冤罪の怨念? 甘粛省張掖市、またしても夏に雪が降る

雪が降るはずもない真夏に、中国でまたしても雪が降った。
2024/07/07 李凌

極めて異例 国防相経験者が一度に2人も処分

中国で国防相経験者2人の処分発表や重要会議の日程が発表された日、北京では突如、「雪」が降った。
2024/06/29 李凌

冤罪の怨念? 「六月飛霜」 冬でもない季節にまたしても雪が降る

怨念が渦巻く中国で、「またしも」雪が降るはずもない真夏に、雪が降った。
2024/06/21 李凌

「幽霊」が暴露した2つの冤罪 その判決は如何に(上)

紀昀(きいん)の著作『閱微草堂筆記』より「幽霊が自身の冤罪を訴える話」を2つ、ご紹介します。1つは、本当の幽霊による真実の証言。もう1つは、ニセの幽霊による偽証言です。
2024/04/08 常山子

千年前実在の清廉潔白裁判官「包拯」に泣きつくのもダメ 警察が市民を阻止=中国広東

このほど、中国の庶民の間で、宋代に実在した名裁判官「包拯(ほうじょう)」を祀った廟である包公祠や包拯の墓に跪いて拝み、ひたすら「自身が受けた冤罪や不公正な扱いによる被害」を泣きながら訴えることが一種のブームとなって巻き起こっている。
2024/04/04 李凌

「泣き廟」が広州にも出現 ますます広がる、民衆が被害や冤罪を神仏に訴える社会現象=中国

このほど、年金の支給を止められた庶民たちは、河南省の包公祠の代わりに、広東省広州市にある道教寺院「黄大仙祠」へ殺到した。
2024/03/26 李凌, 鳥飼聡

宋代に実在した名裁判官「包公」に向かい、被害や冤罪を訴えるブームが巻き起こる=中国

北宋時代の有名な裁判官・包公が、社会秩序が崩壊し、ますます混迷する今の中国において「特別な意味」をもつ存在になっている。
2024/03/20 李凌, 鳥飼聡

【古代人生の教訓】武則天時代の冤罪事件(下)

崔家はますます恐慌に陥り、この行方不明の事件に対処する方法がほとんど分からないでいました。
2024/02/15 泰源

【古代人生の教訓】武則天時代の冤罪事件(上)

ある年、仇敵が崔思兢の従兄である崔宣を反逆罪で告発しました。この罪状は軽視できず、調査が行われれば家族全体が処刑される可能性がありました。
2024/02/15 泰源

人を助けても見返りを求めなければ、福報を得る

明の時代、太倉州(現在の江蘇省太倉県)の司法官を務める顧佐(グーズオ)は思いやりがあり、正直な人でした。顧氏はかつて菓子店の主人の冤罪を晴らし、助けたことがありました。店の主人は感謝のしるしとして、顧氏に17歳の娘を差し出すと3回も申し入れましたが、すべて顧氏に断られたという逸話が残っています。  
2021/04/17

王全璋氏、今後も弁護士続ける意向「冤罪に苦しむ人を助けたい」

2015年7月以降、中国当局により人権派弁護士らが一斉に拘束された「709事件」で、逮捕された王全璋弁護士は5月1日、北京市の自宅で大紀元の取材を受けた。中国当局が一方的に進めた裁判を振り返り、「当局こそが法律を破った」と批判した。
2020/05/10

宗教問題に習主席再度発言 弾圧政策の見直しを示唆

7月19日、習近平国家主席は寧夏治自区銀川市の寺院で、宗教問題に対する見解を再度表明した。また時を同じくして、法輪功発祥の地である吉林省長春市で共産党中央政法委の会議が開かれ、冤罪や誤審判決の見直しが検討された。このことから、習近平政権の中国当局が宗教に対する弾圧政策を転換するのではとの憶測を呼んでいる。
2016/08/03

23年間服役した男性、無罪で釈放 中国

中国で23年間服役した末、冤罪が確定し釈放された男性が、関係者の法的責任追及と国家賠償を求めている。
2016/02/06

27年間服役した米男性 無罪確定で賠償金20億円

米連邦地裁の陪審員団はこのほど、強姦・殺人罪で無期懲役の判決を受けて27年間服役した男性(64)に無罪を言い渡した。政府は男性に1665万ドル(約20億円)の賠償金を支払うという。
2015/12/04

