大紀元時報

焦点:新型肺炎はなぜ広がったか、検査受けられない武漢の実態

2020年01月31日 14時04分
1月28日、症状が出てもなかなか検査を受けられないことが、感染拡大の一因となっている可能性がある。写真は武漢市内の病院を視察した中国の李克強首相。1月27日撮影(2020年 cnsphoto via REUTERS)
1月28日、症状が出てもなかなか検査を受けられないことが、感染拡大の一因となっている可能性がある。写真は武漢市内の病院を視察した中国の李克強首相。1月27日撮影(2020年 cnsphoto via REUTERS)

Yawen Chen Cate Cadell

[北京 28日 ロイター] - ヤン・ツォンギ(53)さんは発熱の症状が見られてから2週間過ぎても、まだコロナウイルスの検査を受けられずにいた。息子のツァン・チャンチュンさんによると、医師たちは密かに家族に対し、感染はほぼ確実だと告げていた。

ヤンさんだけでない。中国湖北省武漢市の住民の多くは、なかなか新型コロナウイルスの検査や治療を受けられずにいる。検査と治療の遅れが、この病気の拡大の一因となっている可能性がある。

息子のツァンさんによれば、ヤンさんは入院を認められず、悪化する肺の症状を治療するため、市内4カ所の病院の非隔離区画で点滴を受けているという。

「兄と私は毎朝、6時や7時に病院に行き、1日中並んでいるが、新しい回答は何も得られない」と、ツァンさんは言う。

「ベッドが足りない」、「政府から通達が来るまで待って」、「状況がどうなっているかニュースに注意してくれ」──。入院できないことに対し、病院の返事はいつも同じだった。「医師たちもみな非常に苛立っている」と、ツァンさんは語る。

<デマを流したと8人逮捕>

新種のコロナウイルスは、正式には「2019-nCoV」と呼ばれている。このウィルスを原因とする死亡例が最初に確認されたのは1月10日、武漢に住む61歳の男性だった。

このとき中国は、ウイルスの遺伝子情報を他国に提供した。日本やタイなど一部の国は3日も経たないうちに、中国からの旅行者の検査を開始した。

だが、湖北省疾病管理予防センターの職員によると、ウイルス検査キットが武漢市内の一部の病院に配布されたのは、最初の感染死亡が確認されて10日ほどたった1月20日ごろのことだったという。武漢の保健当局によれば、それ以前はサンプルを北京の研究所に送って検査を行っており、結果が出るまでに3─5日を要したという。

武漢保健当局のデータをロイターがまとめたところ、この空白期間に市内の病院で医学的な経過観察を受けた患者の数は、739人からわずか82人に減少した。この間、中国国内では新たな症例は報告されていない。

武漢市内で信頼性の高いデータも検査体制も確保できなかったにもかかわらず、中国当局は、ウイルスが確認されてから数日間、広範囲に感染するものではないと市民を安心させようとした。ここ数週間、ネット上では感染状況に関する悲観的なコメントが検閲され、「風説の流布」容疑で8人が逮捕されている。

チェンという姓を名乗る45歳の女性は、「医師はマスクをしておらず、どうやって身を守ればいいのか分からない。(略)誰も教えてくれない」と話す。

彼女の叔母は、入院から5日目の1月20日に感染が確認されたという。「(中国のソーシャルメディアである)微博に叔母の写真を投稿したら、警察が病院当局に来て、私に投稿を削除しろと命じた」。

<武漢市長の言動も厳しく制限>

ロイターは、コロナウイルスの感染拡大にどう対処しているのか、全国・地域・都市レベルの保健当局にコメントを求めたが、回答は得られなかった。中央政府の当局者は記者会見で、初動の治療方法にいくつか「見落とし」があったと述べた。

武漢市のツォウ・シアンワン市長は27日、中国の国営テレビに対し、「あらゆる当事者が、我々の情報開示に満足していないこと」を承知していると発言。市長は、自身の言動が省政府・国家首脳から厳しく制限されていることにも触れている。

「地方自治体では、私のもとに情報が届いても、許可を得なければ公表できない」と、ツォウ市長は言う。市長は26日の記者会見で、まだ検査を受けていない患者の数から考えて、武漢市内ではさらに1000人がコロナウィルス感染と診断される可能性があると語った。

