大紀元時報
トップ 国連人権理事会
国連人権理事会
2020年2月、ジュネーブの国連人権理事会で登壇するドイツのハイコ・マース外相(GettyImages)
2020.10.07
国連で中国の人権侵害を非難する声明 ドイツ主導、日本など39カ国が署名

ドイツの国連大使は米国、英国、日本を含む39カ国を代表して、中国の人権問題を批判する声明を発表した。39カ国は、少数民族ウイグル人およびチベット人の権利を尊重する...

中共ウイルス(SARS-cov-2)の立体構造(www.cdc.gov)
2020.04.06
<中共肺炎>「中国が生物兵器を開発」国際法律家委員会などが賠償金を要求

国際人権NGO団体の国際法律家委員会(ICJ)とインド弁護士協会はこのほど、国連人権理事会(UNHRC)に対して、中共肺炎(新型コロナウイルス肺炎)のパンデミック...

2018年2月、新疆ウイグル自治区カシュガル(GettyImages)
2019.11.06
中国の新疆政策を支持した54カ国、公表されず 国の数を水増しか

国連の差別撤廃委員会で10月29日、英国国連大使が23カ国を代表して、中国による新疆ウイグル自治区の広範な監視と拘束を批判する声明を提出した。いっぽう、中国側によ...

スイスのジュネーブで、国連人権理事会の第三回中国状況会議が開かれた(ALAIN GROSCLAUDE/AFP/Getty Images)
2018.11.08
国連で中国が人権報告 「自由がある」と主張するも西側は整合性のなさを批判

国連人権理事会はスイスのジュネーブで6日、中国の人権状況についての検討会議を開いた。開始前、中国代表団は国家の人権報告書を理事会に提出した。そこには「中国特色の人...

2017年上半期、連行された法輪功学習者の人数の地域別グラフ(明慧ネットminghui.org統計より大紀元編集部が作成)
2017.11.06
人権問題
「中国のゲシュタポ」2017年前半、法輪功1万人以上が拘束や嫌がらせ=調査

国内外の法輪功迫害情報を収集し統計する「明慧ネット」の調査によると、2017年1月~6月、少なくとも中国国内の法輪功学習者3659人は当局により身柄を拘束され、7...

米ワシントンのナショナル・プレス・クラブで6月、中国の臓器強制的出問題についての最新報告書発表記者会見で発言するデービッド・マタス氏(李莎/大紀元)
2016.07.05
独占インタビュー
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(2)

 6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。これによると、中国の臓器移植件数は年間10...

香港政府本部庁舎付近の占拠現場で、ハンガー・ストライキを続ける黄之鋒氏 (大紀元)
2014.12.04
香港デモ、ハンストに新な参加者 長官「いかなる抗争も無駄」

【大紀元日本12月4日】香港の民主化デモを率いてきた学生団体の一つ、「学民思潮」の発表によると、3日夜、新に2人の学生がハンガー・ストライキに加わった。一方、香港...

 (FABRICE COFFRINI/AFP/Getty Images)
2014.10.24
国連人権理事会、香港問題声明文発表 

【大紀元日本10月24日】香港の行政長官選挙制度民主化を求めるデモが3週間以上続いている中、国連人権理事会は23日付の声明文で、中国政府は、香港のトップ選挙に干渉...

2013.06.12
カナダ政府、法輪功などの弾圧問題に改めて関心示す

【大紀元日本6月12日】5日に開かれた国連人権理事会第23回会議で、カナダ代表は世界各地で行われている宗教弾圧に関心を示し、中国当局による法輪功迫害の問題を提起し...

18日に開かれた国連人権理事会第21回会合(大紀元)
2012.09.22
「制止しなければ人類に未来なし」 法輪功への人道犯罪 国連へ調査要請

18日に開かれた国連人権理事会第21回会合(大紀元)【大紀元日本9月22日】ジュネーブの国連欧州本部で開かれている国連人権理事会第21回会合で、複数の非政府組織が...

ノーワック国連特別調査官(大紀元)
2006.09.26
国連特別調査官:中国で拷問は一般的

 【大紀元日本9月26日】国連の拷問問題の特別調査官マンフレッド・ノーワック氏は21日、中国での拷問問題は一般的に行われ、反体制者や法輪功メンバー、少数民族などが...

中国代表団の強い要求で、中断された国連人権理事会の会場(大紀元)
2006.09.24
中国代表団、反論で「規定破り」求め、会議が一時中断=国連人権理事会

国連人権理事会第二回会合が9月18日からジュネーブで開かれ、各特別調査官からの年次報告を受け、審議した。20日と21日の二日間にわたり拷問問題に関する報告と討論が...

^