大紀元時報

インドネシアで津波 火山による海底地すべり起因か 62人死亡 数百人負傷

2018年12月23日 14時08分
12月22日夜、アナク・クラカタウ火山の活動に起因するとみられる津波がジャワ島を襲った(SEMI/AFP/Getty Images)
12月22日夜、アナク・クラカタウ火山の活動に起因するとみられる津波がジャワ島を襲った(SEMI/AFP/Getty Images)

インドネシアの災害当局によると、22日夜に発生した火山活動による海底地すべりは津波を引き起こし、スマトラ島とジャワ島で少なくとも62人が死亡、数百人が負傷した。さらに何百もの家が全壊、倒壊しており、多数の行方不明者が出ている。

国家災害当局報道官Sutopo Purwo Nugroho氏によると、津波はアナク・クラカタウ火山の活動による海底地すべりによって引き起こされ、新月による高潮は被害の規模を拡大させた可能性があると述べた。噴火活動は津波発生の24分前に起きた。

報道官によると、最も深刻な被害を受けた地域は、ジャワ島のバンテン州Padenglang地域で、人気の美しいビーチのある観光地Ujung Kulon国立公園が含まれる。同地域から33人の死者が出ているという。

被災映像の一部としてショッキングな映像が出回っている。豪州テレビABCのインドネシア支局担当デービッド・リプソン氏はSNSで、津波発生時にTanjung Lesungビーチリゾートでコンサートを開催していた韓国の音楽バンド・セブンティーンと観客が被災する映像を掲載。ステージ背面から襲ってきた津波により、演奏者や観客が押し流された。現地報道によると、バンドメンバーの1人と家族は犠牲になったという。

世界の地震を観測する米国地質学研究所によると、この地域では22日当日、大型地震は観測されていない。

クラカタウは活発な噴火活動を継続する火山島。航空路火山灰情報センター(VAAC)によると翌23日、クラカタウ火山は大規模に噴火し、噴煙が火口から約1万6千メートルまで上がった。

大規模な火山の噴火は山の斜面を崩壊させ、津波を引き起こす可能性がある。類似する例として、日本の災害記録によると、18世紀雲仙岳の噴火で眉山が崩壊し、津波が対岸の肥後国(熊本)を襲った島原大変肥後迷惑がある。

(編集・佐渡道世)

関連キーワード
^