大紀元時報

ブラジル、コロナ感染は安定もしくは下火 今後の展開注視=WHO

2020年08月22日 11時07分
8月21日、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、ブラジルでの新型コロナウイルス感染動向について、安定もしくは下火になっているとした上で、今後の展開を注視する考えを示した。写真は7月3日、ジュネーブで記者会見するライアン氏(2020年 ロイター/Fabrice Coffrini)
8月21日、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、ブラジルでの新型コロナウイルス感染動向について、安定もしくは下火になっているとした上で、今後の展開を注視する考えを示した。写真は7月3日、ジュネーブで記者会見するライアン氏(2020年 ロイター/Fabrice Coffrini)

[ジュネーブ 21日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は21日、ブラジルでの新型コロナウイルス感染動向について、安定もしくは下火になっているとした上で、今後の展開を注視する考えを示した。

週間の感染者数は安定し、感染のスピードが鈍っているほか、集中治療室(ICU)など現場への圧力も和らいでいるとし、「国内の多くの地域で下火傾向が明確に見られる」と述べた。同時にこうした動きが一時的か、あるいは継続するかは分からないとした。

ブラジルではコロナ感染者がこれまでに350万人超、死者は11万2000人超で、ともに米国に次いで多い。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^