大紀元時報

米上場の中国企業監査、中国が譲歩案提示=ブルームバーグ

2020年08月27日 22時28分
ブルームバーグ・ニュースによると、米国に上場する中国企業の監査を巡って米中が対立している問題で、中国側が譲歩の姿勢を示している。写真は2019年6月30日に上海で撮影された米国と中国の国旗。(2020年 ロイター/Aly Song)
ブルームバーグ・ニュースによると、米国に上場する中国企業の監査を巡って米中が対立している問題で、中国側が譲歩の姿勢を示している。写真は2019年6月30日に上海で撮影された米国と中国の国旗。(2020年 ロイター/Aly Song)

[上海 27日 ロイター] - ブルームバーグ・ニュースによると、米国に上場する中国企業の監査を巡って米中が対立している問題で、中国側が譲歩の姿勢を示している。

中国側は、米規制当局による中国国有企業の監査を提案。ただ、国家安全保障上の理由で、一部の情報を編集する必要性も主張しているという。

中国証券監督管理委員会の方星海副主席がブルームバーグに明らかにした。

同委員会は米公開会社会計監督委員会(PCAOB)に今月、新たな提案書を送付し、米国が中国国有企業を任意に選び出し、共同で監査を試行することを提案した。

同委員会はテレビ会議や電話会議も提案したが、米国側からまだ反応はないという。

方星海副主席のコメントは取れていない。

米政権高官はトランプ大統領に対し、米国で上場する中国企業が2022年1月までに米会計監査基準を満たさない場合、上場を廃止するよう提言した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^