大紀元時報

スウェーデンでマスク販売急増、政府指針変更前の買いだめか

2020年09月01日 12時19分
スウェーデン政府が新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのマスク着用に関する方針を転換する可能性があるとの見方が広がり、複数の医薬品会社がマスク販売の伸びを報告している。写真は7月、ストックホルムのヴァーサ号博物館が営業を再開し、列を作る人たち。提供写真(2020年 ロイター/Stina Stjernkvist/TT News Agency)
スウェーデン政府が新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのマスク着用に関する方針を転換する可能性があるとの見方が広がり、複数の医薬品会社がマスク販売の伸びを報告している。写真は7月、ストックホルムのヴァーサ号博物館が営業を再開し、列を作る人たち。提供写真(2020年 ロイター/Stina Stjernkvist/TT News Agency)

[ストックホルム 31日 ロイター] - スウェーデン政府が新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのマスク着用に関する方針を転換する可能性があるとの見方が広がり、複数の医薬品会社がマスク販売の伸びを報告している。

スウェーデンの当局者らはこれまで、マスク着用の効果を疑問視し、着用を推奨していなかった。また、多くの企業やレストラン、大半の学校での活動を継続するなど、近隣および大半の欧州諸国から見て特異な政策を取ってきた。

しかし、保健当局が2週間前に新指針を発表すると表明したことから、国民が買いだめを始めたとみられている。

マスクのオンライン販売を手がけるApoteaのPar Svardson最高経営責任者(CEO)は、過去2─3週間のマスクの販売が週間で40万枚と、それまでの15万枚から大幅に増加していると明らかにした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^