大紀元時報

台湾軍ヘリが不時着に失敗、参謀総長ら8人死亡

2020年01月02日 21時20分
台湾国防部の発表によると、13人が乗った軍用ヘリコプター「ブラックホーク」が1月2日、台北市に近い山間部に不時着に失敗、8人が死亡した。死亡者には軍の事実上トップである沈一鳴・参謀総長も含まれている。提供写真(2020年 ロイター/Yilan County Fire Bureau)
台湾国防部の発表によると、13人が乗った軍用ヘリコプター「ブラックホーク」が1月2日、台北市に近い山間部に不時着に失敗、8人が死亡した。死亡者には軍の事実上トップである沈一鳴・参謀総長も含まれている。提供写真(2020年 ロイター/Yilan County Fire Bureau)

[台北 2日 ロイター] - 台湾国防部の発表によると、13人が乗った軍用ヘリコプター「ブラックホーク」が2日、台北市に近い山間部に不時着に失敗、8人が死亡した。

生存者は5人。死亡者には軍の事実上トップである沈一鳴・参謀総長も含まれている。

ヘリは宜蘭県の軍事施設に向けて台北市の飛行場を飛び立った後、行方が分からくなり、捜索したところ山間部で翼がバラバラになった状態で発見された。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

^