大紀元時報
トップ 薬物
薬物
(参考写真)
2020.07.23
厚労省、海外ネット購入の健康食品49製品から医薬品成分 中国製が最多

厚生労働省は7月22日、平成30年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果について発表した。それによると、強壮効果をうたう健康食品55製品のうち49製品から、...

(Illustration - Shutterstock)
2019.09.13
ルームメイトの薬を盗む薬物依存症の男、盗んだ薬が実は下剤!?

盗みに失敗する泥棒は、調査不足なのか、強盗に押し入った先で外に出られなくなり、警察に出してもらわなければならなかったり、逃走中に金品をすべて落としてしまったりと「...

アリゾナ州の国境税関が押収した違法フェンタニル。参考写真 (Mamta Popat/Arizona Daily Star via AP)
2019.09.04
上海発コンテナ船に750億円相当のフェンタニル「中国は引き続き毒を送っている」=米当局

メキシコ海軍は同国カルデナス港で、中国の上海発デンマーク籍のコンテナ船から、25トンものフェンタニル粉末を発見し、押収した。末端価格は750億円相当におよぶ。米麻...

2019年8月、コンゴで、エボラ出血熱のワクチンを用意する看護師。参考写真(GettyImages)
2019.08.08
中国人科学者、カナダ旅客機でエボラ出血熱の生きたウイルスを輸送

カナダ国国立微生物生物研究所の中国出身の科学者2人は3月末、北京にエボラ出血熱など複数の生きたウイルスを送付していた。知的財産の窃盗の疑いが持たれており、カナダ警...

ドイツ外務省は7月20日、同省ホームページに公告を掲載し、中国共産党の法輪功に対する迫害を非難した(同省ホームページ)
2019.08.05
ドイツ外務省、中国の法輪功迫害を非難

ドイツ外務省は7月20日、同省ホームページに公告を掲載し、中国共産党の法輪功に対する迫害を非難した。1999年7月20日、中国共産党による法輪功学習者への迫害は始...

オピオイド系鎮痛剤 (Photo by John Moore/Getty Images)
2019.08.01
米委員会、中国製薬品への深刻な依存に警鐘「10年後、ジェネリック製造力失う」

中国は世界的なジェネリック医薬品と医薬品原料の主要輸出国だ。専門家らは、米国市場に長年製品を供給してきた中国の製薬業界は、国家安全保障上の脅威であると分析する。...

「移民はいいが不法移民はダメ」と書かれたプラカードを持つ男性(Charlotte Cuthbertson/The Epoch Times)
2018.11.22
不法移民キャラバンは「侵略」 メキシコ人が国境の町で抗議活動

アメリカに接するメキシコ国境の町・ティフアナでは今、不法移民問題が先鋭化している。11月18日、数百人の住民が不法移民キャラバンに反対する抗議活動を行った。不法移...

客室乗務員が「運び屋」を務め、運搬されていたコカイン27キロ(Los Angels Airport Police)
2018.04.12
飛行機の客室乗務員が「運び屋」ケースにぎっしり3億円分のコカイン=LA

薬物を流通させた罪でロサンゼルスで服役した、米航空会社の元女性客室乗務員が4月、釈放された。ミス・ジャマイカにも選ばれたことのあるこの女性は2年前、キャリーケース...

欧米に毎月6000万円相当の覚せい剤を輸出していたとして、中国武漢の大学の准教授に6日、有罪判決が下った。(Dimitris Kalogeropoylos/flickr)
2016.12.10
違法ドラッグ
欧米に毎月6000万円相当 覚せい剤を製造・密輸 武漢の准教授に有罪

欧米に毎月6000万円相当の覚せい剤を輸出していたとして、昨年逮捕された中国武漢の大学の准教授に6日、有罪判決が下った。

中国の地方役人の薬物乱用が深刻な問題となっている(Dean Hochman/Flickr)
2015.12.14
腐敗役人
賭博、乱交パーティ、覚せい剤…おぼれる中国共産党幹部

中国国営メディアによると、共産党幹部内で覚せい剤の濫用が深刻な問題となっている。麻薬捜査当局は、多くの共産党幹部が共謀して覚せい剤を使用し、賭博や乱交パーティを開...

 薬物で漂白された豚足 (ネット写真)
2014.09.10
卸売市場、「美白」豚足を記者が摘発=北京市

【大紀元日本9月10日】後を絶たない中国の有毒食品。今回の出番は豚足だ。9日付北京地方紙・新京報は、北京市内のある食肉卸売市場で販売されている豚足は、苛性ソーダと...

2011.01.06
年間20万人が薬物の不良反応により死亡 4割は抗生物質の乱用が原因=中国

 【大紀元日本1月6日】中国では年間約20万人が薬物の不良反応により死亡している。この中の4割は抗生物質の乱用による死亡とみられる。入院患者の抗生物質使用率は7割...

2007.11.06
中国からの薬物原料、ニセ薬に使われ欧米市場に出回る

 【大紀元日本11月6日】中国の化学公司が生産した薬物原料が国際市場に流入し、ニセ薬の製造に使用されている。ここ数年来これらのニセ薬およびその原料はますます欧米薬...

2006年2月6日、広州市駅前広場で、薬物を注射する男性ら。情報筋によると、広州市駅周辺は、常に麻薬常用者の溜まり場である(Getty Images)
2006.06.27
「国際薬物乱用・不正取引防止デー」、中国の深刻な事情

 【大紀元日本6月27日】国際薬物乱用・不正取引防止デーの6月26日にあたり、中共国家麻薬・薬物乱用禁止委員会(以下、国家禁毒委)は「2006年中国麻薬・薬物乱用...

^