令和に生きる「そろばん」の知恵

令和の現代に生きる「算盤の良さ」について、長年にわたり都内で珠算教室を運営し、とくに幼児から小学校低学年を対象として、ソロバンを基礎とする暗算を指導する菊池正芳氏は、大紀元の取材に対し、以下のように話してくれました
2024/02/23 大道修, 鳥飼聡

西方極樂世界遊記(下)【未解決ミステリー】

極楽浄土へとやってきた寬淨法師は、観音菩薩様に案内されて、九品蓮花、すなわち各段階の人々(衆生)が置かれている生活環境を見に行きました
2024/02/20 扶搖

西方極楽世界遊記 (上)【未解決ミステリー】

1967年旧暦10月25日、福建省の麦斜岩寺の住職・寬淨法師は突如姿を消しました。最終的に救助隊まで出動しましたが、その姿はどこにもありませんでした。法師の行方が謎めいたまま、6、7年過ぎ、ある日、何の前触れもなく、法師は再び姿を現したのです。では、この期間中、寬淨法師はいったいどこに居たのでしょうか?
2024/02/19 扶搖

高智晟著『神とともに戦う』(86)権利を護りぬいた軌跡「この政権の敵は他でもない」(5)

老いた田宝成さんの連れ合いの張翠平さんも数年来、ずっと上海市政府による非人道的な迫害を受け続けてきた。ここでは証言のごく一部を、下記の通りに抜粋した。 「ある日、魯世玉、施有才
2024/02/19

高智晟著『神とともに戦う』(85)権利を護りぬいた軌跡「この政権の敵は他でもない」(4)

田宝成夫婦は陳情をしたという理由で上海市政府から数年にわたって受けた迫害の体験を、3万字に及ぶ告発資料にして綴ってくれた。老夫婦がこの数年間に受けた、人間性の欠如した痛ましい迫
2024/02/15

高智晟著『神とともに戦う』(84)権利を護りぬいた軌跡「この政権の敵は他でもない」(3)

年配の杜陽明さんは、次のように陳述した。 「2003年4月24日、私は手紙を握り締めて閘北(こうほく)区陳情オフィスへと向かいました。いきなりでっち上げの“民衆を扇動して国家
2024/02/14

予言者ジーンは世界を予言した その3 2037年に新時代が訪れる?【未解決ミステリー】

1953年5月14日、米国のNBCテレビ局は、元駐中国アメリカ大使パトリック・J・ハーリー夫妻、海軍陸戦部隊指揮官のレミュエル・C・シェパード、元駐ソ連アメリカ大使のジョセフ・E・デイヴィス、そして、世界的に有名な予言者ジーン・ディクソンを招き、ジーンに未来の世界の政治情勢について予測してもらいました。
2024/02/13 扶搖

高智晟著『神とともに戦う』(83)権利を護りぬいた軌跡「この政権の敵は他でもない」(2)

「2003年2月15日、私は“市人民代表大会”宛てに三通の手紙を送りました。16日午前8時頃、私は実家に向かう途中で自警団員に尾行されていることに気づき、バスを降りると41954
2024/02/13

高智晟著『神とともに戦う』(82)権利を護りぬいた軌跡「この政権の敵は他でもない」(1)

執政政府を自称する中共は、何者かによって政権を転覆させられることを恐れ、内心では常に気をもんでいる。その恐怖と焦燥は既に手に付けられないほど病的であり、例えば疑いの目を向けた
2024/02/10

高智晟著『神とともに戦う』(81)権利を護りぬいた軌跡「一つの省と一人の盲人との間の戦争」(2)

この一人の盲人との戦争において見られた効率的でタイムリーな国家機関の動員、迅速な暴力資源の投入といった能力の高さは驚く程である。手強い相手――盲人の陳光誠氏を屈服させるため、
2024/02/09

高智晟著『神とともに戦う』(80)権利を護りぬいた軌跡「一つの省と一人の盲人との間の戦争」(1)

中国山東省の強大さは完全に「東部沿海地域」という理由に依拠している。2005年下半期から現在にわたり、山東省は一人の盲人との戦争を通じてこの沿海地域の忍耐力と強大さを世界中に
2024/02/07

汚いことはきれいなこと?

先日、別々の用件で来社した出版社のH部長さんと、某ホテルの総支配人だったKさんが再会を喜んでいたので、どこで接点があったのかと聞いてみると、鍵山秀三郎さんのお勉強会で一緒だったとのこと。
2024/02/06

高智晟著『神とともに戦う』(79)権利を護りぬいた軌跡「納税者への扱いは獣以下だ」

2003年以降、太石村や陜北油田事件と同じような、役人が民衆を虐待する血も涙もない事件が次から次へと発生した。しかも残酷な迫害を受けた公民には、一向に冤罪を訴える場所がないの
2024/01/24

高智晟著『神とともに戦う』(78)権利を護りぬいた軌跡「納税者への扱いは獣以下だ」(1)

広州市当局が平和的に権利を求めた同胞に対して、再び悪辣な手を下したことを聞いて実に驚いた。中華人民共和国の普通の公民として、広州市当局が公然と憚ることなく納税者へ野蛮で残虐な
2024/01/23

