大紀元時報
トップ 腫瘍
腫瘍
(L: YouTube Screenshot | ArnoldPalmerHospital, R: Illustration - Shutterstock)
2020.04.11
娘とバージンロードを歩くことを断った父親の感動的な理由とは

女の子が産まれると、いつか娘とバージンロードを歩くことは全ての父親の夢。あるクリスマスの前日、マーク・ウィリアムズのその夢は予期せぬ危険に晒されることになりました...

(Shutterstock)
2020.04.09
心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただ...

Google Street View
2020.03.27
テキサスの少女に訪れた『奇跡』 手術不可能と言われた脳腫瘍が消失

地方紙によると、テキサスに住む少女の脳腫瘍が奇跡的に消失したという。12NewsNowによると、ロキシル・ドスはびまん性橋膠腫(DIPG)と診断された。「とてもま...

(Illustration - Shutterstock)
2019.10.16
心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただ...

Google Street View
2019.09.06
テキサスの少女に訪れた『奇跡』 手術不可能と言われた脳腫瘍が消失

地方紙によると、テキサスに住む少女の脳腫瘍が奇跡的に消失したという。12NewsNowによると、ロキシル・ドスはびまん性橋膠腫(DIPG)と診断された。「とてもま...

Jarmoluk / Pixabay
2019.09.03
クウェート人の子ども 人生を左右する手術で大きな腫瘍を切除

顔に大きな腫瘍がある子どもを持つクウェート人の家族は、治療をするために数千マイルもの旅をしました。1歳ぐらいのノール・ヌネズとその家族は、彼女の顔にある非がん性血...

(L: YouTube Screenshot | ArnoldPalmerHospital, R: Illustration - Shutterstock)
2019.09.01
娘とバージンロードを歩くことを断った父親の感動的な理由とは

女の子が産まれると、いつか娘とバージンロードを歩くことは全ての父親の夢。あるクリスマスの前日、マーク・ウィリアムズのその夢は予期せぬ危険に晒されることになりました...

(YouTube Screenshot | Inside Edition)
2019.08.20
巨大腫瘍を持った赤ちゃん、驚きのビフォーアフター

この少女には生まれつき巨大な腫瘍がありました。両親は彼女の将来を心配していましたが、幸いなことにニューヨーク市の優秀な外科医に出会い、劇的な変貌を遂げました。

Shutterstock
2019.08.06
胎児に10万人に1人の腫瘍 母親と医師の執念で誕生した「小さな天使」

17週目を迎える胎児の口から出ている奇妙な気泡の正体が、実は致命的な腫瘍だと知った時、母親は「必ず助かる方法がある」と自分に言い聞かせた。医者からは妊娠を終わらせ...

(NTD Inspired)
2018.01.17
体験談
手術も薬もいらず 修煉して喉のガンが消えた

昔から言われている「病は気から」という言葉を信じている人はどれくらいいるでしょうか?修煉の本に従って心を修め、気功で身体を鍛錬した女性のガンが消失しました。西洋医...

米政府研究機関の国家毒性プログラム(NTP)が携帯電話から出る放射能で発がんするリスクがあると示した。(Fotolia)
2016.05.30
携帯の放射能でがんリスク高まるか=米政府研究機関

 米政府研究機関がこのほど、長い間議論されてきた携帯電話が発生する放射能で、利用者ががんリスクを高める可能性を指摘する研究結果を発表した。5月28日付米紙「ウォー...

2012.01.17
咳で癌組織が排出され、そのまま治癒=英国

 【大紀元日本1月17日】先日、咳で体内の癌細胞が排出され、癌が治ってしまったというニュースが伝えられた。 英紙デイリー・メール(ウェブ版)によると、この事が起き...

2008.02.04
【ショートストーリー】馬鹿

 【大紀元日本2月4日】昔々、ある所に強権を発動する王がいた。 王は、国内を治めるため、また自らの権力基盤を安定させようとして、白を黒といいくるめる自らの宣揚にく...

胎児が持つ強い防御能力のある微細胞複合体が母体に移るため、出産経験のある女性の乳がん発生に予防作用を発揮しているという (photos.com)
2007.10.10
出産経験女性が乳がんに罹りにくい原因を究明=米最新研究

 【大紀元日本10月10日】ワシントン大学とシアトルのフレッド・ハッチンソン(Fred Hutchinson)癌研究センターの研究チームの研究では、出産経験のある...

^