大紀元時報

イラン、解放の石油タンカー巡り米国に警告

2019年08月19日 18時17分
8月19日、イラン外務省は、英領ジブラルタル自治政府に拿捕され、その後解放されてギリシャに向かっているイランの石油タンカーについて、米国が同タンカーの拿捕を試みれば「重大な結果」を招くと警告した。ジブラルタル海峡で18日撮影(2019年 ロイター/Jon Nazca)
8月19日、イラン外務省は、英領ジブラルタル自治政府に拿捕され、その後解放されてギリシャに向かっているイランの石油タンカーについて、米国が同タンカーの拿捕を試みれば「重大な結果」を招くと警告した。ジブラルタル海峡で18日撮影(2019年 ロイター/Jon Nazca)

[ドバイ 19日 ロイター] - イラン外務省は、英領ジブラルタル自治政府に拿捕され、その後解放されてギリシャに向かっているイランの石油タンカーについて、米国が同タンカーの拿捕を試みれば「重大な結果」を招くと警告した。

またイランの有力議員は、タンカーが目的に到着するまで英国との危機は続くと述べた。

リフィニティブの船舶データによると、タンカーは、現地時間18日午後11時(2100GMT、日本時間19日午前6時)ごろ、ジブラルタルを出航。ギリシャのカラマタに向かっている。

ジブラルタルは先週、7月に拿捕したタンカーを解放した。しかし、米ワシントンの裁判所は16日、タンカーの差し押さえ令状を発布。これに対しジブラルタルは18日、自らがEUの法規の制約を受けるためとして、米国の要請には応じられないと表明していた。

^