<検査キットも薬も不足>

中国は先週、過去最大規模の「検疫・隔離作戦」により、湖北省の感染地域を封鎖した。また、感染者の治療のため、2カ所に新たな病院を建設中だ。習近平国家主席は、感染拡大に対処するため特別委員会を創設した。

ウィルスの遺伝子情報を迅速に解読した点で、中国は国際的に称賛されているが、検査体制強化の遅れは問題視されている。

ジョンズホプキンス大学医療安全保障センターのアメシュ・アダルジャ上級研究員は、ウイルスが特定でき次第、「(化学分析に用いる)すべての試薬サンプルをきちんと確保して、検査を行いたい場所に配布する必要がある」と話す一方、「現地では検査キットや医薬品も足りないようだ」と話す。

また、ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院のジョン・エドマンズ教授は、感染発生の直後以降、中国は詳細なデータを十分に伝達していないと指摘する。

検査キットの不足や中国側からの当初の情報発信の不足は、2003年に大流行して約800人の死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)の教訓をきちんと学んでいないのではないか、という批判を呼び呼んでいる。

「ウイルスの遺伝子を解読する、新たな病院を即座に建設するといったハードサイエンスの面では改善があったが、情報管理や住民への対応といったソフトサイエンスの面ではまだまだだ」と、ミシガン大学中国研究センター長を務めるメアリー・ギャラハー教授(政治科学)は指摘する。

管理職レベルの市職員は、党レベルの上司に問題を持ち込もうというインセンティブがほとんどない。湖北省で新規のウイルス感染例が1件も報告されなかった週は、ちょうど旧正月(春節)への準備や、全国人民代表者会議・中国人民政治協商会議に向けた湖北省内の会議の時期に当たっていた。

<重い患者も検査リスト外>

湖北省CDCの職員によれば、武漢市最大級の病院のうち7カ所にはすでにコロナウィルス検査キットが配布されており、理論上は1日以内に結果が出るという。

だが、ロイターの取材に応じた4人は、検査プロセスには病院、地区及び市の保健当局、CDC当局者が関与する複雑な報告体制が伴うことを理由に、検査を断られたと話す。

患者が検査を受けるには、発熱・肺炎の症状などいくつかの基準を満たすことが必要とされるが、武漢市疾病管理・予防センター当局者によると、患者が急増しているため「検査をすぐに行うことは不可能」になっているという。

「症状の重い患者でも、最終の検査リストから外されている例がある。もう治療できないと分かっているからだ」と、ある病院の職員は話す。「実際の死亡数はもっと多い」

ロイターは、この職員の証言の裏付けを取ることができなかった。武漢市の保健当局にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

<検査での感染確認は5%程度>

母親が検査待ちを続けているツァンさんによれば、武漢市内の病院3カ所の医師たちは家族に対し、コロナウイルスに感染していることはほぼ確実だ、と非公式に告げたにもかかわらず、このうち2カ所の病院は検査キットが不足していると言い、残りの1カ所は、検査を受けさせるための空きベッドがない、と伝えたという。

ロイターでは病院にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

69歳のスー・エネンさんは、1月8日から熱と肺感染の症状が出ていたが、武漢市内6カ所の病院で検査を断られた。ロイターの取材に応じたスーさんの娘によれば、ベッドが空いていないというのが理由だったという。このところスーさんの症状は悪化しており、呼吸困難に陥りつつあるという。

娘が父の症状について微博に投稿した後、彼は1月22日になってようやく、武漢市の漢口病院で検査待ちの列に加わることを認められた。

英ランカスター大学の研究者らは、武漢市内の感染者のうち、検査によって確認されているのは5.1%にすぎないと試算している。その試算によれば、年初から1月21日までに、武漢市のコロナウイルス感染者は合計1万1341人に達しているという。

同市の保健当局によれば、武漢市内では3万人以上が経過観察の対象となっている。

武漢市に住むリュウという姓の33歳の女性は、「我々が望んでいるのは、症状がウイルスによるものか確認することだけだ」と話す。

彼女の父親は、1月14日から病院で人工呼吸器をつけているが、27日の時点でまだ検査を受けていない。

「少なくとも、ウイルスであると確認できれば方向が見える」と、女性は言う。「何の方向も与えられなければ希望もない」

(翻訳:エァクレーレン)

 

1月28日、症状が出てもなかなか検査を受けられないことが、感染拡大の一因となっている可能性がある。写真は武漢市内の病院を視察した中国の李克強首相。1月27日撮影(2020年 cnsphoto via REUTERS)

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^