医師が薦める「自然免疫力を高める食物5種」

免疫学者で医師のヘザー・モディ博士は、米国CNBCを通じて、彼女自身が毎日実践している食事法を紹介しました。彼女は「ビタミンとミネラルを豊富に含む食材は全て、免疫力をアップするスーパーフードだ」と言いました
2022/03/13

米最高齢114歳の女性「長寿の秘訣はサツマイモ」

1904年生まれで、生前は米国の最高齢者であったレッシー・ブラウンさんが2019年1月8日に亡くなりました。114歳でした。ブラウンさんが長生きした理由の一つは、よくサツマイモを食べていたことだそうです。
2022/02/09

三千年の歴史を越えて「人はなぜ、お酢を摂るのか」

今回は「お酢」のお話です。 現代中国語に「吃醋(喫醋)」という言葉があります。字義だけを見ると「酢を食する」なのですが、中国語のなかでは「嫉妬する。やきもちを焼く」の意味で使われることがほとんどです。
2021/12/15

「お茶はこんなに神秘的」その健康効果を味わいましょう

古来より、洋の東西を問わず愛飲されてきたお茶は、体内の解毒や抗炎症、消化促進、肥満解消にまで効能をもつ、実に健康にかなった飲み物です
2021/11/22

漢方医が教える「病気予防と養生に役立つ、お茶の飲み方」

台湾でも、日本でも、お茶は非常に日常的な飲み物であり、その保健効果もよく知られています。ただ、なかには習慣的に「あまり健康的でない飲み方」をしている人もいるかもしれません
2021/11/12

ご飯もススム!中国家庭の定番家庭料理 ―家常豆腐(ジャアジャンドウフ)

中国の豆腐料理、家常豆腐は中国の家庭でも定番な家庭料理です。 高温で揚げた豆腐は、表面はカリッと、中はふわふわとやわらかな食感になっています。 少し煮込むことで、豆腐にもしっかり味が染み込み、ご飯も進みます!
2021/10/22

医聖・李時珍の不思議な誕生伝説

李時珍の誕生とその名前の由来は一見奇妙な神話に見えますが、明代の著名な作家である顧景星の『李時珍伝』には、李時珍が幼い頃から自分を神と話したことがはっきりと記載されていました。
2021/10/09

棺を開けて人を救い、生き返らせる

明代の偉大な医学者である李時珍は、薬物学の大著『本草綱目』で世界的に有名であり、「薬聖」「医聖」として尊敬され、神医扁鵲、華佗と張仲景と共に中国古代四大名医と呼ばれています。彼の医療技術も並外れており、中でも「棺を開けて人を救う」「生者の死を断ずる」という話が広く流布しています。
2021/09/21

風流な高級中華はいかが?白身魚の菊花揚げパイナップルソース添え(鳳梨香汁菊花魚)

南国のフルーツ、パイナップルはビタミンC、B1、B6など各種の栄養素が豊富です。さらにパイナップルに含まれる酵素は消化を助け、疲労を回復させる働きを持ち、血液の凝固を防いで血栓を減少させる効果もあり、常食することによって心臓血管障害などの予防にも役立ちます。また美容やダイエットにも効果あり、明代の薬学者、李時珍(りじちん)の『本草綱目』は、鳳梨(パイナップル)について「脾臓や胃をたすけて、元気のもととなり、精神を壮(さか)んにする」と述べています。
2021/09/17

みんな大好き、定番の一品!パイナップル風味の酢豚(鳳梨咕咾肉)

パイナップルは南国のフルーツ。酵素のはたらきで消化を助け、疲労を回復。美容やダイエットにも効果あり。明代の薬学者、李時珍(りじちん)の『本草綱目』は、鳳梨(パイナップル)について「脾臓や胃をたすけて、元気のもととなり、精神を壮(さか)んにする」と述べています。パイナップルは、ビタミンC、B1、B6など各種の栄養素が豊富。さらに、パイナップルにふくまれる酵素は、血液の凝固を防いで血栓を減少させる効果もあり、常食することによって心臓血管障害などの予防にも役立ちます。
2021/08/02

誰でも作れる、手軽に南国の味!パイナップルとハムの 蒸しキャベツ巻き

パイナップルは南国のフルーツ。酵素のはたらきで消化を助け、疲労を回復。美容やダイエットにも効果あり。明代の薬学者、李時珍(りじちん)の『本草綱目』は、鳳梨(パイナップル)について「脾臓や胃をたすけて、元気のもととなり、精神を壮(さか)んにする」と述べています。パイナップルは、ビタミンC、B1、B6など各種の栄養素が豊富。さらに、パイナップルにふくまれる酵素は、血液の凝固を防いで血栓を減少させる効果もあり、常食することによって心臓血管障害などの予防にも役立ちます。
2021/08/02

張三丰から恩恵を受けた学生と老人

明の時代の仙人である張三丰は、世間で数多くの奇跡を起こし、多く王族や貴族、権利者が彼に会いたがって、相次いで招待状を送りました。しかし、縁がなければ、例え目の前に立っていてもその人が誰なのか分からないものです。縁があれば、常に人にやさしく接し、他人を思いやれる人は、いずれ仙人から恩恵が授かるでしょう。
2021/05/28

豆腐の由来 

冬にぴったりの鍋料理に欠かせない豆腐。柔らかくてつるっとした食感は、どんな食材にも合います。こんなに美味しいものを最初に作ったのは誰でしょうか。二千年前、中国前漢の時代の淮南王(わいなんおう)・劉安(紀元前179年 - 紀元前122年)によって発明されました。
2017/02/21