【プレミアム報道】気候科学者、より高いCO2レベルを受け入れる必要がある(上)

国連、バイデン米大統領、世界経済フォーラム、そして数え切れないほどの政府首脳は現状を救うためには、石油、石炭、その他の化石燃料の段階的な廃止をはるかに早める必要があると主張した。一部科学者がこの見解に異議を唱える。
2024/01/13 Katie Spence

EVの納税者負担 一台当たり720万円…税優遇や補助で=米国

米国人納税者が負担するEVの「社会化されたコスト」は10年間で1台あたり4万8000ドル(720万円)にも上ることが、調査により明らかになった。
2023/11/26 Kevin Stocklin

EV需要減少…「みな現実に気づいている」トヨタ会長、EV過大評価に言及

トヨタ自動車の豊田章男会長は先週、電気自動車(EV)に対する需要が減少しているのは、電気自動車は二酸化炭素の排出量削減の特効薬ではないという現実に、消費者が気づき始めているからだと語った。
2023/10/30 Tom Ozimek

WHOの主張に潜む利益相反 「食肉ガイドラインは政治的」=専門家

世界保健機関(WHO)は、飽和脂肪酸を含む動物性食品を控え、穀物や炭水化物を多く含む食生活を推奨している。しかし専門家は、こうした動きは栄養学というよりも政治学に基づいていると指摘する。
2023/10/24 Matthew Lysiak

「風力発電はあらゆる点で失敗する」: オックスフォードの科学者が数学的に説明

オックスフォード大学の数学者兼物理学者が、風力発電の信頼性は歴史的にも科学的にも低く、彼の計算によって、政府は数値的証拠を破棄しながら「風力発電政策に邁進している」ことが明らかになったと主張した
2023/07/20 Naveen Athrappully

火星で撮影された、結晶を含む幻想的な雲

NASAは最近、火星のきらめく雲の写真を公開しました。NASAによると、このきらめく雲は通常の火星の雲とは異なり、中に氷の結晶が入っているため光っており、色がついているものもあります。
2021/06/20

気候変動の疑似科学が一般的に受け入れられるようになった理由

政治家および企業のリーダーらはニューヨークで行われた気候ウィークに集まり、地球温暖化と戦うための有意義な行動を呼びかけた。しかし提案された解決策はコストが高いことを考えると、提案された「治療法」は「病気」そのものよりも悪いのではないかだろうか。
2019/10/01

中国の温室効果ガス排出量、2025年までにピーク迎える=英報告書

【大紀元日本6月9日】英専門家らが8日に発表した気候変動に関する報告書で、中国の温室効果ガス排出量は2025年までにピークを迎え、予想より5年早くなる可能性があると述べた。ドイツ国際放送ドイチェ・ヴェ
2015/06/09

中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に

 【大紀元日本12月11日】温家宝首相が11月26日に開いた中国国務院常務会議で、2006年から2010年までの5ヵ年環境保護計画-「国家環境保護『十一五』計画」について審議され、可決された。会議では
2007/12/11

中国三峡ダムは大災難もたらす=現地政府関係者認める

 【大紀元日本11月24日】中国の三峡地区政府関係者らは9月の会議で、三峡ダム建設による環境問題の報告を発表し、三峡環境問題は「大災難」をもたらすことを初めて認めた。これに対して、三峡ダム建設委員会は
2007/11/24

地球温暖化の緩和には、「肉の摂取量を減らせばいい」

 【大紀元日本9月18日】英国の医学雑誌「ランセット」がホームページに掲載した報告によると、富裕な国の国民が、もし肉の摂取量を毎日1人ハンバーグ1個分に制限すれば、地球温暖化を緩和するのに有効であると
2007/09/18

世界汚染十大都市、中国2都市を占める=米研究機関

 【大紀元日本9月17日】米研究機関「ブラックスミス・インスティテュート(Blacksmith Institute)」はこのほど、世界でもっとも深刻な汚染都市のトップ10位を発表した。中でも、ロシア、
2007/09/17

世界気象機関(WMO):今年1月と4月、世界観測史上初の最温暖気候

 【大紀元日本8月25日】気象観測業務の国際的な標準化と調整を主な業務とする世界気象機関(WMO)によると、今年1月および4月が世界観測史上初の最温暖の2ヶ月だったという。この発表は、気候変動に関する
2007/08/25

北京五輪:深刻な大気汚染、選手に悪影響の懸念=IOC会長

 【大紀元日本8月12日】開幕まであと1年を切った2008年北京五輪には、1万人の選手および数百万人の観客が一斉に集まると予測されている。しかし、北京の深刻な大気汚染は、すでに陸上競技または長時間を要
2007/08/12

温暖化が最も速い中国、「災難には国境がない」

 【大紀元日本2月26日】温暖化が輿論の焦点になっているが、中国国家気象局が発表した最新報告によると、中国の気温上昇は世界で最も速い国であるという。その原因は示されていない。 報告書によると、中国の温
2007/02/26

中国:「生活現代化水準」、世界ランキングで100位

 【大紀元日本2月1日】中国科学院の中国現代化戦略研究課題チームはこのほど、「中国現代化報告2007」を発表し、中国の生活環境水準が、比較的低いレベルにあると指摘した。2004年を例にとると、中国の生
2007/02/01

中国共同報告:CO2排出量急増、生態と経済に深刻な損害

 【大紀元日本1月6日】中国科学技術部、気象局などがこのほど共同発表した「異常気象についての国家評価報告」によると、これから先の数十年間の異常気象によって、自然災害が頻発し、食糧が大幅に減産し、中国の
2007/01/06

気象専門家:2007年、史上で最も気温の高い年になる

 【大紀元日本1月3日】英国気象専門家は、地球温暖化とエルニーニョ現象の二重影響を受けて、2007年において、世界は極端な気象変化が起こるとし、気温も1998年の記録を超え、史上でもっとも熱い1年にな
2007/01/03

国際エネルギー機関発表:中国、2009年世界で最も深刻な大気汚染国

 【大紀元日本11月20日】パリに本部をおく国際エネルギー機関(IEA)は最新報告で、中国はこれから先2-3年の内に、米国を追い越し世界で最も深刻な大気汚染国になると発表した。評論家たちは、この報告は
2006/11/20