大紀元時報
トップ 浸透
浸透
ニューサウスウェールズ州に位置するシドニー大学(Photo by Brendon Thorne/Getty Images)
2021.02.03
大学から中国共産党の影響を排除せよ 豪地方議会、報告書発表

オーストラリアのニューサウスウェールズ州議会は近日、同州の高等教育の発展に関する調査報告書を発表した。報告書は、大学が中国と経済的なつながりを持っているために浸透...

2014年、カナダのトロントで、孔子学院に反対の意を示すプラカードを掲げる市民(大紀元)
2020.08.03
印、孔子学院を調査へ 中国の高等教育への浸透警戒

中印関係の緊張が高めている中、インドは大量の中国製アプリを禁じた後、今度は孔子学院を「標的」に定めました。インド教育省は、国内の7つの大学に設置されている孔子学院...

過去十数年の歴史を振り返れば、中国共産党は実にさまざまな手段で国連に対して浸透工作を行ってきた(GettyImages)
2020.05.08
中国共産党に浸透された国連、コロナ禍でその深刻さ明らかに

中国共産党政権の無作為と隠ぺいにより、中国共産党ウイルスが全世界に拡散し、貴重な人命が失われた。にもかかわらず、防疫を担当する世界保健機関(WHO)のテドロス事務...

台北市では6月23日、市民らは中国共産党政権によるメディアの浸透に抗議するデモを行った(大紀元)
2019.07.20
英FT紙「中国が台湾メディアの報道に介入」 台湾政府が調査へ

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は17日、中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室(以下、国台弁)が、台湾衛星放送局の「中天電視」と新聞紙「中国時報」の報...

米Paypalの創業者で投資家のピーター・ティール氏はこのほど、FBIなどに対して、グーグルが中国情報機関に浸透されたのかを捜査するよう呼び掛けた(Loic Venance/AFP/Getty Images)
2019.07.17
「グーグルが中国に浸透されたのか」米Paypal創業者、FBIなどに捜査呼び掛ける

米オンライン決済サービス「ペイパル(PayPal)」の創業者で投資家のピーター・ティール氏(51)は、米連邦捜査局(FBI)と中央情報局(CIA)に対して、中国情...

台湾与野党議員と学者らは17日の記者会見で、「外国代理人登記制度」の早期立法を呼び掛けた(陳柏州/大紀元)
2019.06.27
台湾立法委員、「外国代理人制度」の立法促す 共産党の浸透に危機感

香港市民約200万人が6月16日、中国本土への容疑者引き渡しができるようにする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めて大規模な抗議デモを行ったことで、台湾では、中国共産...

台北市で23日、中国共産党政権によるメディアの浸透に抗議するデモが行われた(YU TIN提供)
2019.06.26
「親共産党メディアにノー」台湾でデモ 数万人参加

台北市で23日、中国共産党政権によるメディアの浸透を抗議するデモが行われた。数万人が参加したと主催者側が推測した。

豪メディアによると、豪政府はこのほど、政界に政治献金をしてきた中国人富豪、黄向墨氏の永住権を取り消し、同氏の帰化申請も却下した(WILLIAM WEST/AFP/Getty Images)
2019.02.09
豪、政治献金した中国人富豪の永住権取り消し 中国の浸透に強硬姿勢

オーストラリア政府はこのほど、内政に対する中国当局の影響を制限するため、中国人富豪の黄向墨氏の永住権を取り消したうえ、黄氏の帰化申請を却下した。豪紙シドに・モーニ...

明報オーナーの張暁卿氏(左)と更迭された劉進図編集長(右)(大紀元合成)
2014.01.08
中立装うも背後に北京 香港メディアの悲哀

明報オーナーの張暁卿氏(左)と更迭された劉進図編集長(右)(大紀元合成)【大紀元日本1月8日】香港の有力紙「明報」は6日、突然、編集長の更迭を発表した。同紙のオー...

2011.02.23
何清漣:世界の中国語メディアの政治構図

 【大紀元日本2月23日】ここ2日間でもっとも驚いたニュースは、米国VOAの中国語ラジオ報道が停止されるかもしれないということです。中国当局が国際社会での声を強め...

2010.11.11
中国人男性、白人老人に変装しカナダへ亡命 弁護士、親中メディアの取材禁止要請

 【大紀元日本11月11日】ことの発端はまるでハリウッド映画のようだった。10月29日、香港発バンクーバー行きの旅客機に、20代の中国人男性が精巧なシリコン製マス...

中国政府がカナダの政府や社会に浸透しつつあると発言した安全情報局のリチャード・ファデン長官(写真:Matthew Little)
2010.07.17
カナダ安全情報局長官、中国の浸透を証言 カナダ社会で波紋

 【大紀元日本7月17日】「ファデンに脱帽!」「カナダの最も才能ある公務員を失わないように」……この一週間、カナダメディアの報道で「リチャード・ファデン」の名前が...

^