大紀元時報
トップ 中国共産党のスパイおよび浸透工作
中国共産党のスパイおよび浸透工作
台北にある総統府の上部ではためく中華民国の旗(SAM YEH/AFP via Getty Images)
2021/09/22
台湾、人材流出の防止に法改正 技術者は中国渡航前に審査必須

台湾政府は、中国政府が台湾のハイテク産業から技術を盗み、人材を引き抜いている問題に対処するため、出国手続きの厳格化という対策を講じた。改定された条例によれば、公的...

9月21日、リトアニアの国防省は、国民に対して中国の携帯電話を購入しないよう呼び掛けるとともに、既に保有している場合は処分するよう勧告した。中国シャオミの携帯電話、バルセロナで2019年撮影(2021年 ロイター/Rafael Marchante)
2021/09/22
中国製の携帯電話に検閲機能、リトアニア政府が不買・処分を勧告

[ビリニュス 21日 ロイター] - リトアニアの国防省は、国民に対して中国の携帯電話を購入しないよう呼び掛けるとともに、既に保有している場合は処分するよう勧告し...

2012年12月4日、フランス・パリのタブレット端末の画面に表示された「Wikipedia」のロゴ(Lionel Bonaventure/AFP via Getty Images)
2021/09/21
ウィキペディア、親中共編集者の利用権限に制限 「意図的な浸透があった」

中国語版ウィキペディアはこのほど、中国大陸の利用者7人のログイン権と、管理者12人の編集権を停止した。情報筋2人が大紀元に対して、これはウィキペディアに浸透し、中...

灰色の空に浮かび上がる北京の高層ビル。参考写真(FREDERIC J. BROWN/AFP via Getty Images)
2021/09/19
東京機械製作所の買収仕掛けた中国人経営者、その謎の目的 政府も関心示す事態に

政府は、香港系投資会社であるアジア開発キャピタル(以下はADC)が新聞輪転機メーカー、東京機械製作所(以下は東京機械)の株式を買い増したことを受けて、状況把握に向...

2021年3月13日、ワシントン州シアトルで行われた、アジア人に対するヘイトクライムに反対する集会で、「人種差別はウイルスだ(Racism is a Virus)」と書かれたサインを掲げる男性 (Jason Redmond/AFP via Getty Images)
2021/09/17
スーパースプレッダーの存在も…中国ネット工作員は日韓英を駆使=報告書

広範囲にわたる親中派の影響力工作が、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の大流行に乗じて世論の分裂を煽り、米国での街頭抗議活動を扇動しようとしていたことが、サイバー...

中国技術機器大手・華為技術(ファーウェイ)の研究開発拠点で作業する研究員。参考写真(Photo by Kevin Frayer/Getty Images)
2021/09/17
「帰国時に技術の持ち出しは厳禁」大学6割、留学生への注意喚起せず

日本に留学する外国人学生に安全保障に関わる技術の持ち出しを禁止するとの注意喚起を行なっていない大学は6割に上ることが、経済産業省と文部科学省の合同調査で明らかにな...

カナダ政府は中国通信事業大手のチャイナモバイル子会社に事業の終了を命じた(Getty Images)
2021/09/13
カナダ政府、中国通信事業大手チャイナモバイル子会社に撤退命令 安全保障上の懸念から

カナダ政府は国家安全保障上の懸念から、中国国営通信会社・中国移動国際(チャイナ・モバイル・インターナショナル)のカナダ子会社に対し、撤退を命じた。

2020年6月30日、ニューデリーで行われた中国共産党機関紙「環球時報」に対するデモで、中国製アプリの削除や中国製品の使用停止を市民に求めるジャーナリスト (Prakash Singh/AFP via Getty Images)
2021/09/10
インド、中国のソフトパワー活用は「警鐘のサイン」=報告書

インドに拠点を置くシンクタンクLaw and Society Alliance(LSA)は3日、インドにおける中国の広範にわたる浸透工作を明らかにした報告書を発表...

エルサルバドルのラ・ウニオン港 (Photo credit should read ORLANDO SIERRA/AFP via Getty Images)
2021/09/10
中国、「裏庭」の中南米に着実浸透=米軍当局者ら

米軍当局者らは、中国当局は経済協力、賄賂、技術供与などを併用して、米国の裏庭である中南米に着実に浸透し、影響力を拡大していると警告した。

米ボストン連邦地裁は8日、対潜水艦戦で利用される水中聴音器を米国から中国の大学に違法に輸出した罪で中国人実業家シューレン・チン被告(45)に禁錮2年および罰金2万ドルの判決を言い渡した。ボストンで撮影(2021年 ロイター/Brian Snyder)
2021/09/09
中国人実業家に禁錮2年、対潜戦機器の違法輸出で米地裁

[ボストン 8日 ロイター] - 米ボストン連邦地裁は8日、対潜水艦戦で利用される水中聴音器を米国から中国の大学に違法に輸出した罪で中国人実業家シューレン・チン被...

