大紀元時報
トップ 民主主義
民主主義
2021年3月17日、ドイツ訪問中のリトアニアのガブリエリュス・ランズベルギス外相が記者会見に臨んだ(HANNIBAL HANSCHKE/POOL/AFP via Getty Images)
2021.04.07
中国との「17+1」から離脱 東欧リトアニア、専門家「欧州諸国の模範」

東欧のリトアニアは今年2月、中国と中東欧17カ国の経済協力枠組み「17+1」から離脱すると表明した。同国政府はまた、3月に台湾に事務所を設置する方針を明らかにした...

2020年12月10日 ブリュッセルEU本社ヨーロッパビルの前に立つポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相 (John Thys/ Pool/AFP via Getty Images)
2021.02.26
<オピニオン>ビッグテックの検閲を禁止するポーランドを見習え

アメリカがポーランドやハンガリーより遥かに遅れているなんて、誰が想像できただろうか。この両国は明らかにソ連の圧政から教訓を学んだのだ。ポーランド政府は、イデオロギ...

中国問題専門家のゴードン・チャン氏(The Epoch Times)
2021.01.21
中国問題専門家ゴードン・チャン氏「中国との関係を断つべき」

米国在住の中国問題専門家ゴードン・チャン氏は1月18日、共産党政権の中国との関係を断つべきだと主張した。

9月24日、香港中央警察署を離れる民主活動家の黄之鋒氏。同日に逮捕され保釈された(GettyImages)
2020.09.26
スウェーデンMSABが香港を撤退表明 同社情報機器、警察が黄之鋒氏の調査にも使用

スウェーデンのテクノロジー企業MSABは、米国が香港に与えていた特別待遇の地位を取り消したことを受け、香港から事業を撤退したと発表した。携帯端末調査機器を開発する...

雪の上で眠るキツネ。2018年2月、宮城県白石市で撮影(GettyImages)
2020.09.16
掛谷英紀コラム
意外にリベラルな戦前の教科書

実際に戦前の教科書を手にするまで、戦前教育は軍国主義一色だったと私は思っていた。戦争直後、墨塗の教科書が使われたことは有名である。われわれは戦後教育で、戦前の教育...

「中国共産党は人類の敵」盲目の人権弁護士、米共和党全国大会で演説(スクリーンショット)
2020.08.28
「中国共産党は人類の敵」盲目の人権弁護士 米共和党全国大会で演説 

盲目の中国人権弁護士で、本土から脱出して2012年に米国に入国した陳光誠氏は、このほど米共和党全国大会で講演した。中国共産党について「人類の敵」であり、自国民をも...

チューリッヒのスイス銀行本部(GettyImages)
2020.08.19
「売国奴リストの発表を」ネットユーザーらスイス銀行へ要請

最近、駐スイス中国大使館の微博アカウントに相次ぎ、「スイス銀行に預金している中国の汚職官僚の名前のリストを公開するよう要求する」とのユーザーコメントが多数書き込ま...

8月11日、立ち入り禁止ラインを引く香港警察(GettyImages)
2020.08.13
不審者が香港大紀元記者を尾行 メディアへの締め付け強まる

香港大紀元の記者2人は最近、不審な人物に尾行されていると訴えている。香港では多くのメディアが親中的な立場を取っており、大紀元は、数少ない独立系メディアの一つで、容...

「共産主義は嘘つき」台湾の李登輝元総統(GettyImages)
2020.08.02
台湾の李登輝元総統が逝去 「共産主義は嘘つき」指摘していた

台湾の李登輝元総統が7月30日夜、台北の退役軍人総合病院で亡くなった。病院側が報告した。李氏は生前、共産主義の掲げる理想論は、人々を騙すための口実に過ぎないと警告...

香港市民は2020年5月24日、中国当局による香港国家安全維持法の導入に抗議するため、「天滅中共(天は中国共産党を滅ぼす)」のポスターを掲げてデモ行進した(Anthony Kwan/Getty Images)
2020.07.17
香港が新冷戦の最前線 専門家「各国は自由か独裁かの選択を」

中国当局は6月末、香港市民の抗議や欧米各国の反対を無視し、香港で国家安全維持法を導入した。中国時事評論家は、中国共産党政権と米国をはじめとする西側諸国の新冷戦がす...

