印刷版   

ベトナム、鳥インフルエンザ感染で05年以来の死者

 ベトナムの副保健相は、同国北部で男性(20)が鳥インフルエンザの感染により死亡したことを確認した。国営テレビが16日に報じた。同国での鳥インフルエンザによる死者が出たのは2005年以来。

 報道では、先週死亡したこの男性のウィルス感染経路などについては伝えられていない。

 ベトナムの鳥インフルエンザ対策はこれまで、家禽(かきん)へのワクチン投与など、感染抑制のモデルとして世界的に評価されてきた。ただ、今年に入ってからはアヒルやニワトリへの感染が全国的に広がっている。

 
[ハノイ 16日 ロイター]
 

 (07/06/17 13:24)  





■関連文章
  • ミャンマー当局:鳥インフルエンザ感染発生確認、人への感染なし(07/06/16)
  • 香港:野鳥からH5N1型ウイルス、人感染拡大を懸念=専門家(07/06/11)
  • 鳥インフルエンザ、中国軍人感染者が死亡(07/06/06)
  • ベトナム:鳥インフルエンザ感染地域、15省に拡大(07/06/05)
  • 英国:H7N2型鳥インフルエンザ、11人感染症状出現(07/05/30)
  • 中国の受動喫煙による死者、年間10万人(07/05/30)
  • 中国解放軍士官、鳥インフルエンザに感染=中国衛生部(07/05/28)
  • ロシア:HIV感染者急増、10年後の労働人口に影響=専門家(07/05/23)
  • 中国湖南省、H5N1型鳥インフルエンザ発生確認(07/05/21)
  • インドネシア:鳥インフルエンザに感染、女性死亡(07/05/09)
  • ベトナム航空機が緊急着陸、乗客の胃から麻薬入りの袋で(07/05/08)
  • ベトナム、国際市場で最大10億ドル起債へ(07/04/19)
  • インドネシアとカンボジアで、鳥インフルエンザ患者が相次いで死亡(07/04/12)
  • エジプト:鳥インフルエンザ、再び人感染例発生(07/04/07)
  • 薬物駆除された野ねずみが料理に、佛山市全面禁止発令=中国広東省(07/04/06)