中国共産党は若者世代を惹きつけるために、ラップなどの新しい表現形式を利用している。参考写真(Photo credit should read FREDERIC J. BROWN/AFP via Getty Images)
2021/09/04
中国共産党がヒップホップ利用 若者引き寄せを狙う プロパガンダ多様化

8月19日、「チベット解放70周年」の記念式典に際して、汪洋(おう・よう)全国政治協商会議主席はポタラ宮前に、「共産党がなければ新しい中国がない、新しいチベットが...

在豪日本大使の山下信吾さん(左)(在豪日本大使館Facebookより)
2021/08/31
山上信吾・駐豪大使、中共の圧力受ける豪に「独りじゃない、日本も同じ気持ちを共有」=報道

在豪日本大使の山上信吾氏は豪保守系メディア・豪スカイニュースの取材に対して、「台湾海峡の安定は国際情勢に影響を与えうる」と述べた。中国共産党は経済を手段として世界...

ウイグル人に対する人権侵害をテーマとする漫画で有名な清水ともみ氏が身の危険を感じ、「自殺しません」とツイートした(ツイッターよりスクリーンショット)
2021/08/31
「自殺しません」人気漫画家の投稿に心配の声続々

「何かあればここでお伝えしますね。自殺しません。」8月30日、新疆ウイグル自治区で起きている人権侵害問題を漫画で取り上げる清水ともみ氏が、ツイッター上にこの投稿を...

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長(左)は、2020年1月28日に中国・北京で開催された人民大会堂での会議の前に、中国の習近平国家主席と握手を交わした(Naohiko Hatta - Pool/Getty Images)
2021/08/25
WHO「対中迎合」の内情 SARS後の浸透工作が奏功か

中共ウイルス(新型コロナ)感染症が発生した当初、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は、露骨な中国共産党政権寄りの言動で、国際的な批判を浴びていた。...

2020年9月11日、ホワイトハウスのイーストルームで行われた名誉勲章の授与式に到着したマシュー・ポッティンジャー元米大統領副補佐官(Drew Angerer/Getty Images)
2021/08/17
「中共統一戦線に注意」トランプ政権高官ら、米上院で警告発する

4日に行われた米上院情報委員会の公聴会で複数の議員や元政府高官が、米国は中国共産党の政治戦争に対抗しなければならないと主張した。

テキサス州コロラド郡のウインドファームで風力タービン。2016年1月21日撮影(Spencer Platt/Getty Images)
2021/08/13
テキサス州、中国企業による風力発電計画を無効に インフラ保護法通過で

中国共産党政権や軍とつながりを持つ中国企業が、米テキサス州西部にある米空軍最大のパイロット訓練基地近くで風力発電所を建設しようとする計画は、失敗に終わった。

自宅付近に出没した怪しい人物(本人提供、一部加工を施している)
2021/08/10
「逃げ切れると思うな」日本留学中の暴露サイト創設者、玄関先で男2人組の脅しに遭う

中国共産党高級官僚の汚職や社会問題などの「政治的に敏感」な話題を掲載する中国語暴露サイトの創設者で、現在は日本に留学中の肖彦鋭(シャオイェーンルイ)さんが、日本の...

会場になった建物内に駆け込む警察官(王文亮/大紀元)
2021/07/01
【速報】中共による犠牲者の追悼式典に乱入者 中共スローガン叫び妨害

香港やウイグルなどの人権・民族団体などが7月1日、中国共産党成立百周年に合わせて東京都内の会議室で開いた中国共産党政権による犠牲者を弔う集会に、何者かが乱入する騒...

2019年4月24日、中国北京の人民大会堂で行われた会議で、訪中した自民党の二階俊博幹事長ら一行と会談する中国の習近平国家主席(Photo by Fred Dufour - Pool/Getty Images)
2021/06/29
日本の戦略外交、中国共産党をすでに追い込んでいる 内政にも注力すべき

今期の国会で、中国の人権問題を非難する国会決議が見送られた。中国共産党に対する日本の政治中枢を狙った浸透工作が見え隠れする。

2021年3月4日、北京で開催された中国人民政治協商会議(CPPCC)の開会式に出席した習近平国家主席(Leo Ramirez/AFP via Getty Images)
2021/05/05
習近平の世界のインターネットを支配する計画 「米国に取って代わる」

大紀元が最近入手した中国政府の内部文書によると、中国の習近平国家首席は、世界のインターネットを支配し、影響力のある米国に取って代わるよう中国共産党に指示していた。...

