印刷版   

孔子教室によって人権侵害への批判を隠そうとする中国(写真:ネットより)

孔子学院が中学校へ 「中共の文化浸透に警戒」、米儒教学者猛批判

 【大紀元日本3月10日】最近、米国カリフォルニア州南部の華人居住区にあるCidarlane中学校が、「孔子学院」を世界で推進する「漢弁」(中国国家漢語国際推広領導小組弁公室)と連携して「孔子教室」を設けたが、地元住民は、共産党政権が中国当局独自の文化を浸透させるための手段であると懸念し、激しく反対している。

 「羊頭狗肉」の孔子教室

 カリフォルニア州の米国孔孟学会副会長の孟暁倩氏は、共産党政権の北京当局が孔子教室を開設する行為について、「羊頭狗肉」(*店頭の看板には「羊の頭」を揚げ、実際には「犬の肉」を売る。誤魔化しの譬え)の恐ろしいもので、儒学思想の中に共産中国の政治宣伝を入れてはならないと指摘する。

 「もし、私の子供がこのような学校に送られたら、私は心配するはずだ。子供たちに純白な空間を残し、より素晴らしい未来があってほしい」。同氏はかつて中国でビジネスをしていたが、共産党体制下の現状を受け入れられず、中国を後にした経験をもつ。

 米国孔孟学会の事務局長・王勝生氏は、儒学活動を支持するが、北京当局が設立する「孔子教室」は共産党文化を浸透する戦略の恐れがあると指摘した。儒学思想は「己れの欲せざる所は人に施すこと勿かれ」と主張し、愛の心をもって自分と意見の異なる人々を包容するものだが、中共が重んじる「階級闘争」は、儒学とはまったく相容れないものだと、王氏は付け加えた。

 米プリンストン大教授で儒学研究所所長の遊芳氏によると、「孔子は『世界大同、天下為公』という思想を打ち出している。グロバール化の今、世界が直面しているもっとも深刻な問題は、環境破壊だ。その中でも中国の環境破壊はもっとも深刻である。それと関連することだが、共産党政権が中国の文化を打ち壊してしまったのだ」、「孔子は人間の欲を放任すべからずと教えているが、中共の高官たちの間では、愛人を作るのは一般的な文化となっており、それは欲望を放任させる典型例である」

 「共産主義学院」

 今年1月21日の中国財政部ネットによると、「漢弁」は3500万元(4憶5千万円)あまりの資金を投入し「孔子学院」と名づけるウェブサイトを立ち上げるという。「史上最も高いウェブサイト」と激しく批判されている。

 「漢弁」は1987年にスタートし、中国国務院の11部門の幹部により組織された。その趣旨は「国務院の各部と協調し、国家・民族の事業として中国語を世界に穏やかな方式で広げていく」というものである。孔子学院の本部は「漢弁」と同組織である。

 文革大革命の間に、孔子は中共の最大の敵として打倒されていたが、いまは再び「至聖先師」として高く持ち上げられている。

 2004年以降、北京当局が巨大な財力や人力をかけて、世界的規模で「孔子学院」を設立している。海外の大学や現地教育機関と提携して運営され、講師は中国から派遣される。現地の中国語学習者を対象とし、文化交流、フォーラム、シンポジウムが開催され、中国語の授業の教材提供や奨学金の支給は国家漢弁が協力・支援する。2005年から今まで、すでに88カ国(地区)で282か所の孔子学院と272個の孔子教室を設立した。

 一方、海外の一部の儒教学者や有志は、「孔子学院」を「共産主義学院」の変身として見ている。米国在住の中国歴史学者・余英時教授によると、「孔子学院は文化目的のものではなく、政治目的だ。カナダのある孔子学院は、調査の結果、中国共産党の情報収集機関であることが判明した」という。

 孔子学院高層部理事会の規定には、「中共の世界戦略の一環と位置づける」と明示されている。中央政治局委員で宣伝担当の李長春氏は昨年、孔子学院を「中国対外宣伝構造の重要部分」とし、中共対外宣伝工作における役割を定義している。

 昨年9月、北京で開かれた「孔子誕生2560周年記念国際学術フォーラム」で、中共中央政治局委員、政治協商会主席・賈慶林氏が出席、「その精華を継承、その糟粕(かす)を取り除き、儒学を社会主義文化の推進に役立たせよう」と孔子に対する宣伝方針を述べていた。

(翻訳編集・小林)


 (10/03/10 09:19)  





■関連文章
  • 正統文化への回帰(10/02/28)
  • 【党文化の解体】第4章(5)(10/02/27)
  • 【党文化の解体】第4章(4)(10/02/16)
  • 【党文化の解体】第4章(3)(10/02/08)
  • 【党文化の解体】第4章(2)(10/01/26)
  • 【党文化の解体】第4章(1)(10/01/15)
  • 【党文化の解体】第3章(29)(10/01/04)
  • 【党文化の解体】第3章(28)(09/12/19)
  • 【党文化の解体】第3章(27)(09/12/04)
  • 5年間で6000万人の魂を救った一冊の本(09/12/03)
  • 【党文化の解体】第3章(26)(09/11/20)
  • 【党文化の解体】第3章(25)(09/11/15)
  • 【党文化の解体】第3章(24)(09/11/04)
  • 【党文化の解体】第3章(23)(09/10/24)
  • 【党文化の解体】第3章(22)(09/10/20)