南シナ海で緊迫、中国海警とフィリピン補給船が衝突?

6月17日、中国海警は南シナ海での領土紛争が続くセカンド・トーマス礁周辺で、中国の海警船とフィリピンの補給船が衝突したことを公表した。この地域は長年にわたる領土紛争の焦点であり、新たな緊張が高まっている。 中国海警の報告によれば、フィリピンの補給船は6月17日の早朝5時59分に、セカンド・トーマス礁近くの海域に「不法に」侵入したとされる。
2024/06/17 陳霆

ボルティモア橋崩壊:衝突前のブラックボックス映像が消失

3月26日、アメリカ・メリーランド州バルティモア港の象徴的なフランシス・スコット・キー橋は、10万トン級の大型コンテナ船の衝突により断裂した。この衝突は6人の命を奪い、重大な交通および経済的影響を及ぼした。しかし、事故の原因を解明するための鍵となるブラックボックスから、衝突直前の2分間の映像が消失していたという大きな謎がある。この事故は、テロ行為ではないと早急に発表されたが、ネット上では様々な陰謀論が飛び交っているのだ。特に、この事故が中国の超限戦戦略の一環である可能性についての議論が強くあり、この記事では、橋の崩壊からブラックボックスの映像消失、超限戦の概念まで、事故に関連するさまざまな角度からの分析を試みた。
2024/04/01 菁英論壇

衝撃の事故: 米メリーランド州のフランシス・スコット・キー橋、貨物船衝突で崩壊し車両数台が川に転落

2024年3月26日、メリーランド州ボルチモア市で、フランシス・スコット・キー橋が貨物船の衝突により崩壊するという衝撃的な事故が発生した。この事故により橋は破壊され、数台の車両が川へ転落した。
2024/03/26 趙鳳華

米攻撃型原潜、南シナ海で物体に衝突し乗員負傷 自力で基地へ航行

米太平洋艦隊は7日、米海軍のシーウルフ級攻撃型原子力潜水艦「コネチカット」が2日午後、インド太平洋地域の公海で潜航中に「物体」に衝突したと発表した。複数の米軍関連メディアの報道によると、場所は南シナ海で、10人以上の乗組
2021/10/08

豪首相、豪中の潜在的軍事衝突への備え呼びかける ダットン国防相の発言支持

スコット・モリソン豪首相は同国国防相に支持を表明し、中国との潜在的な軍事衝突への備えを呼びかけた。
2021/05/15

印ムンバイ大規模停電、「中国当局のサイバー攻撃が原因」=報道

中印両軍が昨年6月に国境地帯で衝突し両国関係が悪化している中、同年10月、インド金融都市ムンバイで大規模な停電が発生した。米紙ニューヨーク・タイムズは2月28日、停電は中国当局のサイバー攻撃によるものとする調査報告書を公開した。
2021/03/04

中国石家荘市、住民数千人が封鎖措置に反発 政府職員らと衝突

中国河北省石家荘市では今月7日、数千人の市民が厳しい外出禁止措置の解除を求める際、市政府の職員らと衝突したことがわかった。市民は、1カ月以上続いている封鎖措置で、精神的なストレスが溜まり、収入減少による生活苦を訴えた。
2021/02/17

中国当局、チベット軍区に自爆装置備えるヘルメット支給へ 

中国当局は、緊張が続く中印国境のチベットに駐屯する軍の兵士に、自爆装置を備える新型ヘルメットを配備している。司令官は、遠隔操作で自爆装置を作動し、ヘルメットを着用している兵士を殺害することができるという。
2021/01/13

チベットの特殊部隊兵士、中国軍の地雷で死亡 残された家族は

1962年の印中国境紛争で、インド側が中国人民解放軍との戦闘で失った戦略的山岳地「ブラックトップ」がある。その半世紀後、同じ場所で、今度はインド軍のチベット人兵士が、中国軍が埋めた地雷により死亡した。
2020/10/14

中印国境紛争、インド軍が45年ぶりに威嚇射撃

中国軍当局はこのほど、インド軍が9月7日に中印国境地帯で中国軍兵士に向けて「銃声で」警告したと発表した。1975年以来初めての事で、国境をめぐる中印間の緊張が一段と強まっている。
2020/09/08

インド、ロシアに「インド太平洋戦略」への参加を要請、中露関係が微妙に

中印関係が悪化する中で、インド政府が8月初め、ロシア政府に対して、日米豪印によるインド太平洋戦略に参加するよう要請したことが注目された。中印領土問題と同様に、ロシアと中国も領土紛争などを抱えるため、中ロ関係は実際に強固ではない。
2020/09/01

インド系米国人「打倒中国共産党」、中国大使館の前で抗議

インド系米国人はこのほど、首都ワシントンDCにある中国大使館の前で抗議活動を行ったことが明らかになった。抗議者は、中国当局が中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染拡大に便乗して、インドの領土を侵犯したと非難した。
2020/07/21

印マハーラーシュトラ州、中国企業の投資を「保留」

中国とインドの兵士が6月半ば、国境地帯で衝突し死傷者が出て以降、インド国内で反中デモや中国製品の不買運動が広まった。インド中西部のマハーラーシュトラ州政府は6月22日、中国企業3社からの投資計画を保留すると発表した。
2020/06/24

