大紀元時報
トップ プロパガンダ
プロパガンダ
大紀元が入手した内部文書によると、北京と河北省は、ウイルス感染第2波を隠蔽している(GettyImages)
2020.07.03
<独自>北京と河北省、ウイルス感染状況を隠蔽か 内部文書を入手

このほど、大紀元は、中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)患者を治療するための北京市内で唯一指定された病院から内部文書を入手した。それによると、北京...

世界に手を伸ばす中国プロパガンダ戦略(GettyImages)
2020.06.29
中国プロパガンダ、海外記者に接待旅行させ「良い話」書かせる=報告

世界最大のジャーナリスト団体の調査によると、中国共産党政権は対外プロパガンダを世界的に広めるために、「大規模かつ洗練された、長期的な」メディア浸透工作を展開してい...

顔認証システム開発の中国AI学者・李飛飛氏が、ツイッターの独立取締役に就任した。写真は2018年10月、カリフォルニア州で開かれた米技術系誌「Wired」主催の講演会に参加した李氏(GettyImages)
2020.05.13
ツイッター、中国系AI学者が独立取締役に就任 共産党プロパガンダ増加の懸念

ソーシャルメディア・プラットフォームのツイッター(Twitter)は5月11日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の流行の誤った情報を取り締まると発表した。同日、...

中国日報は、EU寄稿文から「ウイルス中国起源」を検閲で削除した。他国代表は不満を示し、原文をウェブサイトに乗せるなどの対応を取っている(GettyImages)
2020.05.08
中国紙、EU寄稿文から「ウイルス中国起源」を検閲で削除 他国代表が不満

中国政府系英字紙・中国日報(China Daily)は、欧州27カ国の中国大使およびEU代表部の共同寄稿文から「ウイルスは中国由来」とする一文を削除した。EU外交...

2020年2月、武漢市内の研究施設はコロナウイルスのサンプルを検証している。参考写真(GettyImages)
2020.05.05
ファイブ・アイズ、武漢研究所は「高リスクの科学研究していた」=報道

英語圏5カ国の情報機関同盟「ファイブ・アイズ」による調査報告によると、中国湖北省武漢から発生し世界中で何十万人もの死者を出した中共ウイルス(新型コロナウイルス、武...

中国検閲を導入するハリウッド映画会社について、米議員は国防総省の協力を停止するとの法案を提出した(GettyImages)
2020.04.30
中国当局の検閲を受け入れるハリウッド映画界 米議員、政府協力停止の法案提出

米議員はこのほど、中国共産党の要求に従った検閲を受け入れるハリウッド映画会社は、国防総省など公的機関の協力を停止する法案を提出する。

テッド・クルーズ米上院議員(大紀元資料室)
2020.04.27
米議員、中国鳳凰衛視への放送禁止法案を提出

テッド・クルーズ米上院議員(共和党、テキサス州選出)は、中国当局のバックアップを受ける香港メディア、鳳凰衛視(フェニックスTV)の米国内での放送を禁止する法案を議...

検査キットを使用するフランスの医療従事者、4月3日撮影(GettyImages)
2020.04.18
回復しても免疫つく保証ない、抗体検査は過度に期待できない=米科学者

中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)の抗体を検出できる血液検査が、米国のいくつかの研究所で開発されている。 トランプ政権は、このテストが米国経済の...

医療防護服を着用するフランスの医療従事者(GettyImages)
2020.04.18
中国大使館が捏造情報を発信 フランス議員が非難

4月15日、フランス議会上院議員は、在仏中国大使館が発表した歪曲文書について言及し、仏外相に対応を要求した。在外中国公館は、欧米政府の新型コロナウイルス(COVI...

ソーシャルサービスのツイッター(Twitter)は、駐キプロス中国大使の黄星原氏の個人アカウントおよび在スリランカ中国大使館の公式ツイッターアカウントを凍結した(Bethany Clarke/Getty Images)
2020.04.17
ツイッター社、中国外交官のアカウント一時凍結 プロパガンダ発信を問題視

ソーシャルサービスのツイッター(Twitter)は、在キプロス中国大使の黄興元氏の個人アカウントおよびスリランカの中国大使館の公式ツイッターアカウントを凍結した。...