中国内モンゴル、18年前処刑の男性に再審無罪

【大紀元日本12月16日】内モンゴル自治区最高人民法院(高裁)は15日、強姦殺人罪で死刑を言い渡され18年前に処刑された同自治区出身の男性(当時18歳)に対して、再審で「無罪」を言い渡した。同院の副院
2014/12/16

薄煕来被告「罪のすべてを公開したら、4、5回でも死刑が成り立つ」=香港教授

【大紀元日本9月25日】収賄、職権乱用などの罪に問われた元重慶市党委書記・薄煕来被告に22日、無期懲役、政治権利の終身剥奪、財産没収の判決が言い渡された。翌23日、フランスのRFIラジオは、薄被告のす
2013/09/25

冤罪で11年間服役の男性に、補償金910万円支給 弁護士:「個別な案件ではない」=中国

 【大紀元日本5月15日】自白を強要され殺人罪で11年間刑に服した河南省の農民・趙作海さんに、冤罪として中国当局は65万元(約910万円)を支給した。名目は冤罪の賠償金とこれからの生活への補助金である
2010/05/15

流行語で読み取る激変の中国(2)

 【大紀元日本8月18日】 去る08年の中国では、世界から注目を浴びた北京五輪が開催され、四川大地震などの自然災害、貴州甕安市民暴動などの社会事件も相次いだ。 これらの事件において、官と民との対立や伝
2009/08/18

直訴者100人以上弱者権利を訴え、再び国務院に請願書=北京

 【大紀元日本2月9日】2月6日午前9時、全国各地から集まった百人以上の直訴者は再び中国国務院新聞弁前で「国家人権行動計画」制定への参与に関する請願書を提出し、当局に対して同件への回答を求めた。これに
2009/02/09

北京:福田首相講演会場に直訴者ら100人集結、二十数人が拘束

 【大紀元日本12月29日】訪中中の福田首相は12月28日、北京大学で日中関係について講演した。北京大学キャンパス構内や周辺には公安、武装警察および警察の車両がいたるに配置されていた。厳重な警備態勢の
2007/12/30

第17回党大会に向け、陳情者1万人が連名嘆願書

 【大紀元日本10月11日】今月15日に開幕する中国共産党第17回党大会に向けて、中国全土からの訪民(陳情者) 1万2千人がこのほど、連名で嘆願書を提出し、胡錦濤・国家主席に対し、憲法に従って国を治め
2007/10/11

真夏に降雪、北京史上初

 【大紀元日本8月8日】8月6日午後3時5分ごろ、北京市海澱区成府路地区に、強い風に伴い突然の降雪は5分間続いた。のち、大雨に変わった。酷暑の北京の突然の降雪で、気象関係者も首をかしげている。 *メデ
2007/08/08

BBC北京駐在記者が見た中国の本質

 【大紀元日本10月21日】英BBC10月12日付けの報道「中国の新しい富と古い問題」によると、中共は、経済繁栄という表面的な現象の背後で、専制、腐敗、貪欲という本質を隠蔽しており、中国の大部分の民衆
2006/10/21

河北省公安当局、人権活動家・郭起真氏の逮捕を通知

 【大紀元日本6月10日】先月河北省滄州市公安当局に連行され拘束された人権活動家・郭起真氏は、6月6日、「国家転覆」の容疑で当局に正式逮捕された。郭氏の家族によると、8日午後、滄州市公安当局から逮捕の
2006/06/11

中国司法当局の横暴を暴露

【大紀元日本9月21日】馮正虎氏は1991年から一橋大学での留学経験を持ち、その後帰国して上海天倫諮詢有限会社を創設した。馮氏が編集した電子書籍『中国日系企業要覧』が法的な製作、印刷、出版等の諸手続
2005/09/21

直訴者の悲惨な生活――北京直訴村の実態

 【大紀元日本7月23日】東荘という所は、北京で生まれ育った人でもほとんど誰も聞いたことのない場所である。別にそれほど辺鄙なところにあるわけではなく、第二環状と第三環状の間にあり、北は陶然亭公園に隣接
2005/07/23

天津村民が汚職官僚を殺害、官僚腐敗に苦しむ地域住民

 【大紀元日本6月28日】6月中旬、天津市薊県の警察は、「一人っ子政策」に違反したことをめぐり村の婦人会主任と下倉鎮の役人2人、合わせて3人を殺害した疑いで、下倉鎮南魯庄村の村民・楊貴清容疑者を指名手
2005/06/28