盲目の少女の物語 人生は贈り物

ひとりの盲目の少女がいた。彼女は、盲目ということで自分自身を嫌っていた。
2020/04/17

「老い」に対する認識の変化

私は現在66歳ですが「高齢者」の認識は変わってきているように感じます。そう感じているのは私だけではないはずです。
2020/04/13

傷ついた孫に祖母の教訓 にんじんと卵とコーヒー

名言は大切な教えを印象づけてくれます。読者は本から恩恵を得ることができます。今日はささやかなお話をひとつ楽しんでくれることを期待しています。
2020/04/11

「人生で一番大切なことは何?」 医師の問いに答える末期症状の子どもたち その珠玉の答えとは

私たちは日常生活の中で、大切なことをつい忘れてしまいがちですよね。iPhoneの最新型をどうやって手に入れるか、素敵な服を買うためのお金をどうやって工面するかに悩むことはあっても、身近で素朴なことを忘れてしまうものです。
2020/04/06

テレビ番組が提供した1万ドル相当の歯科治療で大変身!

この女性は、ボーイフレンドの元交際相手からずっと受けている嫌がらせを止めて欲しいと2015年にイギリスのテレビ番組『ジェレミー・カイル・ショー』に出演。その意志とは裏腹に、視聴者からは彼女の歯並びに対するかなりひどいコメントの嵐となります。しかしその災難の末、彼女は大変身を遂げることに。
2020/04/06

今日をシンプルに生きる 5つの方法

シンプルライフを送ることはいいことですが、まず生活を簡素にするまでがややこしいと思う人もいるかもしれません。ここでは人生を簡単にシンプルにする方法をご紹介します。
2020/04/01

なけなしのお米を「分け与えた」物乞いが「与えられたもの」

人生の教訓となる言葉の数々、それが格言です。「与える心に多くが集まる」「与えることによって与えられる」こんな格言がぴったりの昔話をご紹介させて頂きます。
2020/03/30

何でもないことなのに妄想を抱けば、トラブルを招く?

楽広は河南の長官で、親しい客があったが、久しく来なかった。そのわけを聞くと、答えて言った「以前にそちらで、お酒をちょうだいしたとき、飲もうとすると、杯の中に蛇がいるのが見えて、気分が悪くなりましたが、そのお酒を飲むと病気になりました」
2020/03/29

死は人生の一部であり恐ろしいものではない

リチャードが15歳の時に義理の父を、17歳の時にアルコール依存症だった実の父を亡くしており、現在は退職し72歳の彼は大人になってからもずっと、何をしていてもいつも「死」が頭の中にありました。
2020/03/22

人生のレッスン:20年分の給料よりも、3つのアドバイスを選んだ理由

人生は辛抱の連続。何かを成し遂げるためには、時に犠牲を払わなければならなかったり、その選択が間違った方向に転換してしまったりすることもあります。ここでは三つのアドバイスを手に入れ、それを乗り越えた農民の寓話を紹介しましょう。
2020/03/19

小さな面倒なことの裏 神様があなたを守るかもしれない

日常生活の中での出来事は、たとえそれがそれほど小さいものであったとしても、人生に大きな影響を及ぼす可能性がある。 例えば、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロのあった日、たくさんの人が幸運にも生き延びることができた。その原因は様々で、本人にとって面倒なことであることも多い。
2020/03/11

「誕生時にスイッチされた」DNAテストで判明 72歳の女性ふたり 

人間は生まれた時から、自分では決められない要素に縛られています。性別や容姿、能力だけでなく、家庭環境もしかり。病院の手違いにより、別の人生を歩んだ女性たちにとって、それは紛れもない現実でした。
2019/11/26

上半身しかない女の子の奮闘記

中国中部の河南省南陽市に住む王娟さんは4歳の時、トラクターに轢かれて両足を失った。娘の悲劇に耐えかねた母親は自殺し、父親は家を出て戻ってこなかった。祖父母に引き取られ、育てられた王娟さんは現在23歳。「足がないということ以外、私は他の人と何も変わりません。手を使って、自分にしか歩めない人生の道を、輝きながら進んでいくつもりです」と話した。
2019/11/26

「人生で一番大切なことは何?」 医師の問いに答える末期症状の子どもたち その珠玉の答えとは

私たちは日常生活の中で、大切なことをつい忘れてしまいがちですよね。iPhoneの最新型をどうやって手に入れるか、素敵な服を買うためのお金をどうやって工面するかに悩むことはあっても、身近で素朴なことを忘れてしまうものです。
2019/09/16

今日をシンプルに生きる 5つの方法

シンプルライフを送ることはいいことですが、まず生活を簡素にするまでがややこしいと思う人もいるかもしれません。ここでは人生を簡単にシンプルにする方法をご紹介します。
2019/09/10

死は人生の一部であり恐ろしいものではない

リチャードが15歳の時に義理の父を、17歳の時にアルコール依存症だった実の父を亡くしており、現在は退職し72歳の彼は大人になってからもずっと、何をしていてもいつも「死」が頭の中にありました。
2019/09/06

傷ついた孫に祖母の教訓 にんじんと卵とコーヒー

名言は大切な教えを印象づけてくれます。読者は本から恩恵を得ることができます。今日はささやかなお話をひとつ楽しんでくれることを期待しています。
2019/08/24