中印国境衝突 専門家「戦争の可能性が低い」 米印関係や中共肺炎が背景に

中国軍とインド軍は6月16日、インド北部ラダックの国境地帯で衝突し、インド側の発表ではインド軍の将校や兵士20人が死亡した。中国軍は死傷者の数を公表していない。専門家は、現在中国当局を取り巻く国内外の環境から、両国軍が戦争になる可能性は低いとの見方を示した。
2020/06/18

中印両軍が国境に増兵、軍事的緊張高まる 5月に複数回衝突=印メディア

インドメディアの報道によると、中国とインド両政府は5月19日、今月上旬に両国の国境地帯で中国軍とインド軍の間で小規模な衝突が発生したことについて、協議を行ったが、物別れに終わった。両政府は現在、長期的なにらみ合いに備えて国境に兵士を増員していると明らかになった。両国間の軍事的緊張が高まった。
2020/05/27

ホワイトハウス報告書、厳格な対中戦略を明示「悪逆非道な政権」

米ホワイトハウスは5月20日に発表した報告書で、中国共産党の略奪的な経済政策、軍事力拡張、偽情報の散布および人権侵害など「悪質な行為」を概説したうえ、厳格な対中戦略を明示した。
2020/05/24

南シナ海、中国船がフィリピン漁船に衝突、沈没 船員22人を救わず放置=比国防省

フィリピン国防総省によると、南シナ海で6月9日、中国船舶がフィリピンの漁船に衝突し、沈没させた。同省は、漁船にはフィリピン人乗組員22人が乗船していたが、中国船は救出せず放置した。同省は、船員を生命の危機にさらしたとして、強く非難している。
2019/06/12

【動画】中国西安市、突然の店舗撤去で激しい衝突発生

中国陝西省西安市で10月31日、建物の強制撤去をめぐって、地元住民と政府職員が衝突を起こした。
2018/11/07

中国浙江省、強制立ち退きで住民が警察らと衝突、政府庁舎を一部破壊

中国沿岸部浙江省の嘉興市南湖区七星鎮では6月30日、不公平な強制立ち退き補償を抗議する数百人の住民らは抗議デモを行い、鎮圧に当たった警備隊と衝突した。住民らは地元政府庁舎に突撃し、建物内の一部の設備を破壊した。
2018/07/04

中国、炎上した車に消火器貸し拒否 2人死亡

3月31日午後18時頃、四川省徳陽市中江県の道路の交差点で、2台の自動車による出会い頭事故が発生した。この衝突で、白い自家用車が炎上し、車内にいた2人が死亡した。
2018/04/03

中国国際航空の飛行機、先頭に1メートルの穴 鳥が衝突か

23日、天津発香港行きの中国国際航空CA103は、先頭部分に約1メートル幅の穴が空いているのが、到着地である香港の空港で確認されている。香港の蘋果日報によると、穴の周囲に血痕や肉片らしきものがついているため、鳥が衝突した模様と伝えた。同機の乗員乗客らにケガ人は出ていない。
2018/03/23

土地収用をめぐる官民衝突、1人死亡 10数人負傷=中国雲南省

中国の雲南省魯甸県安閣村で24日、土地強制収用をめぐって地元住民と警官の間で衝突が発生し、少なくとも1人が死亡、十数人が負傷した。
2018/01/26

ハッブル望遠鏡がとらえた銀河同士の衝突

NASAの科学者が最近、地球から約5億光年離れたうさぎ座で、銀河同士がぶつかり合っている最中の現象を観測した。観測されたのは、ハッブル宇宙望遠鏡から。
2017/06/06

【動画あり】強制立ち退きに抵抗、丸ごしで抵抗する村民に歓声

広西省チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区の梁村の村民数千人では27日、地元政府による強制立ち退きに抵抗するため、武装警察らと大規模な衝突に発展して、流血事件が発生した。村民側では、女性や子供を含めて10数人が負傷し、警察らも7、8人が負傷した模様。
2017/04/28

G20、空港から国賓館まで衝突が絶えない米中職員=米紙

中国杭州で開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20)に出席する米国オバマ大統領が9月3日に現地の蕭山国際空港に到着した際、セキュリティー問題をめぐって米中双方の関係者が衝突した。それに続き、その夜オバマ大統領と習近平国家主席との首脳会議を行なわれる西湖国賓館で、米中職員がふたたび衝突になった。米紙「ニューヨークタイムズ」(3日付)によると、双方職員の「手が出そうになった」との緊迫した場面があった。
2016/09/05

香港の大規模衝突 裏に習江両派の攻防戦

9日未明香港で起きたデモ隊と警官隊との大規模な衝突に関して、習近平国家主席は駐香港部隊などに対し、「勝手な行動をとってはならない」と武力介入を厳禁する命令を出していた。米国の中国ニュースサイト「博聞社」が中国最高指導部に近い消息筋からの情報として報じた。
2016/02/15

住民1万人超、感染病院建設に抗議 パトカー10数台打ち壊す=海南省海口市

【大紀元日本11月19日】海南省海口市三江町で18日、地元住民ら1万人以上がストライキを行い、感染病治療センターなどを併せ持つ総合レクリエーション施設「康楽花園」の建設に抗議した。 事態の沈静化を急ぐ
2014/11/19

香港民主化デモ、再び警察隊と衝突 催涙スプレー使用も

【大紀元日本11月7日】旺角(モンコック)デモ占拠区で6日未明、デモ隊と警察隊の間で3回にわたって衝突が起きた。警察は再び催涙スプレーと警棒を使用した。デモ参加者ら数人が負傷し、病院に運ばれた。 民主
2014/11/07