米、北朝鮮IT人材使用のドメイン差し押さえ 外貨稼ぎ疑惑

2023/10/19
更新: 2023/10/19

Kanishka Singh

[ワシントン 18日 ロイター] – 米司法省は18日、北朝鮮のIT技術者が企業への詐欺行為と制裁回避、兵器開発への外貨稼ぎに使用した疑いがあるとして、17のウェブサイトドメインを差し押さえたと発表した。

司法省によると、差し押さえはミズーリ州の裁判所命令に基づき、17日に行われた。

米国は、北朝鮮が中国やロシアを中心とした世界中にフリーランスのIT技術者を送り込み、米国や企業をだまして大量破壊兵器や弾道ミサイル計画の資金を調達しようとしているとみている。

同省は声明で、北朝鮮が「悪意のあるIT技術者を世界市場にあふれさせ、間接的に弾道ミサイル計画のための資金を得ようとしている」と雇用主に警告した。

米国と韓国は5月、身分を偽って求人に応募した北朝鮮のIT技術者数千人を制裁対象にしたと発表した。米政府によると、技術者らは北朝鮮政府の兵器計画のため資金を提供したという。

米国務省はこれまで、北朝鮮のIT技術者を雇用すれば知的財産が窃取される恐れがあると警告している。

Reuters
関連特集: アメリカ