董宇紅博士が語る神韻の奇跡「善良な心が、治癒力や免疫力を高める」(2)

ネバダ州のヘレン・シュミットさんは、肺機能が低下する持病があるため、酸素ボンベを持参して神韻公演を見ました。ところがステージを鑑賞した後、彼女は自ら酸素ボンベを外し、自然に呼吸している状態で友人らと歓談していました
2022/03/15

「冬の温度差に注意して!」心筋梗塞を防ぐ方法

寒い冬は、心血管疾患の多発期です。気温が低いと心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなり、重度の後遺症が残ったり突然死に至ることもあります。
2021/11/30

脳梗塞後の痺れに鍼治療

ある患者(60代男性)さんは、6年前、脳出血後に左半身の麻痺がありましたが、間もなく症状は消えました。その後、脳梗塞を発症して左半身の麻痺と左側の唇や頬部に電気が走るようにビリビリする痺れ感、左目下方の顔面部に痛みなどが残りました。
2021/04/29

慢性肺疾患に悩む赤ちゃんへ新しい治療方法

ネイションワイド小児病院での新しい治療により、慢性肺疾患を患っている赤ちゃんの生存率が5人に4人から100人に99人に増加しました。未熟児で生まれた赤ちゃんは色々な病気を抱えている可能性があります。その中でも一番多いのが、気管支肺異形成(いわゆるBPD)と言われる病気です。
2019/10/08

スキューバダイビングが起こした奇跡、半身不随者が歩けるように=英国

 【大紀元日本9月12日】英「ニュース・オブ・ザ・ワールド」紙によると、先天性神経系統疾病「二分脊椎症」に罹り、下半身不随になった英国のマーク・チノビスさん(45)が、スキューバダイビングで奇跡的に歩
2007/09/12