2020年4月、北京の公園内で散髪する高齢者(NOEL CELIS/AFP via Getty Images))
2021/02/21
内容追加 <独自>「日本の健康な高齢者を中国で受け入れ」中国居住型介護プロジェクト ヘルパー募集も始まる

「中日両国政府が主導。中国に移住した日本人高齢者をケアする介護職員を募集」。こんな求人広告が1月末、中国のウェブサイトに掲載された。募集人数は45人という。

2021/01/11
〈インタビュー〉マイク・ポンペオ米国務長官「中国共産党は米国に浸透している」

米国の言論を先導する有識者や高官に単独インタビューを行う英字大紀元(エポックタイムズ、Epoch Times)のインタビュー番組「米国の思想リーダー」は、このほど...

メルボルンの中国人街、2020年8月撮影(WILLIAM WEST/AFP via Getty Images))
2020/11/12
豪当局、中共統一戦線組織の幹部を逮捕 内政干渉防止法に違反

​オーストラリア当局は、中国共産党政府と共謀して政治活動に介入したとして、自由党の元議員候補であるディ・サン・ドン(Di Sanh Duong、中国名・楊怡生)容...

米生物医学専門のバンアンデル研究所はこのほど、中国当局から受け取った研究資金に関して政府に報告しなかったことで約6億円の罰金を支払った。米司法省(Samira Bouaou/The Epoch Times)
2019/12/24
米司法省、医学研究機関に約6億円の罰金 中国資金を報告せず

米国生物医学研究機関、バンアンデル研究所(Van Andel Research Institute)はこのほど、中国資金に関し情報を公開しなかったことで、550万...

ベルギーのブリュッセルにあるNATO本部(GEORGES GOBET/AFP via Getty Images)
2019/12/03
ベルギーに中国スパイ暗躍、ブリュッセル足掛かりに欧米を狙う

英ロンドンでは12月3日と4日の日程で、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が開催される。欧州の外交政策研究機関は、NATOの本部と欧州連合(EU)の主要機関が多...

ブリュッセル自由大学(Wikimedia)
2019/10/30
ベルギー孔子学院の責任者、欧州26カ国8年入国禁止に 「スパイの恐れ」

欧州の入国管理局はこのほど、中国政府の非営利教育機構・孔子学院の所長に対して、協定を結ぶ欧州26カ国の入国を8年間禁止する措置を下した。現地紙によると、所長は中国...

グレタさんを国連に出した環境団体、中国政府の代理人の疑いがあると米委員会に指摘されている。写真は9月27日、スウェーデンのストックホルムで行われた環境活動家によるパレードで、グレタさんの似顔絵が描かれたパネルを掲げる参加者(GettyImages)
2019/09/30
グレタさんを支える環境団体、中国政府の代理人の疑い 沖縄「ジュゴン裁判」も担当

ヨットで英国から大西洋を横断して米ニューヨークに渡り、国連総会の関連パネルで怒りのスピーチを披露した16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリさんについて、英字の主要メ...

米FBIは北京大学の修士プログラム燕京学堂を卒業した米国人に疑問の目を向けている(Caitriana Nicholson/Flicr)
2019/08/08
米、中国の学術スパイ取り締まり強化 米国人も対象

米名門エモリー大学5月、23年間在職していた中国出身米国籍の李暁江と李世華両氏の研究室を閉鎖し、両氏を解雇した。同研究室に所属する数名の中国人研究者も同時に解雇さ...

クリストファー・ライFBI長官は、米上院司法委員会に出席し、中国によるスパイ活動は米国にとって最大の脅威だと警告した(GettyImages)
2019/07/25
FBI長官「捜査中の知的財産窃盗事件1000件、ほとんど中国から」

米連邦捜査局(FBI)クリストファー・ライ(Christopher Wray)長官は7月23日、米上院司法委員会に出席し、中国は広範囲に渡り対米諜報活動を展開して...

台湾兄弟、日米最新ミサイルやF35戦闘機などの情報を盗むスパイ 中国軍から資金=FBI(GettyImages)
2019/06/13
台湾人兄弟、日米最新ミサイルやF35戦闘機などの情報盗む 中国スパイ=FBI

カナダと米国の大学にそれぞれ務めていた、台湾出身の技術系教授2人は、長年にわたり、米国の軍事技術を盗む計画を企て、実行していた。米連邦捜査局(FBI)によると、2...

^