董宇紅博士が語る神韻の奇跡「善良な心が、治癒力や免疫力を高める」(2)

ネバダ州のヘレン・シュミットさんは、肺機能が低下する持病があるため、酸素ボンベを持参して神韻公演を見ました。ところがステージを鑑賞した後、彼女は自ら酸素ボンベを外し、自然に呼吸している状態で友人らと歓談していました
2022/03/15

ストレスが招く過敏性腸症候群「4つのツボ押しで改善できます」

過敏性腸症候群は、慢性化しやすく、繰り返し発症する病気です。現在、医学界では、精神的なストレスがこの病気を誘発し、病状を悪化させる主な要因であると考えています。
2022/03/10

「人はなぜ、午前3時に目が覚めるのか」

外はまだ暗い午前3時。なぜ、望みもしないのに目が覚めてしまうのでしょうか。もしもあなたが、そんな悩みをお持ちであったら、肝臓の状態を整え、新陳代謝を調整することで、夜中に目が覚めるのを防ぐことができます。
2022/02/17

「新陳代謝の速度を落とす」それがあなたの老化を防ぎます

医師であり、栄養療法の専門家でもある私(筆者)より、新陳代謝を適度に抑制することで老化を遅らせる「3つの秘訣」について、ご紹介します。「3つの秘訣」とは、植物栄養食法、カロリー制限、運動です。
2022/01/28

自宅で作れる「天然の洗剤」 環境に優しくピカピカに

米国でのある研究によると、長期的または過度に清掃用の洗剤を使用してきた女性清掃員の肺の状態が「10~20年間毎日タバコ1箱を吸っていた人の肺と同じ状態だった」という衝撃的な結果がでたという
2021/11/26

「フライドポテトは体に悪いの?」作り方に、ひと工夫してみましょう

フライドポテトといえば、「ジャンクフード」という言葉が思い浮かぶ。発がん性や心臓病も気になるところだが、作り方と食べ方にちょっと工夫で、サクサクした食感のおやつは、必ずしも「健康の大敵」というわけではない
2021/11/20

漢方医があなたに教えます「つらい更年期症状の和らげ方」

女性の閉経は通常45歳から55歳の間に起こります。医学的には、1年以内に月経がなければ更年期に入ったものと見られ、「閉経期」とも言われます
2021/11/08

漢方医おすすめ秋冬ダイエット法「3カ月で10%減量」

「きちんとカロリー管理しているのに、どうしても太ります。何か良い方法は、ありませんか?」 そんな切実な悩みと疑問に、台北市にある上璽漢方医診療所の院長・余雅雯氏が、お答えします。
2021/10/20

心と体の健康は「許し」から生まれる

あなたは、他人の心ない言動によって、自分の心が深く傷つけられたことはありませんか? 傷つけられた後、怒りにまかせて相手を罵ったり、暴力で報復したりしたら、それはあなたに一時の快感をもたらすかもしれません。
2021/10/08

科学的に実証 抗ウイルス力を高める3つの簡単な習慣

1年以上のコロナと共生する「新しい日常」生活の中で、免疫力を高めることは誰もが真剣に取り組まなければならないことです。コロナウイルスに対抗するには、ワクチンやマスクだけでは十分ではなく、免疫力が強く、ワクチンや薬が十分に機能する。科学的研究によると、3つの習慣が免疫力を高め、ウイルスの侵入を防ぐ効果があることがわかっています。
2021/05/22

心を健康に保つ女性グループの旅行 科学は語る 「スーツケースを持って出かけよう」

たいていの人たちは、多くの時間を一人で過ごしていますが、一方で、女性の団体旅行の良さが科学的に示されているのです。
2019/09/09

うつに悩む十代を救え

十代という年代は、人生の中で最もエキサイティングで前向きな時です。学校があり、友人に囲まれ、デートもして、ホルモンバランスの変化があり、自分の立ち位置を見極めるために自身を鼓舞したり悩んだりもします。導きや支援、家族、友人、専門家からのアドバイスが不可欠な時期でもあります。
2019/08/25

医者に聞く「ホルモン料理は健康にいいですか」

大人の楽しみの一つ、ホルモン料理。網の上で焼いたり、炒め物にしたり、様々な食べ方があるのですが、気になるのは健康への影響。今回はニューヨークで活躍する蒋医師にホルモン料理について伺ってみました。
2017/03/02

男性は何故ぽっこり腹になりやすいのか?

ビール腹と呼ばれる、いわゆる「ぽっこりお腹」はなぜ男性に多いのでしょうか? カリフォルニア州立大学ロサンゼルス分校(UCLA)人間栄養学センターの李兆萍(リ ツァウピン)博士は、男性の場合、最初に太るのはお腹で、女性の場合はお尻と太腿だからだと指摘しています。ウェブサイト「ライフ・サイエンス」(Life Science)に掲載されました。
2017/02/07

高齢の乳牛にホルモンや抗生物質 業界関係者が否定

 【大紀元日本4月23日】中国政法大学法学院副院長・何兵氏は先日、自身のマイクロブログ・微博で、国内の高齢乳牛は、催乳のためにホルモン注射を受けていると明かした。また、限られたメーカーの牛乳しか飲用で
2012/04/23

中国各地で乳児に早期発育症 粉ミルクにホルモン成分か

 【大紀元日本8月12日】中国で乳児用粉ミルクを長期摂取した幼児に早期発育症のケースが各地で相次ぎ確認された。そのうち、湖北省武漢市在住の4ヶ月の女児は、乳房が発育しはじめた。検査の結果、体内の女性ホ
2010/08/12

中国食品安全問題の根源=何清漣

 【大紀元日本10月1日】中国の有毒粉ミルク事件が拡大する中、各国で発覚した中国関連の有毒乳製品のリストも増え続けている。 外国人はこの種の信用を破壊する「中国製造」に深く困惑し、思わずこのような疑問
2008/10/01

身長世界一:257センチのウクライナ人、ギネス認定

 【大紀元日本8月11日】英国のギネス・ワールド・レコーズは9日ロンドンで、ウクライナ人男性レオニード・スタドニクさん(37)を身長世界一に認定した。スタドニクさんの身長は、2006年の時点で257セ
2007/08/11