印刷版   

2月14日、世界銀行は中国の経済成長は今後減速する一方、不均衡問題は解消しないとの見方を明らかに。写真は昨年9月、湖北省・襄樊で撮影の建設現場(2007年 ロイター)

中国は経済成長減速、不均衡問題は解消せず=世銀

 世界銀行は14日発表した中国経済に関する四半期報告で、中国の経済成長は今後減速する一方で、不均衡問題は解消しないとの見方を明らかにした。世界銀行は、2007年の中国国内総生産(GDP)伸び率について、9.6%とする従来予想を維持。輸出と投資の伸びが最近の速いペースからやや鈍化するとみている。

 06年の中国GDP伸び率は10.7%だった。

 世界銀行北京事務所のエコノミストは、輸出および投資主導の経済成長を是正しようとする政府の取り組みにもかかわらず、不均衡問題は解消しない、と指摘。

 世界銀行は報告で「生産性が引き続き向上し、世界経済が回復していることを考えると、輸出の伸びの鈍化は小幅なものにとどまる」としたほか、「国内では、投資を促進する基本要因が残り、2007年も投資の伸びが大幅に鈍化する可能性は少ない」とした。

 また、中国が巨額の経常黒字を維持し、外貨準備高が一段と増える可能性が指摘された。

 報告は、中国は経済成長要因としての内需促進などその他の試練を抱えるとしながらも、経済見通しは「全般に良好」とした。

 07年の輸出の伸び(実質)は、06年の24%から、20%に鈍化すると予想。

 さらに、貿易黒字削減の迅速化に向け、その他の措置と共に、人民元の上昇ペースを速めることも必要だと指摘した。

[北京 14日 ロイター] 

 (07/02/15 08:10)  





■関連文章
  • 中国は為替改革加速を、戦略対話特使にホルマー氏任命=米財務長官(07/02/14)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(3・最終回)(07/02/11)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(2)(07/02/10)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(1)(07/02/09)
  • 人民元が1ドル=7.7485元に上昇、香港ドル変動幅の上限突破(07/02/07)
  • 中国の金融政策、為替相場が阻害=SF地区連銀総裁(07/02/07)
  • 世界経済は07年も引き続き堅調の見通し=IMF専務理事(07/01/17)
  • 人民元が上昇、約12年ぶりに香港ドルを上回る(07/01/12)
  • 07年の世界経済成長率は3.2%に鈍化へ=国連(07/01/11)
  • 中国、国内金融機関に香港での人民元建て債券発行を承認へ(07/01/11)
  • 米中戦略経済問題の本質(07/01/06)
  • 台湾ドルと人民元の両替、試験的に認可も=陳水扁総統(07/01/03)
  • 07年の中国人民元相場、3‐4%上昇へ=政府系シンクタンク(06/12/26)
  • 経済成長、G7でカナダがトップ(06/12/25)
  • 人民元切り上げ、中国三大銀行に巨額損失(06/12/17)