NASAの探査車「パーサヴィアランス」が火星で独特な「日食」を撮影

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、火星の衛星が太陽の前を通過する際に観測された、独特な日食の様子を撮影しました。

オランダと同じ面積!火星のグランドキャニオンに大量の水が発見

欧州宇宙機関(ESA)科学者たちが、火星の大渓谷に大量の水を発見しました。 これは、ESAの探査機による最新の発見です。
2021/12/24

【写真】やがて火星に建つ慰霊碑に… NASA、探査機にツインタワーの一部使用

20年前の9月11日、米国史上最大のテロ事件が発生し、短い時間に約3000人が命を落とした。同日、米国航空宇宙局(NASA)は当時のニューヨーク・マンハッタンの衛星写真や、その年に打ち上げられたスペースシャトル「エンデバー」の活動など、事件にまつわる複数枚の写真を公開した。
2021/09/14

火星で撮影された、結晶を含む幻想的な雲

NASAは最近、火星のきらめく雲の写真を公開しました。NASAによると、このきらめく雲は通常の火星の雲とは異なり、中に氷の結晶が入っているため光っており、色がついているものもあります。
2021/06/20

【動画】宇宙で栽培した「東京べか菜」

NASA によると16日、宇宙飛行士たちは国際宇宙ステーション (ISS) 内の実験として、船内で一カ月育てた「東京べか菜」という白菜の一種を収穫した。
2017/02/22

【動画】火星から見た、地球と月

宇宙に浮かぶ地球というと、青く輝く美しい星という印象ではないだろうか。しかし、最近、火星探査機が撮った地球は、それとは異なるものだった。
2017/01/07

【動画】火星の暮らしを示す?巨大なスプーン発見

宇宙人を熱心に信じる人はこのたび、NASAの火星探査機が撮影した映像の中で、砂に覆われた大きな「スプーン」を見つけた。これは、火星人の生活を知る手がかりだと主張する。
2016/12/28

11年ぶりに火星が地球に最接近 5月30日~6月4日絶好の観測時期

11年ぶりに火星が地球に最接近になり、NASAはハッブル宇宙望遠鏡が5月12日に撮影した最新の火星写真を公開した。今回22日の「火星の衝」と30日の地球に最接近の時期が重なっているため、明るく大きくなっている火星を観測する絶好のチャンスと言える。30日が最もはっきりと火星を見ることができるが、実際には6月4日ごろまでは地球と火星の距離はほとんど変わらないため、この日を逃すと見られなくなるという訳ではない。
2016/05/30

火星探査機から「自撮り」画像 地球へ届く

NASA(アメリカ航空宇宙局)はこのほど、現在火星に送り込まれている無人探査機「キュリオシティ(好奇心)」の新着セルフィ画像を公開した。
2016/03/07

NASA、火星の360度パノラマ動画を公開

アメリカ航空宇宙局(NASA)が8日、火星の地表を360度撮影した動画をYouTubeで公開したところ、初日のアクセス数が49万に達した。この動画をスマートフォンから閲覧する際には、スマートフォンの角度を変えることで火星の様々な地形を見ることができ、コンピュータの場合は、マウスを使うと火星のバーチャルツアーを楽しむことができる。
2016/02/15

【フォトニュース】火星表面の画像、インド探査機が撮影

【大紀元日本9月26日】インド宇宙研究機関(ISRO)は25日、同機関の無人火星探査機「マンガルヤーン」が撮影した火星表面の画像を公開した。AFP通信が報じた。 マンガルヤーンは昨年11月に打ち上げら
2014/09/26

【フォトニュース】NASAの火星探査車、地球外での走行距離を更新

【大紀元日本7月30日】米航空宇宙局(NASA)は28日、2004年に火星に到着した火星探査車オポチュニティーの走行距離が40キロを超え、探査車の地球外での走行距離記録を塗り替えたと発表した。 これま
2014/07/30

【フォトニュース】火星の表面=キュリオシティー撮影

【大紀元日本5月1日】米航空宇宙局(NASA)は、火星探査車「キュリオシティー」のマストカメラ(Mastcam)が23日に撮影した火星表面の写真を公開した。 写真はAFP通信がウィンジャナ(Windj
2014/05/01

火星に人工的な巨石が?

 【大紀元日本8月8日】火星探索機(MRO)が高解像度カメラで捉えた映像の中に、遺跡のような一枚岩(モノリス)が写っていたことから、「映画『2001年宇宙の旅』に登場するモノリスに似ている」「人工的に
2009/08/08

「魔の三角海域」で消えた米軍機、火星に出現?

最近、インターネットサイトでは第二次世界大戦中にバミューダトライアングルで失踪した米軍の4機の爆撃機が火星の上空で飛行しているとの説が流れている。 米国「世界ニュース週刊」は
2007/07/30

火星で大規模な砂嵐発生

 【大紀元日本7月6日】先月下旬、火星で大規模な砂嵐が発生し、現在も成長を続けていることがNASAの発表で明らかとなった。 第一発見者は米アリゾナ州のアマチュア天文学者ポール・マクソンさんで、6月23
2007/07/06

ヨーロッパ宇宙局: 2013年に再度火星へ

【大紀元日本ネット4月25日】2003年12月“ビーグル2号”探測器が火星の上陸に成功したが、最終的には連絡が途絶えてしまった。しかし、それでもヨーロッパの科学者らは火星の探索には自信に満ちている。ヨ
2005/04/28