英紙デイリー・テレグラフはこのほど、中国国営英字紙「チャイナ・デイリー」が提供した記事コンテンツを削除した。写真はチャイナ・デイリー紙(Photo credit should read FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2020.04.16
英デイリー・テレグラフ紙、中国のプロパガンダ記事を掲載中止

英紙デイリー・テレグラフは、中国国営メディアが提供したプロパガンダ記事の掲載を中止したことが明らかになった。同国のガーディアン紙が4月14日報じた。

協働した武漢の看護師と抱き合う吉林省の看護師。湖北省の天河空港で4月8日、別れの式典が行われた(Getty Images)
2020.04.14
掛谷英紀コラム
新型コロナウイルス問題 中国共産党との戦い方

中国共産党は現代における左翼のボスと言えるだろう。それゆえ、その行動パターンも左翼の王道を行っている。最たるものは、加害者であるのに被害者のふりをすることである。...

中国広東省深セン市にあるアパレル工場、参考写真(AFP/Getty Images)
2020.04.10
サプライチェーンの国内回帰を政府が支援 米議員「日本に追従を」

日本政府は、新型コロナウイルスの感染拡大により製造業のサプライチェーンが分断され、医療品不足が発生した問題を受けて、中国など単一国に依存した生産拠点を国内に戻した...

深センの繊維工場で作業する女性作業員、参考写真(Getty Images)
2020.04.10
欧州の軋轢を利用しマスク外交で肥える中共 マスクだけで輸出収入1190億円

中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)が世界的に流行し、各国が対応に追われる緊急時のなか、中国共産党政権は体制維持のための利益を探っている。軍との繋...

4月1日、国連人権理事会が発表した、世界5地域の諮問グループの構成人員。上から2番目のアジア太平洋地域代表に、中国代表の蒋端氏の名前がある(スクリーンショット)
2020.04.08
中国代表が人権理諮問グループメンバーに 米議員、任命見直し求める

このほど、国連人権理事会の諮問グループに中国代表の蒋端氏が任命された。4月7日、米国議会共和党のジョン・コーニン上院議員はアントニオ・グテレス国連事務総長宛てに手...

インドの与党が運営するメディアは、中国と世界保健機構(WHO)による台湾に対する不当な扱いを止めるよう主張した(GettyImages)
2020.04.04
印与党メディア「WHOは台湾への不当な扱いを止めて」 神戸市議会も意見書提出

インドのメディアはこのほど、中国共産党政権が流行性のウイルス疾患を隠蔽し、台湾の世界保健機関(WHO)加盟要請を報道しないように脅したとして、中国とWHOを批判し...

4月1日、閑散とした北京の観光地の様子(GettyImages)
2020.04.03
「中国ウイルスではなく中共ウイルス」イタリア人専門家が呼び掛け

「中国ウイルスではなく中共ウイルスと呼んで欲しい」と、イタリア人ジャーナリストのマルコ・レスピンティ(Marco Respinti)氏は、現地紙「レテ・リベラーレ...

3月30日、武漢市内の薬局で防護服を付けて接客する従業員(GettyImages)
2020.03.31
評論
世界を感染させ、嘘をついてアメリカを非難する中国=ギングリッチ元米下院議長

米国の元下院議長で大学教授ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)氏はこのほど、自身のホームページで、ウイルス感染症の世界的蔓延を中国共産党政権の隠ぺ...

3月23日、漢口葬儀場に集まる人々(jenniferatntd)
2020.03.27
武漢の葬儀場に長蛇の列 一日500個の骨壺を引き渡し

中国湖北省武漢では、中共ウイルス(武漢ウイルス、COVID-19)の流行で死亡した人々を火葬した葬儀場に、遺骨の引き取りのために集まった親族による長蛇の列ができて...

大紀元が情報提供を受けた、武漢市内の隔離施設になっている刑務所のデータ。被験者は「匿名」扱いになっている(大紀元)
2020.03.25
<独自>武漢市の不可解なPCR検査 一部患者を無名氏扱い

このほど、大紀元が入手した武漢市内の刑務所資料では、中共ウイルス(COVID-19)の感染を検査するPCR法を毎日3000人に行っていることが分かった。しかし、3...

