大紀元時報
トップ 中国大使館
中国大使館
台湾の大学生グループは、共産党統一戦線の交流会ボイコットを呼びかけた。参考写真(陳柏州/大紀元)
2019.10.18
台湾大学生、共産党統一戦線の「両岸交流活動」ボイコット呼びかけ

台湾大学、台湾師範大学など複数の大学の学生会は、中国共産党の統一戦線による訪中交流会をボイコットするよう呼びかけた。

マクマスター大学の学生自治会はCSSAのホームページを削除した(スクリーンショット)
2019.09.28
カナダ・マクマスター大学、中国人留学生団体の資格を停止

カナダ名門校、マクマスター大学の学生自治会はこのほど、中国人留学生団体である中国学生・研究者聯誼会(CSSA)の会員資格を取り消したことがわかった。学生自治会は、...

11月末アルゼンチンで開催されたG20では、現地の法輪功学習者が中国首脳に対して中国国内での弾圧を中止するよう呼び掛けた際、中国大使館に集められた人に囲み込まれた(スクリーンショット
2018.12.06
G20、アルゼンチン警察当局が法輪功学習者を一時拘束 中国大使館の指示か

中国伝統気功の法輪功を学ぶアルゼンチン人学習者は11月29日、同国首都ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議への出席のために同国を訪れた中国の...

2012年、デンマーク警察当局は、中国訪問団が法輪功学習者や亡命チベット人らの抗議デモを見えないよう、4台の警察車両を配置した(林達/大紀元)
2018.06.29
「抗議者の姿が中国訪問団の目に入ってはダメ」6年前の抗議妨害をデンマーク政府が再調査へ

デンマークのソーレン・パペ・ポールセン(Søren Pape Poulsen)司法大臣(法務相)は今月7日、2012と13年中国高官が同国を訪問した際、デンマーク...

2016年12月31日、大晦日の午後6時から午後11時の間、法輪功愛好者50人余りは、東京六本木の中国大使館前で、中国政府による弾圧への抗議を行った(撮影・張本真) 
2017.01.04
法輪功「迫害停止して」中国大使館前で静かな訴え

2016年12月31日大晦日の午後6時から、法輪功愛好者50人余りは、東京六本木の中国大使館前で、中国政府による弾圧への抗議を行った。

公演主催者は2日、ソウルで記者会見を行った(全景林撮影)
2016.03.07
韓国放送公社 中国の圧力で神韻公演の契約を破棄

中国の伝統文化を舞台芸術の形で再現するという神韻芸術団(本拠・ニューヨーク)のソウル公演は、5月はじめに開催される予定だが、韓国の主催者は2日の記者会見で、会場を...

2013年4月、福岡の中国領事館総領事が福岡公演の地元協賛団体に送ったとされる書状。「同公演に協賛しないように」と求める内容のものだった (大紀元)
2014.12.15
在日中国大使館 中国伝統文化復興の公演を妨害 「世界各地で起きている」

【大紀元日本12月15日】産経新聞12日の記事は、米神韻芸術団2015年日本公演に対して、在日中国大使館が会場に公演中止を要請したことを明らかにした。公演主催者で...

中国大使館前で、平和的な抗議活動を続けてきた法輪功学習者たち(大紀元)
2012.04.20
警察の取り締まりに無念 中国大使館前で10年間抗議する年配女性たち

 【大紀元日本4月20日】東京の六本木にある中国大使館前には、10年前から平和な抗議活動を続けてきた年配の女性たちがいる。日本に暮らす法輪功学習者だ。彼女たちは毎...

香港の政治月刊誌「前哨」の2011年2月号に、「江沢民が生涯後悔している二つの大失策」と題する記事が掲載された。
2011.02.16
江沢民前主席が回顧録:生涯後悔している二つの大失策=香港誌

 【大紀元日本2月16日】香港の政治月刊誌「前哨」の2011年2月号に、「江沢民が生涯後悔している二つの大失策」と題する記事が掲載された。同記事によると、中国前国...