香港民主デモがあった12日、ナイフの切りつけ事件が発生した。大紀元カメラクルーに対する襲撃を制止しようとした青年がケガを負った(スクリーンショット)
2020.06.13
香港でナイフ騒動 白シャツの男、大紀元カメラクルーを襲う

香港で民主抗議運動が行われた6月12日夜、九龍観塘区で取材していた大紀元香港の取材女性カメラクルーを含む複数の市民が、小型ナイフを持つ白いシャツの男に襲撃された。...

4月、カザフスタンのアルマトイで、市場に果物を並べる業者、参考写真(GettyImages)
2020.05.07
中欧と中央アジアの民主主義が低下 中国の影響で=調査

中欧と中央アジアの少なくとも20カ国の民主的な制度がますます低下し、権威主義的な指導者の力が強まっている。米国の人権組織フリーダムハウスの報告書が指摘した。

香港では、103万人が元旦抗議運動に参加した。香港警察に手を上げるよう要求されるデモ参加者たち(GettyImages)
2020.01.03
香港、103万人が元旦抗議運動に参加

香港では6カ月に渡り、民主主義的な抗議行動が続いている。年が変わった元旦にも、大勢の人々が中心部のビクトリア公園に集まり、デモ行進を行った。主催者発表で103万人...

このほど、中国政府高官は香港大紀元に対して、香港選挙の大敗について習近平氏ら指導部はショックを受けていると語った(ANTHONY WALLACE/AFP/Getty Images)
2019.12.04
習近平氏、フェイク情報で情勢誤認「香港選挙大敗にショックを受けている」=中南海高官

11月、香港の区議会選挙では民主派が85%の議席を占める圧勝となった。北京高層の消息筋は香港大紀元に対して、習近平中国主席は「惨敗」にショックを受けていると明らか...

中国の習近平国家主席(中)(Fred Dufour - Pool/Getty Images)
2019.11.05
中国の習近平国家主席、「中国式の民主主義」に言及 官製メディアが報道せず

中国の習近平国家主席が11月2日、上海市長寧区を視察した際、初めて「全過程の民主」を言及したことに注目された。

香港太古市で11月3日、北京語を話す男が人々を切りつけ、6人が負傷した。近くにいた立候補者は耳を噛みちぎられた(大紀元)
2019.11.04
香港、北京語話す男が複数人を切りつける 6人負傷 議員の耳を噛みちぎる

11月3日午後、香港の民主主義を支持する市民たちは、8つの地域でデモ行進や集会を行った。集会のあった太古市で午後7時半頃、突然、北京語を話す男がナイフで周辺にいた...

9月29日、香港中心部で行われたデモの隊列に放水する警察車両(Anthony Kwan/Getty Images)
2019.10.28
香港警察が放水する青い液体 人体に有害な化学物質が含まれる=環境団体

国際的な環境団体は、香港警察の高圧放水車が放つ青い液体には有毒物質が含まれている可能性があると主張している。

10月20日に行われた香港大型デモで、化学物質の含まれる青い水を発射する警察車両と、逃げるデモ参加者(GettyImages)
2019.10.24
記者にジュースとお菓子をプレゼント 香港デモ平和・理知派の動き

香港の民主運動では、警察による催涙弾や高圧放水といった、デモの強制制御がたびたび伝えられている。こうした威力的な鎮圧にも関わらず、参加者たちは2014年の雨傘運動...

16日夜、民間人陣の召集人・岑子杰氏が急襲された。入院先の病院には多くの警察官も集まった(文瀚林/大紀元)
2019.10.17
香港民主団体代表を暴徒が襲撃 頭部負傷

10月16日午後7時半ごろ、香港百万人デモの収集人である民主派組織・香港民間人権陣線(民間人陣、CHRF)の岑子杰(31、Jimmy Sham)氏が、香港旺角で4...

10月1日、香港各地で大規模なデモが行われた。武装警官がデモに参加した男子高校生に発砲した(大紀元)
2019.10.01
香港警察が男子高校生の胸部に発砲、重体

10月1日、香港では各地で反中国共産党政府デモが行われた。催涙弾の発射のみならず、実弾を使いデモ参加者を武力弾圧している。香港メディアによると、香港警察官は18歳...