新型肺炎の世界的な流行に繋がったとして、中国側の失策を問責する決議案を作成、提出したジム・バンクス議員(Epoch TImes)
2020.03.25
米超党派議員、伝染病対応の失策で中国に賠償求める議案を提出

米下院では3月24日、中国の中共ウイルス(新型コロナウイルス)の対応の誤りで世界に流行が拡大したことを非難する決議案が提出された。同日、上院では、中国が発信する「...

グーグル、中国撤退表明から10年 その後どう変わったか	(GettyImages)
2020.03.25
評論
グーグル、中国撤退表明から10年 その後どう変わったか

世界的大手1位の検索エンジン「グーグル」は10年前、中国政府のネット検閲などを理由に、中国市場からの撤退を発表した。 しかし近年、グーグルは中国との協力関係を再開...

駐米中国大使・崔天凱氏(CHRIS KLEPONIS/AFP via Getty Images)
2020.03.24
駐米中国大使、「米軍ウイルス拡散説」を否定 内部で意見対立か

中国外務省の趙堅立報道官がソーシャルサイトで発した、「米軍ウイルス拡散説」に、米国をはじめ多くの海外メディアが疑問を呈した。これについて、駐米中国大使も真向から反...

中共ウイルスのパンデミックでグローバル化が終焉=専門家(GettyImages)
2020.03.24
評論
中共ウイルスのパンデミック、終わるグローバル化=専門家

中共肺炎(武漢肺炎、COVID-19)がパンデミックを迎えてから、世界のビジネスパーソンは、グローバル経済による弊害を味わっている。自動車、機械、製薬に至るまで、...

瀋陽のレストラン、日本と米国の「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダか
2020.03.23
瀋陽のレストラン、日本と米国の「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダか

中国遼寧省瀋陽市にあるレストランは、米国と日本の中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)流行について「疫病が長く続くように」と書かれたスローガンを掲載した。ネッ...

中国外交官、ツイッターやフェイスブックに相次ぎ参加。 海外情報戦略を強化(GettyImages)
2020.03.23
米2議員、ツイッター社に共産党幹部の参加禁止求める 偽情報拡散を問題視

米連邦議会の2議員は3月20日、中共ウイルス(武漢肺炎)に関する多くの中国政府や官製メディアの偽りの情報が急増しているとして、ソーシャルサイトに対して、中国共産党...

台湾海上保安庁の船に相次ぎ衝突する中国「漁船」のスピードボート(スクリーンショット)
2020.03.22
台湾船に組織的に衝突する十数隻の中国漁船 「民兵」を疑う声

台湾の市民ジャーナリスト組織によると、3月19日、兵士が操作していると疑われる小型スピードボート十数隻が、台湾の金門海域で海上巡視船に追突したり、包囲したりした。...

ノーベル文学賞受賞のマリオ・バルガス・リョサ氏は中国大使館から公開批判された(Carlos Alvarez/Getty Images)
2020.03.19
中共ウイルスで一層強まる中国のプロパガンダ 「世界団結のきっかけに」=専門家

中共肺炎の流行による否定的なイメージを払拭しようと、中国政府は国内外で政治宣伝を強化している。例えば「中国ウイルス」と発言した個人を公開批判している。

伊メディアは、中国外務省報道官が偽ニュースを拡散していると指摘した。写真は3月16日、ベルガモのパパ・ジョバンニ23世病院に掲げられたポスター、参考写真(GettyImages)
2020.03.17
中国外務省、偽ニュースを拡散か 「イタリアで中国国歌演奏と感謝」は作り話=伊メディア

中共ウイルスをめぐり、海外ソーシャルサイトにおける中国政府の情報操作が広がっている。イタリアの複数のメディアは、中国外務省報道官による「イタリア人は中国からの医療...

中国の国営放送局「中央テレビ(CCTV)」の本社ビル周辺の歩道。2020年3月2日(AP Photo/Andy Wong)
2020.03.08
<中共肺炎>「私たちの暮らしは蜜よりも甘い」常軌を逸した共産党プロパガンダに大顰蹙

中国で最近、習近平指導部を称える報道が相次いでいる。2月29日付け中国共産党機関紙「人民日報」は「私たちの暮らしは蜜よりも甘い」と題した記事を掲載し、黒龍江省の農...

^