小鳥と「さえずり」を交わす6歳の少女=中国吉林省

 【大紀元日本7月18日】人とはおしゃべりが出来ると言ったら、あなたは信じるだろうか―。

 地方紙「新商報」によると、中国吉林省・杏林小学校に通う6才の紀暁卉ちゃんは、小とおしゃべりができるという。小のいる場所から20~30メートル離れた所に住む暁卉ちゃんは、音に高低をつけ、長さの違う「さえずり」を小たちにする。それから、母親に「あの小は私に『おはよう』と言ってくれたのよ」小の言葉を通訳するのが日課だ。

 暁卉ちゃんの母親は、「家の向こうに、一羽のハッカチョウを飼っている家があります。娘はいつもあのをあやしていますが、そのうち娘がのいろいろな鳴き声のまねをすることができることに気がつきました。初めはそんなに気にしていませんでしたが、その後は会話もできるようになったようです」と話す。

 人の声を真似るムクドリ科のハッカチョウは、中国で親しまれているのひとつ。たちが人の声を真似るように、年配の人や小さい子供たちも鳴き声のまねをする。しかし、暁卉ちゃんのような会話にはならない。彼女によれば、ハッカチョウとは「ご飯を食べたか」「何をしているの」「またね」といった日常的な会話をしているのだという。

 母親は「これは物まねの一種なんだと思っています。中国の他の地方でもこれが出来る人がいるようですから。でも誰かに教えてもらったわけでもないので、とても不思議に思っています」と話した。

 
(翻訳編集・加藤真由美)