予言者ジーンは世界を予言した その2 最も予期せぬ大統領選挙【未解決ミステリー】

20世紀で最も有名な占星術師で超能力者の1人であるジーン・ディクソン。彼女は多くの歴史的事件を正確に予測し、米国大統領を含むさまざまな国の政治家、著名人、財界人が積極的に彼女の助言を求めました。
2024/01/22 扶搖

予言者ジーン・その1 ケネディ家の「呪い」【未解決のミステリー】

第35代アメリカ合衆国大統領であるジョン・F・ケネディは、就任当初から高い評価を得ており、再選の期待も高かったのですが、1963年11月22日、テキサス州ダラスで起きた銃撃で、その夢は打ち砕かれました。
2024/01/19 扶揺

高智晟著『神とともに戦う』(77)権利を護りぬいた軌跡「マスメディアは人としてあるべき所に立ち返るべきだ」(2)

あれから一年が経ったが、私はまた偶然にも「南方週末」で同様の文書を目にした。掲載記事「庶民的な常務委員・劉春樵氏」の概要であるが、前中央委員で元湖南省常務委員会委員の劉春樵氏は
2024/01/19

チンギス・カン――「プレスター・ジョン」の伝説【千古英雄伝】

中世のヨーロッパにこのような伝説が流れています。遥か遠い東方の地にある英雄が現れ、その名は「プレスター・ジョン」という。彼はイスラム教国に勝利を収め、その首都を占領しました。

高智晟著『神とともに戦う』(76)権利を護りぬいた軌跡「マスメディアは人としてあるべき所に立ち返るべきだ」(1)

最近、各大手マスメディアが躍起になって偽物のニュースを根絶すると言っているのだが、人々はこれを不思議に思っている。半世紀あまり偽物のニュースを作り続けてきた中国マスメディアが
2024/01/18

高智晟著『神とともに戦う』(75)権利を護りぬいた軌跡「ヒューマニズムに勝るものなし

過去6年間、中国人が見たのは政治運動の再来であり、組織的かつ緻密な迫害運動であった。「610弁公室」と呼ばれるテロリズム的な組織により、1億人にのぼる法輪功修煉者に対して「名
2024/01/17

秦の始皇帝――中国最初の「皇帝」【千古英雄伝】

秦の始皇帝は、中国の歴史の中で非常に物議を醸す人物です。秦の始皇帝の功績評価の中で、積極的な評価には、中国の統一、政治制度の創設、中国領土の確立に重要な役割を果したことです。
2024/01/16 淑萍

高智晟著『神とともに戦う』(74)権利を護りぬいた軌跡「ヒューマニズムに勝るものなし」(2)

「どうにもならない」その上「なんともしようがない」と実感させられているのは、この数年来、法輪功修煉者を連行する口実がとんでもない理由にまで発展してしまったからだ。๼
2024/01/16

秦の始皇帝――始皇帝の死【千古英雄伝】

秦の始皇帝は荘襄王の子で、姓は嬴、名は政で、荘襄王の跡を継いで秦王に即位した。始皇帝は即位後、26年間にわたる東西遠征の末、6ヶ国を征服し、天下を統一した。
2024/01/13 史然

神秘的な深海 宇宙人の秘密基地?【未解決ミステリー】

2009年7月、ロシア国営メディアの「RT」は、ロシア海軍が未確認潜水物体(USO)の記録を既に一部機密解除し、これにより、USOの話はより深刻に捉えられるようになりました。
2024/01/13 扶揺

科学か詐欺か? 水は自ら記憶する

近年、メモリ機能を備えた製品がますます普及しています。 柔らかくて快適な形状記憶マットレス、お湯に浸すと変形しても魔法のように元に戻る形状記憶メガネ、携帯電話で写真を撮るためのオートフォーカス機能、更にはハイテクな翼の変形技術まで、どれもみな存在感があります。 しかし、記憶を持つ水について聞いたことがありますか?
2024/01/13 扶搖

第三次世界大戦は起こるのか?【未解決ミステリー】

1914年6月28日、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで、あるセルビアの青年民族主義者が訪問中のオーストリアの皇太子フランツ・フェルディナントとその妻を暗殺しました。その1か月後、オーストリアはセルビアに宣戦布告し、第一次世界大戦が勃発しました。
2024/01/11 扶摇

年末のお掃除していたら人生は変わったかも

いつからか、年末年始の特別な感覚がないまま、新しい年を迎えてしまうようになっている。
2024/01/02 小泉道子

チベット高原に巨大空洞 地下世界を発見?【未解決ミステリー】

古くから、チベット高原では、ある伝説が語り継がれてきました。ヒマラヤ山脈の下に空洞があり、そこには謎の通路が地下世界に通じている。その世界は文明が高度に発達し、地上とは異なる全く新しい世界だというのです。
2023/12/27 扶搖

高智晟著『神とともに戦う』(73) 権利を護りぬいた軌跡「ヒューマニズムに勝るものなし」

【大紀元日本11月22日】1999年7月20日から始まったのが、中国政府が法の枠外で行っている、「法輪功(ファルンゴン)」の同胞への赤裸々な迫害である。それから6年を迎えようとしていたとき、河北省の
2023/12/27