中国大使館の妨害の中、19日と20日にプサン市で行われた神韻公演のフィナーレ。20日の最終公演は満席となった(大紀元)
2011.01.22
中国大使館が妨害する伝統芸能の公演、韓国で予定通り開催へ

 【大紀元日本1月22日】中国大使館から中止を求める妨害を受けていた神韻芸術団の韓国公演は予定通り、プサン(釜山)市で19日に開幕した。ここにきて、中国側による新...

1月16日午前、駐釜山の中国総領事館前で抗議する公演支持者たち(希望の声ラジオ)
2011.01.18
駐韓国の中国大使館、中国人アーティストの伝統芸能公演を妨害か

 【大紀元日本1月18日】韓国の法輪大法学会は16日午前、駐釜山の中国総領事館前で記者会見を開き、中国大使館が神韻芸術団の韓国公演を妨害しているとして、韓国政府に...

公演を行う予定だったオデッサ劇場(Wikipediaより)
2010.05.29
ウクライナで「神韻公演」難航 大統領に米国会議員が書簡、支持表明

 【大紀元日本5月29日】世界四大陸100以上の都市を席捲し、3つの分団で巡回公演を行っている「神韻芸術団」(本部ニューヨーク)の公演がウクライナ南部の都市オデッ...

中国大使館前で横断幕を掲げ、迫害停止を求める法輪功学習者たち(大紀元)
2009.07.18
迫害10年目を迎える法輪功、中国大使館前で迫害停止活動

 【大紀元日本7月18日】中国で迫害を受けて10年目になる法輪功学習者らは7月17日、東京・六本木の中国大使館前で迫害停止の陳情活動を行い、中国大使館を訪れる人々...

CIPFGアジア副団長・安東幹氏(左)(写真=大紀元)
2008.10.20
CIPFGアジア副団長、中国大使館前で抗議

 【大紀元日本10月20日】中国大陸で現在も続いている中国共産党による法輪功への宗教弾圧と人権侵害の犯罪を追跡調査し告発する国際的組織「法輪功迫害真相調査連盟(C...

フラッシング地区にある「脱党支援センター」の事務所
2008.10.18
中共工作員が身体障害者を装い、脱党支援のスタッフに濡れ衣=フラッシング事件

 【大紀元日本10月18日】米国ニューヨーク・フラッシング地区のチャイナ・タウンで5月中旬から、華人が中国共産党からの離脱を支援する「脱党支援センター」のボランテ...

中国大使館前で整然と抗議する法輪功学習者(大紀元)
2008.10.02
「十一国殤日」に迫害停止訴える

 【大紀元日本10月2日】今から59年前の1949年10月1日、中国において「中華人民共和国」と称する、ソビエト連邦に次ぐ巨大な共産主義国家が建てられた。革命によ...

一般市民を恐喝する女性工作員(大紀元)
2008.08.19
中国大使館工作員脅迫事件、一般市民にも被害

 【大紀元日本8月19日】ニューヨークのフラッシング地区のチャイナ・タウンで資料を配布する「全世界脱中国共産党応援センター」のボランティアスタッフが中国大使館の工...

中国共産党の一党独裁を非難する民主中国戦線日本支部の林飛さん(大紀元)
2007.04.11
東京:中国大使館前、多数の団体が集会、中国共産党の解体を呼びかける

 【大紀元日本4月11日】中国温家宝首相が来日する前の10日、日本の各団体が東京・元麻布の駐日中国大使館の前で集会を行い、温首相宛の公開書簡を読み上げ、温首相に対...

2007.03.07
駐米・中国大使館、米国の対台湾武器売却に抗議

 【大紀元日本3月7日】駐米中国大使館は2日、米国防省の台湾への武器輸出について遺憾の意を表明し、これの取り消しを求めるとともに、米中関係を損なわないよう注意を促...

