「ピアノ王子」も見逃さなかった北京最大の住民スパイ組織「朝陽群衆」その実態とは

中国のスパイ機関である国家安全部(MSS、国安部)は、これまで秘密主義を貫いてきたが、今年に入ってからはメディアへの露出を増やし、公然と諜報員を募集している。
2021/11/25

フリン中将「外国諜報機関が米国の選挙を監視していた」「トランプ氏に情報提供できる」

元米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のマイケル・フリン中将は、外国の諜報機関が11月3日の米大統領選を監視していたという情報を得ており、トランプ氏に証拠を提供する用意があると述べた。
2020/12/22

【動画】すべて陰謀 メディアもグルだった ロシア疑惑に巻き込まれた女性が告白 

2017年2月、就任直後のトランプ大統領はロシア疑惑の渦中にいた大統領補佐官のフリン元陸軍中将を解任した。メディアはフリン中将が政権発足前にロシア大使と面談したことを問題視し、ロシアが大統領選に介入したと連日のように報道した。
2020/06/03

中国海軍元スパイ、「中国国際友好連絡会」は軍諜報機関=インタビュー

米国に亡命した中国海軍司令部元参謀(中佐)の姚誠氏は5月31日、大紀元のインタビューを受けた。かつて中国軍のスパイだった姚氏は、中国当局が主導する各国への技術窃盗を触れ、また軍内の秘密諜報組織や元軍人らによる抗議活動について話した。
2019/06/11

欧州初の孔子学院閉鎖 関係者「中国政府との関係は明白」

【大紀元日本1月13日】スウェーデンのストックホルム大学は、欧州で初となる中国語教育機関・孔子学院の閉鎖を決定した。以前から中国政府との関係が強いと学内外で批判の声が上がっていた。同大学副総長は政治的
2015/01/13

米諜報局2トップ 「米国への脅威」説く=米上院公聴会

【大紀元日本2月14日】米諜報局トップの2人は米国上院軍事委員会で11日、米国への脅威について発言した。中国の軍事近代化とネットワークの攻撃および東アジアでの挑発などを含め、この半世紀に米国は非常に多
2014/02/14

FBI、中国人元NASA研究員をスパイ容疑で逮捕

【大紀元日本3月20日】米国連邦捜査局(FBI)はダレス空港で16日夜、北京行きの飛行機に搭乗予定だった元NASA研究員の中国人を逮捕した。NASAなど米国情報機関を担当する米下院議員が名指しで「中国
2013/03/20

カナダ人ジャーナリスト「新華社にスパイ工作を要求された」

【大紀元日本8月24日】「新華社は中国当局の諜報機関」という説は再び話題になった。カナダ人ジャーナリストはこのほど、新華社カナダ支局にスパイ工作を指示されたと証言した。 カナダの通信社カナディアン・プ
2012/08/24

台湾中央警察大学の副教授 中国に情報提供

 【大紀元日本10月3日】台湾の中央警察大学の副教授で有名な風水師・呉彰裕氏が、台中の犯罪防止協定の一環として「テロ防止策」に協力するという名目で、中国民主活動家や法輪功学習者など中国政府が「テロリス
2011/10/03

650対2 米議員、特派員の不均衡是正を求める 米国に浸透する中国メディア

 【大紀元日本9月21日】カナダ外相秘書と中国国営新華社記者との親密メールが今月初めに流出してから、新華社の「諜報機関」としての役割にカナダの主流メディアが注目し、波紋を広げている。同じ時期に、米国下
2011/09/21

外相秘書官と新華社女性記者の親密メール、カナダで波紋 「新華社の4分の1は情報員」

 【大紀元日本9月17日】カナダでは8日、与党保守党の国会議員で外相秘書官を務めるボブ・デチャート氏と中国国営通信社の新華社駐トロント支局の首席記者・施蓉氏との親密メールが明らかにされた。カナダでは、
2011/09/17

台陸軍少将、色仕掛けでスパイに 重大情報を中国へ漏えいか 米軍関連にも波及

【大紀元日本2月11日】台湾軍部は最近、軍部に潜伏する中国諜報員の案件を公表、台湾陸軍の羅賢哲・少将が中国の諜報員として買収されていたと明らかにした。事実であれば、台湾軍部関係者によるスパイ案件とし
2011/02/11