長江の洪水 自然災害

長江の洪水 128人死亡 台風で被害拡大の懸念

2016/07/06
更新: 2016/07/06
コメント

中国国営メディアによると、6月末から続く豪雨により、中国最長の河川・長江の流域の住民128人が死亡し、130万人が避難を強いられている。また、週末には台風が接近するため、被害は拡大すると予想されている。

記録的な降雨量で、長江流域では4万1000世帯が住宅損壊し、数百万世帯がその危険にさらされている。

北京の京報ネットによると、上海の近くの太湖の水位は数十年で最高の水位に達し、台風の影響で氾濫の危険性がさらに高まっている。

新華社は5日、この災害による損害が381億6000万元(約5808億円)以上と伝えた。

中国南部では毎年、梅雨が訪れるが、今年は雨量が記録的に多くなる見込み。6月、汪洋副首相は、今年はエルニーニョ現象の強い影響で、長江や准河流域で洪水の可能性が高まると注意をうながしていた。

(翻訳編集・佐渡道代)