THE EPOCH TIMES
真実と伝統
トップ 中国共産党のスパイおよび浸透工作
中国共産党のスパイおよび浸透工作
中国共産党の化けの皮をはがすトランプ政権(MANDEL NGAN/AFP/Getty Images)
中国共産党の化けの皮を剥がすトランプ政権
2018.09.06
中国政府の管理機関「孔子学院は2007年9月28日、孔子の生誕を祝う式典で風船が飛ぶ(China Photos/Getty Images)
ZTEと孔子学院 共産党ソフトパワー世界展開に10年以上協働=米メディア
2018.06.28
オーストラリアの首都キャンベラにある中国大使館(AFP/GettyImages)
浸透工作   豪州TVへ中国大使館から怒りの電話 放送中止要求、TV側「応じない」
2018.06.25
(theepochtimes.com)
「米軍撤退」を宣伝 中国対外工作、ジャーナリストを通じ言論浸透
2018.06.19
パリにあるフランスの対外治安総局(DGSE)本部。元局長の男性は北京滞在時、中国人の女性通訳と関係を持った。元局長は国益侵害の容疑で起訴されている(MARTIN BUREAU/AFP/Getty Images)
仏諜報局高官、中国人女性通訳のハニートラップにはまる?仏検察は起訴
2018.05.28
シドニーのオペラハウス(GettyImages)
浸透工作   中国、民主制度を利用して海外で浸透を図る=豪学者
2018.05.09
2017年9月、北京で開催された国際刑事機構(インターポール)総会で、中国警官が式典で旗を掲げる(interpol.int)
中国「長い腕」   中国高官が総裁のインターポール「共産党に操られている」=米VOA
2018.05.08
2018年3月、仏パリで自社製品のプロモーションを行う華為(ファーウェイ、HUAWEI)CEOの余承東(リチャード・ユー)(ERIC PIERMONT/AFP/Getty Images)
中国技術移転問題   共産党、陰に日向に「社会主義の中国モデル普及」目指す
2018.04.03
2005年、亡命を申請後シドニーで会見を開く、元中国外交官・陳用林氏(Greg WOOD/AFP/Getty Images)
中国人留学生スパイの実態=元中国外交官
2018.04.01
オーストラリアでは中国人留学生が急増している。専門家は、留学人の受け入れを収入源とすることに警鐘を鳴らす(Ian Waldie/Getty Images)
豪州、中国人留学生ビジネスで1兆円収入 中国依存に警鐘
2018.03.28
北京にある中国中央テレビ(CCTV)本局ビル(GOH CHAI HIN/AFP/Getty Images)
浸透工作   あのCCTVがなくなった?中国、世界最大の「プロパガンダマシーン」を設立
2018.03.23
ニュージーランドの中国問題専門家、カンタベリー大学のアン・マリエ・ブレイディー教授。(同大公式ホームページ)
「魔法の武器」NZの大学教授が報告書 中国共産党の統一戦線に警鐘
2018.03.12
国連組織に2018年2月、公式登録された「中国琉球自治区」(スクリーンショット)
赤ペンキ騒動の党、沖縄の「国連認定」反日組織とも接触
2018.03.09
3月7日午後、日本の台湾窓口事務局「日本台湾交流協会」の玄関近くにある石碑に、中華統一促進党の幹部の男が赤いペンキをかける様子。まもなく逮捕された(スクリーンショット)
【動画】日本の台湾窓口機関に赤ペンキ、沖縄沖での水産庁「放水」に怒り
2018.03.09
中国政府の管理機関「孔子学院は2007年9月28日、孔子の生誕を祝う式典で風船が飛ぶ。(China Photos/Getty Images)
中国共産党の浸透工作   スポーツ、獅子舞い、オペラコンクール…孔子学院は「地域社会に根を下ろす」
2018.02.22
米FBI長官クリストファー・ライ(Christopher Wray)氏、2017年7月撮影(Alex Wong/Getty Images)
中国共産党の浸透工作   米FBI、孔子学院をスパイ容疑などで捜査対象「米国社会の脅威」
2018.02.21
中国共産党政権はグローバル規模でソフトパワーを浸透させ、諜報活動を展開している。2017年10月、第19回中国共産党全国代表大会が開催された北京の人民大会堂に集まるメディア(VCG/VCG via Getty Images)
中国のソフトパワー輸出   日本語ニュースサービスを開始する新華社、報道機関、それとも諜報機関?
2018.02.17
南フロリダ大学にある孔子学院(ホームページのスクリーンショット)
共産党のプロパガンダ   孔子学院は「反米の外国勢力」閉鎖よびかけ=米上院議員
2018.02.08
新華社通信英語版ツイッターのフォロワーは、1100万を超えている。(ツイッターのスクリーンショット)
共産党のプロパガンダ   米検察当局、「偽フォロワー工場」を摘発 新華社は重要顧客
2018.02.04
米議会では、対外投資審査を厳しくするよう求める声が上がっている。対米外国投資委員会(CFIUS)の聴聞会が1月9日に開かれた(Mark Wilson/Getty Images)
浸透するチャイナマネー   投資そのもの「武器化」する 中国の外国技術力入手戦略=米国委員会
2018.01.17
中国共産党政権はグローバル規模でソフトパワーを浸透させる諜報活動を展開している。(Feng Li/Getty Images)
中国共産党の「長い腕」に各国が警戒 法整備で阻止する動きも
2017.12.29
経団連、日本商工会議所などで構成する訪中団は11月21日、北京の人民大会堂で李克強首相と会談。会議外の会場警備員(JASON LEE/AFP/Getty Images)
知らぬ間にコントロール   「まるで茹でガエルのよう」中国共産党の浸透工作に警戒を=米公聴会
2017.12.25
ソーシャルサイトLinkedInのロゴ。このたびドイツ諜報当局(BfV)は、中国スパイ機関がソーシャルサイトを使い、ドイツ政界、財界の人物の情報を収集していると警告した(Carl Court/Getty Images)
スパイ工作   中国共産党、ソーシャルサイト「LinkedIn」で情報収集=ドイツ諜報部
2017.12.11
オーストラリアのターンブル首相(Stefan Postles/Getty Images)
浸透工作を防止   オーストラリア、反スパイ法大幅見直し 外国の政治献金禁止など
2017.12.07
勉強会でスピーチするスティーブン・バノン氏(大紀元/文亮)
東京で中国民主化運動会議、トランプ氏元側近も出席 大使館から圧力も
2017.11.17
米シカゴの孔子学院、すでに閉鎖した。参考写真(flickr)
孔子学院の闇を暴くドキュメンタリー映画 日本で初公開
2017.11.14
中国共産党政権はソフトパワーを全世界に浸透させる諜報活動を展開。(Feng Li/Getty Images)
「世界を味方につける」中国統戦部プロパガンダ工作の手口=英FT紙
2017.11.03
2016年、中国当局により、米諜報員が成都で拘束されていた。米政治紙が最近明かした。写真は11日、19大を控える北京の警備にあたる武装警察(WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
米中スパイゲーム   中国当局、2016年に米諜報員を成都で拘束=米紙
2017.10.13
郭文貴氏は5日、米ワシントンにあるナショナル・プレス・クラブで記者会見を開いた。(ネット写真)
中国共産党の海外戦略   郭文貴氏、共産党の浸透工作を暴露 日本でも「藍金黄計画」を展開か
2017.10.12
英国ブライトン・カレッジに設置されている孔子学院のロゴ、参考写真(Confucius Institute Brighton College)
加ベテラン情報調査官「孔子学院はスパイ機関」日本でも展開
2017.10.06
^