米、ロシア産原油禁輸で同盟国に圧力かけず=エネルギー長官

2022/03/09
更新: 2022/03/09
コメント

[8日 ロイター] – グランホルム米エネルギー長官は8日、ロシアからの原油・エネルギー輸入を禁止するよう同盟国に圧力をかけることはないと強調した。

ウクライナに侵攻したロシアへの制裁として、バイデン米大統領は8日、ロシア産の原油や天然ガス石炭の輸入を禁止すると発表した。

グランホルム長官はCNBCのインタビューで「(米国)はロシア産原油にさほど依存せず、ロシア産ガスには全く依存していない。だが、世界の同盟国が必ずしもそうでないということを理解している」とし、同盟国に同じ対応を求めていないと述べた。

石油備蓄の追加放出について、他国と積極的に協議していることも明らかにした。

その上で、世界の全産油国に増産を呼び掛け、落ち込む可能性のあるロシア産原油供給を補う必要があると訴えた。

Reuters
Reuters