中国大使館前での抗議活動(大紀元)
2006.08.23
中国人権派弁護士逮捕事件:華人団体ら、中国大使館前で抗議活動

 【大紀元日本8月23日】中国人権派弁護士・高智晟氏が逮捕されたことを受け、日本の高智晟救援委員会や中国共産党離脱センター東京支部などの華人団体は21日午前、港区...

2006.07.10
駐日中国武官、防衛庁の幹部らと秘密会合

 【大紀元日本7月10日】 警察当局の調査で、駐日中国大使館の武官2人が、防衛庁の現職幹部らと頻繁に接触していたことが判明した。警察当局は監視や尾行などの調査を行...

章健容疑者(大紀元)
2006.04.01
中共「平和統一促進会」副会長、入管法違反で逮捕

 【大紀元日本4月1日】警視庁公安部は3月28日午前、中共の「中国平和統一促進会」の副会長でコンサルティング会社「中国事業顧問」社長の章健容疑者(51)=中国籍=...

(大紀元)
2006.03.24
東京:中共離脱900万人の声援と、中国瀋陽・秘密収容所での臓器摘出を非難する集会

 【大紀元日本3月24日】関東地区、宮城県、北海道などの各地から約200人あまりの在日中国人と日本人が3月19日、東京の恵比寿公園で、中共政権を非難する集会とデモ...

2006.02.11
大紀元日本支社、中国大使館前で中共の暴行を譴責

 【大紀元日本2月11日】大紀元技術総監を務める法輪功学習者・李渊氏が8日、米国・アトランタの自宅で拳銃を所持した中共の特務機関員に襲撃され、仕事用のノートパソコ...

公演の中止が迫られた新唐人テレビ局韓国支局(新唐人テレビ局)
2006.02.08
韓国:中共の圧力が海外に、新唐人新年祝賀祭公演、取り消される

 【大紀元日本2月8日】衛星放送の新唐人テレビ局(本部=ニューヨーク)が主催の新年祝賀祭特別公演は世界各地で公演され好評を博しているが、韓国で予定されていた公演の...

ウクライナ・九評セミナー
2005.09.25
ウクライナ:中国の脱党ブームに注目

 【大紀元日本9月25日】「世界平和に対する共産主義の脅迫」と題するセミナーが9月16日、ウクライナの首都キエフ市で行われ、中国で発生している脱党ブームに関心が集...

2005.08.03
駐カナダ中国大使館職員、家族を連れて逃亡

 【大紀元日本8月3日】消息筋によると、7月15日、駐カナダ中国大使館の職員・楊建華氏が妻と息子を連れて大使館から逃亡し、現在、カナダ東部の大都市にいるものと思わ...

2005.06.27
呉葆璋氏:世界情勢から見た『九評』(共産党についての九つの論評)

 【大紀元日本6月27日】天安門事件16周年を記念して、5月30日に「大紀元時報」欧州のフランス支社及び海外民運連席会議の共同主催によるシンポジウムが開催された。...

6月20日、法輪功学習者はキャンベラの国会前で煉功。同日、法輪功学習者への嫌がらせを調査する動議案はオーストラリア参議院で可決。(大紀元)
2005.06.25
オーストラリアメディア:海外まで及ぶ610オフィス(法輪功取締り組織)の恐るべき情報網

 【大紀元日本6月25日】オーストラリアABCテレビ局は6月20日、先日亡命申請した元610オフィス所属の警察官・郝鳳軍氏(32=ハオ・フォンジュン...

「読者には真実を知る権利がある」と言う大紀元時報の張本真さん(右)と呉麗麗さん
2005.04.12
大紀元についてのメディアでの評価

大紀元新聞社の張本記者が日刊ベリタから大紀元新聞社についての取材を受けました。以下日刊ベリタに掲載された記事を転載します。「在日中国人のために真の情報を」 大...

^