黄之鋒氏、周庭氏など、香港で若手活動家らが相次ぎ逮捕されている。写真は2019年6月、周庭氏が来日時に撮影(GettyImages)
2019.08.30
民主派政党、黄之鋒氏と周庭氏の逮捕に声明「恐怖を煽っている」

香港の民主派政党・香港衆志(デモシスト)の黄之鋒氏(ジョシュア・ウォン、22)と周庭氏(アグネス・チュウ、22)が相次ぎ逮捕された。31日には民主派団体が大規模な...

2019.08.13
香港国際空港で5000人座り込み 中国政府は「テロの兆し」で鎮圧正当化か

世界で最も忙しい国際空港の1つである香港国際空港は、8月12日夕方以降のフライトをすべて停止した。武装警察による残虐な鎮圧に抗議するために、約5000人の若者を中...

九龍半島尖沙咀で被弾した若い女性(ANTHONY WALLACE/AFP/Getty Images)
2019.08.12
【写真】香港市民の抗議10週目、警察隊の武力行使で血だらけの若者 衝突が激化

香港市民が政府の容疑者引き渡し条例改訂案への反対運動が週末で10週目に入った。8月11日に行われた東部でのデモで、香港市民は容疑者本土移送条約改正案の完全撤回、抗...

7月21日、香港の元朗で市民を襲った、白い服に同じマスクの数十人の集団(提供写真)
2019.07.24
トランプ大統領、香港情勢に「習近平氏は正しい判断を」

7月21日に7週目となる大規模な抗議運動が続いている香港について、米トランプ大統領は、中国習近平主席が関与して、正しい判断をするようにとの希望を述べた。

7月13日に香港の上水地区で行われたデモ(Anthony Kwan/Getty Images)
2019.07.15
拡大する香港デモ  本土境界付近で展開 波及効果を期待

香港では「逃亡犯条例」改正案反対派(以下、反対派)が新たな動きを見せている。先週末、大陸からの観光客が多い地域でデモ活動を行い、簡体字(中国大陸で使われる文字)の...

香港市民、国際紙広告キャンペーンに673万香港ドル調達を達成、大阪G20に向けて(FreedomHKGスクリーンショット)
2019.06.27
香港市民、国際紙広告キャンペーンで8900万円調達、大阪G20に向け条例撤廃主張

中国本土への犯罪者引き渡し条約「逃犯条例」改正案に反対する香港市民は、国際的な新聞に一面の新聞広告を掲載し、G20の各国首脳に香港の自由の危機に対処するよう呼びか...

16日、逃亡犯条例に反対する香港市民は再びデモを開催した。(Anthony Kwan/Getty Images)
2019.06.17
<香港デモ>「完全撤回」求め再びデモ 参加者200万人と主催者発表

香港で拘束された犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐって、民主派団体は16日、再びデモを開催した。主催者の民間人権陣線は参加者数...

4月28日、中国共産党政府に近い香港当局による、法治の危機を訴える香港住民や海外在住者が、パレードを行った (Poon Zoi-Syu/Epoch Times)
2019.05.16
香港の容疑者引き渡し改正案、中央政府「強制突破」と指示=情報筋

香港の法治制度が激しく揺さぶられている。米議会の中国委員会は5月15日、公聴会を開いた。同委員長は、香港知識者らの意見を受けて、中国共産党による香港の自由への浸食...

(Justin Sullivan/Getty Images)
2018.07.27
台湾
<台湾表記>44の航空会社が変更 都市名のみの表示も 対応に腐心

中国当局が、中国に離着便をもつ44の国際航空会社に、台湾の表記を7月25日までに変更するよう求めた問題で、すべての航空会社がこれに合わせて変更していたことが明らか...

ベトナムでも都市部と農村の格差が大きな問題となっている。写真は水田を耕すベトナムの農民(Photo credit should read HOANG DINH NAM/AFP/Getty Images)
2017.11.08
ベトナムが中国式戸籍制度を廃止 民主主義への歩み寄りか

ベトナム政府はこのほど、中国共産党政権に追随して40数年前に導入した戸籍制度の廃止を発表した。ベトナムは選挙改革を行うなど、民主主義寄りの動きを見せているとの評価...

^