「老い」に対する認識の変化

私は現在66歳ですが「高齢者」の認識は変わってきているように感じます。そう感じているのは私だけではないはずです。
2019/08/22

なけなしのお米を「分け与えた」物乞いが「与えられたもの」

人生の教訓となる言葉の数々、それが格言です。「与える心に多くが集まる」「与えることによって与えられる」こんな格言がぴったりの昔話をご紹介させて頂きます。
2019/08/20

人生のレッスン:20年分の給料よりも、3つのアドバイスを選んだ理由

人生は辛抱の連続。何かを成し遂げるためには、時に犠牲を払わなければならなかったり、その選択が間違った方向に転換してしまったりすることもあります。ここでは三つのアドバイスを手に入れ、それを乗り越えた農民の寓話を紹介しましょう。
2019/08/08

高いところから物事を見ることの大切さ

娘と公園に行く時、決まって迷路で遊んだ。 前まではいつも娘の手を繋いで、右往左往しながら出口を探したものだ。袋小路に入ってしまうと、私たちはいつも大笑いした。出口を見つけた場合も声に出して笑った。とにかく迷路は楽しい。しかし、娘が自分一人で迷路を歩きたいと言ってきたときは、ちょっと心配になった。もし出口を見つけられなかったときには怖がるかもしれない。娘はひとりでも大丈夫だと言ったので、冒険に行かせた。
2018/11/23

小さな面倒なことの裏 神様があなたを守るかもしれない

日常生活の中での出来事は、たとえそれがそれほど小さいものであったとしても、人生に大きな影響を及ぼす可能性がある。 例えば、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロのあった日、たくさんの人が幸運にも生き延びることができた。その原因は様々で、本人にとって面倒なことであることも多い。
2018/11/23

「誕生時にスイッチされた」DNAテストで判明 72歳の女性ふたり 

人間は生まれた時から、自分では決められない要素に縛られています。性別や容姿、能力だけでなく、家庭環境もしかり。病院の手違いにより、別の人生を歩んだ女性たちにとって、それは紛れもない現実でした。
2018/07/10

雑念を除き、よい考えを「選択」するには?

本を買うお金もないほどの貧困家庭に生まれながら、苦労を重ねて難関大学に入学し、独学で弁護士の資格を取得した台湾の許峰源(シュイ・フォンユェン)氏。コンサルタントや金融企業の顧問を経て、今は作家として活躍している。台湾で知らない人はいないほどの有名人となった許氏が、「運命を決める考えの見極め方」を語る。
2017/11/28

ポジティブ心理学の提唱する「幸せになる方法」

米国ハーバード大学の学生たちに大変人気のある授業があります。それは、ポジティブ心理学が専門のタル・ベン・シャハー(Tal Ben Shahar)教授が教える「幸せになる方法」の講義。教授が2004年に講義を始めると、たちまち人気№1になりました。
2017/04/25

今のあなたは自分が描いた人生になっていますか?

親子の日常を描いたアニメーション「Alike」が最近ネットで話題を呼んでいる。スペインex Pepe-School-Land studentsのスタッフが制作した7分間の作品で、ゴヤ賞2016(スペインのアカデミー賞)短編アニメーション賞を受賞し、アンカレッジ国際映画祭2016のベストアニメーションに選ばれた。
2017/01/29

中国漫画「どうして勉強するの?」が話題に 行き過ぎた学歴偏重を顧みる

 ネット上で漫画「孩子,我为什么要你努力读书?(ママが頑張って勉強しなさいって言うわけ、あなたに分かる?)」が話題になっている。ごく短いセリフとシンプルな絵柄で構成されているが、受験教育一辺倒の中国において、本当の教育とは何かを深く考えさせられる。
2016/12/10

「あなたが私に教えてくれた」ある教師と生徒の絆

クラスメイトの誰にも心を開かず、いつも不潔な身なりで、成績も振るわず、人から好かれるなど無縁のような小学5年生のテディ。ある日、担任の先生がテディの記録資料を読んで、自分の目を疑った。
2016/04/29

宴の席で 高僧が弟子に教えたこと

ある宴会の席でのこと。高僧に同行した弟子は、肉が精進料理に混ざっていることに気がついた。家の主人に知ってもらおうと、わざとその肉を見えるように料理の上に載せた。それを見た隣にいた高僧は、箸で素早くその肉を他の具の下に隠したが、弟子は再び肉を挟んで料理の上に置いた。しかし高僧は、またもやその肉を隠してしまった。
2016/04/28

メルボルンの陽気な電車運転士

空は薄暗くどんよりとしていた。しとしとと霧雨が降り続く土曜日の朝、109号メルボルン港行きの電車の乗客たちは、皆沈んだ表情だった。その時、車内アナウンスが流れた。「ご乗車の皆様、どうぞ、ご着席ください。進行中の電車は決してダンスの練習場所ではないですよ」。陽気な声が響き、乗客たちは爆笑する。声の主は運転士のブルース・ワリーさん(Bruce Whalley)。メルボルンで最も楽天的な電車の運転士である。
2016/03/01