下も

米トランプ政権は中国共産党政府による知的財産流出防止のため、在中国米国大使館は入国ビザ申請の却下を増加させている。製造大国への政策・中国製造2025を掲げる共産党...

米国務省(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2018.11.30
中国黒龍江省で法輪功学習者を一斉拘束、米国務省「弾圧を中止せよ」

中国東北部の黒龍江省ハルビン市と大慶市当局は9日、地元の法輪功学習者に対して一斉拘束を行い、119人の愛好者を連行した。米国務省は中国当局に対して、法輪功愛好者へ...

米国務省は10日、新たな渡航安全情報を更新した。(AgnosticPreachersKid/Wikimedia commons)
2018.01.15
米当局、渡航安全情報を更新 中国を「十分注意」に引き上げ 

米国務省は10日発表した新たな渡航安全情報では、中国政府が恣意的に中国へ渡航・滞在する外国人を拘束したり出国禁止措置を取ったりするとし、中国(香港を除く)を「十分...

2017.12.18
米政府、法輪功迫害の関与者名簿を収集中=台湾学者

米国務省関係者がこのほど、同省はトランプ大統領の命令で世界各国の人権侵害者を調査していると話した。中では、特には中国の伝統気功、法輪功の愛好者に対する生体臓器摘出...

米国務省の女性幹部職員はこのほど、中国共産党政権の諜報員らとの密通を隠し通すため、捜査妨害などを行ったとして逮捕・起訴された。罪が確定すれば、最高25年の禁固刑を言い渡される(MANDEL NGAN/AFP/Getty Images)
2017.04.04
米国務省幹部、中国諜報員と内通 最高25年禁固刑か

米国務省の女性幹部職員は、中国共産党政権の諜報員と密通したなどとして逮捕された。捜査妨害などの罪が確定すれば、最高25年の禁固刑を言い渡される。

倪玉蘭さん (ネット写真)
2016.03.31
中国人女性が「世界の勇気ある女性賞」受賞 授賞式出席叶わず

米国務省が29日に主催した2016年「世界の勇気ある女性賞」授賞式に、中国当局がパスポート発給を拒否したため、受賞者の1人、中国の著名な女性人権活動家で弁護士の倪...

2014.12.31
国外逃亡汚職幹部の取締 中国の協力要請に米消極的か

【大紀元日本12月31日】中国政府系英字紙チャイナ・デーリーは29日付の報道で、国外逃亡の汚職官僚の不正蓄財を押収するため、中国は米国と関連協定の締結を検討してい...

米国務省の国際宗教自由報告書が挙げた弾圧被害者の一人、懲役18年間の刑に服している中国公安部元高官の李昌さん (明慧ネット)
2014.08.05
米国務省報告書 中国、北朝鮮など8カ国を「特別関心国」

【大紀元日本8月5日】米国務省がこのほど発表した2013年度国際宗教自由報告書は、引き続き中国を「特別関心国」とした。同書は、中国政府によるチベット、ウイグル、法...

米国務省
2014.04.07
拘束されていた4人の人権弁護士釈放 米国務省「深い懸念」=中国黒龍江

【大紀元日本4月7日】中国黒龍江省での弁護士拘束事件で、3日、米国務省は大紀元の記者に「深い懸念」を示し、中国政府に自国民の権利や自由を守るよう促した。 4人の人...

1999年7月以来、人気を集めてきた伝統気功「法輪功」は中国当局により弾圧されているが、海外では学習する者が増えている。特に台湾では、現在約50万余人が法輪功を修練していると言われている(写真・明慧網)
2010.11.21
米国務省年次報告書 中国での法輪功迫害に重大関心

 【大紀元日本11月21日】米国国務省は17日、世界各国の宗教の自由をめぐる年次報告書を公表した。中国やミャンマー、イラン、北朝鮮など8つの国家を「特別な関心を払...

4日、香港で開かれた「天安門事件」21周年の集会。15万人が追悼の火を灯した(大紀元)
2010.06.10
「六・四天安門事件」から21年 米政府、活動家釈放要求 反発する中国政府

 【大紀元日本6月10日】米国務省は4日、「六・四天安門事件」21周年に際し、書面による声明文を発表した。天安門事件で捉えられた政治犯の全員釈放と、同事件での武力...

記者会見で発言するライス米国務長官(TIM SLOAN/AFP/Getty Images)
2007.09.18
米宗教自由年度報告:特に注意すべき国家に、中国ランクイン

 【大紀元日本9月18日】米国務院は9月14日に、世界200カ国および地区に関する宗教自由調査年度報告を発表し、「特に宗教自由活動を深刻に拘束した」国家を「特に注...

北京五輪と人権問題を絡めて言及した声明を掲載した米国務省サイト
2007.06.03
米国務省:天安門事件18周年に向けて声明、北京五輪と人権問題に言及

 【大紀元日本6月3日】米国務省は1日、天安門大虐殺事件から18年目を迎える6月4日に合わせ声明を出し、2008年の北京五輪開催に向けて同事件の再調査を求める国際...

2006.09.27
米2006年度中国人権報告:死刑囚からの臓器摘出を指摘、人権状況の連続後退

 【大紀元日本9月27日】米国務省と米連邦議会中国委員会は9月20日、2006年度の中国人権報告を公表した。同報告では、これまで中共が確かに死刑犯から臓器を摘出し...

人権と民主を推進することは米国の重要な原則であると述べるライス国務長官(AFP)
2006.03.12
米国務省:人権報告書を発表、「中国の人権がさらに悪化」

 【大紀元日本3月12日】米国務省は3月8日、2005年度の国際人権報告書を発表し、中国や北朝鮮などを同列に位置付け、「世界で最も組織的な人権侵害」が行われている...

米商務省の白書で、外国研究員、特に核開発に携わる関係者への管理制限の強化が提案された=米国アリゾナ大学の研究室(Getty Images)
2005.12.07
米国防省・国務省、先端技術の研究員に制限規定

 【大紀元日本12月7日】米国防省はこのほど、先端技術の外国人研究員を制限する規定を新たに提案、来年初に結論が出る予定。米商務省も年末までに同規定を新たに提案する...

訪中前のブッシュ米大統領に父親の解放を求めるダニエラ・ワン氏(大紀元)
2005.11.18
ブッシュ米大統領訪中前に法輪功の請願

【大紀元日本11月18日】法輪功の一団が11月10日にワシントン特別区のファラガット広場に集まり、11月19~21日にかけて中国を訪問するブッシュ米大統領に、中国...

米国務省スポークスマン、シェーン・マコーマック氏(米国務省)
2005.08.24
米国務省:マ政府による報道の自由侵害をけん責

【大紀元8月24日】米国務省スポークスマン・シェーン・マコーマック氏は、8月17日の定例記者会見で、米国は新聞報道の自由を支持し、言論の自由を特に重要視しているこ...

^