免疫の不思議:免疫はなぜ、自己組織を攻撃しないのか ー自己免疫疾患を防ぐ胸腺オートファジーの誘導機構を解明ー

千葉大学大学院薬学研究院高倉勇気特任研究員、高野博之教授、山口憲孝准教授のグループは、理化学研究所生命医科学研究センター秋山泰身チームリーダーらとの共同研究により、免疫における最大の謎の一つである、免疫による自己組織への攻撃(自己免疫疾患(注1))を防ぐしくみを解明しました。
2024/02/09

ワクチンで抗体依存性感染増強 心筋梗塞、脳梗塞の若年化

現在、中国では謎の呼吸器疾患が流行している。多くの子供が感染しているが、死亡したのは中高年が多い。死因は、ワクチンと抗体依存性感染増強による心筋炎や心内膜炎だ。
2023/12/08 熊斌

コロナワクチンが心臓細胞内でスパイクタンパク質を形成、メーカーごとに異なる異常を引き起こす:研究

ラットとヒトの心臓細胞を観察した新たな研究で、新型コロナのmRNAワクチンが接種後48時間以内にスパイクタンパク質を形成することが示された。
2023/11/04 Marina Zhang

【プレミアム報道】新型コロナワクチンと心筋炎:米当局はいかに危険信号を隠蔽したのか(3)

米当局は今では、新型コロナワクチンが心臓の炎症を引き起こすことを認めているが、実は当初からその危険性に気づいていた。接種を推奨する背後で危険信号がいかに無視されたのか、エポックタイムズが独自に調査した。

【プレミアム報道】新型コロナワクチンと心筋炎:米当局はいかに危険信号を隠蔽したのか(2)

米当局は今では、新型コロナワクチンが心臓の炎症を引き起こすことを認めているが、実は当初からその危険性に気づいていた。接種を推奨する背後で危険信号がいかに無視されたのか、エポックタイムズが独自に調査した。

【プレミアム報道】新型コロナワクチンと心筋炎:米当局はいかに危険信号を隠蔽したのか(1)

今や米当局は、新型コロナワクチンが心臓の炎症を引き起こすことを認めているが、実は当初からその危険性に気づいていた。接種を推奨する背後で危険信号がいかに無視されたのか、エポックタイムズが独自に調査した。

「心筋炎の発症率高まる」 アイスランド、モデルナ社ワクチンの接種を中止 

アイスランドは8日、心筋炎の発症率が「若干高まる」として、米製薬会社モデルナ(Moderna)が製造する新型コロナウイルスワクチンの接種を中止すると発表した。
2021/10/11